Top > Search of Japanese Patents > NEW DNA-DEGRADING ENZYME

NEW DNA-DEGRADING ENZYME

Patent code P08A013614
File No. QP050152
Posted date Aug 22, 2008
Application number P2006-148872
Publication number P2007-312744A
Patent number P4452834
Date of filing May 29, 2006
Date of publication of application Dec 6, 2007
Date of registration Feb 12, 2010
Inventor
  • (In Japanese)石野 良純
  • (In Japanese)當利 和夫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州大学
Title NEW DNA-DEGRADING ENZYME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new DNA-cleaving enzyme protein and to provide a gene thereof.
SOLUTION: The new DNA-cleaving enzyme is derived from Pyrococcus furiosus, Pyrococcus abyssi, Pyrococcus horikoshii or Thermococcus kodakaraensis. Since the enzyme recognizes and degrades the 3'-terminus of a single-stranded DNA, the enzyme can be utilized for technical development for cleaving an optional DNA strand in a specific site by utilizing a difference between single strands and double strands of the DNA in structure. Furthermore, since actions can be exhibited at high temperatures, the enzyme can be used in such a state that the cleavage reaction resistance by formation of a high-order structure of the DNA strand itself which is a substrate is avoided.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


遺伝子である二本鎖DNAを、塩基配列特異的に認識して切断するDNA分解酵素として最も頻繁に用いられているのは制限酵素と呼ばれるもので、一般に4~8塩基を認識して切断する。制限酵素としては、これまで種々のものが見つかっている(特許文献1~3)。制限酵素以外に、二本鎖DNAの塩基配列を認識して切断する酵素としては、DNA組換え過程に関わる酵素が知られており、さらにホーミングエンドヌクレアーゼと呼ばれる一群の酵素が発見されて、最近しばしば遺伝子工学的実験に利用されている。一般に、これらの酵素は20塩基以上もの長い配列を認識に必要とするが、それぞれの酵素にとって、認識配列は特異的であるから、部位特異的DNA切断の目的で利用することができる。このように、DNAの配列を認識して切断する酵素については、これまでに多くの実用例がある。



一方、DNAの特異的な構造を認識して切断する酵素については、基礎分子生物学研究から、種々のものが報告されている。例えば、一本鎖DNAを特異的に切断する酵素として市販されているものには、Aepergillus oryzae由来のS1 nuclease(一本鎖DNA又はRNA に作用してモノヌクレオチドに分解するエンドヌクレアーゼ)、Penicillium citrinum由来のP1 nuclease(一本鎖DNA又はRNA に作用してモノヌクレオチドに分解するエンドヌクレアーゼ)、Alteromonas espejiana由来のBal31 nuclease(一本鎖DNAに特異的なendonucleaseであるが、一本鎖がないときは二本鎖DNAに作用し、両端を末端から同時に分解する5'→3'および3'→5' exonuclease活性を示す)、Mung bean nuclease(一本鎖特異的endonucleaseであり、5'-P末端をもつモノまたはオリゴヌクレオチドを生成する)、Micrococcal nuclease(エンドヌクレアーゼで、一本鎖および二本鎖の核酸に作用して3'リン酸末端を生じる)、大腸菌Exonuclease I (3'→5'方向の一本鎖特異的ヌクレアーゼ),大腸菌Exonuclease III(二本DNAの3’末端から切断するヌクレアーゼ)、Exonuclease T(3'→5'方向の一本鎖特異的ヌクレアーゼで、DNAでもRNAでも作用する)、Lambda Exonuclease(5'→3'方向に切断する二本鎖DNA特異的エキソヌクレアーゼで5’ 末端にリン酸があることが必要)、T7 exonuclease(5'→3'方向に切断する二本鎖DNA特異的エキソヌクレアーゼで末端のリン酸の有無は関係しない)などが市販されている。また、本発明者らは、ホリデイ構造DNAに特異的に作用する酵素(特許文献4)、及び損傷によって生じる特異的なDNA構造を認識して作用する酵素(特許文献5)について報告した。



【特許文献1】
特開平7-143874
【特許文献2】
特開平8-38171(特許3017019号)
【特許文献3】
特開平8-205870
【特許文献4】
特開2000-157278
【特許文献5】
特願2001-372434

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は試験管内遺伝子試薬として有用なDNA分解酵素及び、遺伝子工学的手法を用いた該酵素の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
以下の特徴を有する、DNA分解酵素:
(ア)一本鎖DNAを分解することができるが、環状DNA及び二本鎖DNAを分解せず;
(イ)80℃、1時間の処理で失活せず;
(ウ)ホモ二量体であり、二量体の分子量が約59.2 kDaであり;かつ
(エ)至適温度が、約65℃であって、
ピロコッカス・フリオサス(Pyrococcus furiosus)由来である、DNA分解酵素。

【請求項2】
 
請求項1に記載のDNA分解酵素を用いることを特徴とする、一本鎖DNAの分解方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

21510_01SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close