Top > Search of Japanese Patents > HUMAN ANTIBODY ENZYME AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

HUMAN ANTIBODY ENZYME AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

Patent code P08A013720
File No. UPH-04
Posted date Sep 5, 2008
Application number P2005-370880
Publication number P2006-197930A
Patent number P4829609
Date of filing Dec 22, 2005
Date of publication of application Aug 3, 2006
Date of registration Sep 22, 2011
Priority data
  • P2004-372206 (Dec 22, 2004) JP
Inventor
  • (In Japanese)宇田 泰三
  • (In Japanese)一二三 恵美
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title HUMAN ANTIBODY ENZYME AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new human antibody enzyme having a high molecular recognition ability of an antibody and an enzyme activity in combination and to provide a method for producing the enzyme.
SOLUTION: The human antibody enzyme is an antibody enzyme containing a polypeptide encoded with a human reproductive cell line gene in which a serine residue, an aspartic acid residue and a histidine residue are three-dimensionally structurally and adjacently present in a three-dimensional structure of an antibody predicted from an amino acid sequence. The human antibody enzyme can safely and effectively be applied to humans.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


抗体酵素は目的の抗原に対して特異的に抗原抗体反応し、かつ酵素活性を有する免疫グロブリンである(非特許文献1参照)。したがって、抗体酵素は、医療、化学工業、食品工業等といった、多くの面で応用が期待されている。



抗体酵素としては、例えば、S.Paulらは、VIP(神経ペプチド:Vasoactive Intestinal Peptide)に対するマウス由来抗体(抗VIP抗体)の軽鎖(VIPase)が、上記VIPを分解する活性を有することを報告している(非特許文献2参照)。また、本発明者らは、AIDS(後天性免疫不全症候群)の原因となるエイズウイルス(HIV)の外膜タンパク質gp41の不変領域を抗原とするマウス由来モノクローナル抗体を取得し、このモノクローナル抗体の機能を詳細に解析した結果、当該モノクローナル抗体の軽鎖領域は、HIVの外膜タンパク質gp41を特異的に分解する、非常に高い活性を有することを報告している(非特許文献3参照)。さらに、本発明者らは、上記抗HIV-1gp41抗体軽鎖(41S-2L)の超可変領域1(CDR1)ペプチドに対するマウス由来抗体である抗41S-2L鎖CDR1領域ペプチド抗体の軽鎖(i41SL1-2-L)が、上記抗HIV-1gp41抗体軽鎖(41S-2L)を分解する活性を有していることを報告している(非特許文献4参照)。



また、本発明者らは、上記VIPaseとi41SL1-2-Lは相同性が高く、これらの立体構造中にセリン残基とアスパラギン酸残基とヒスチジン残基とが近接して存在し、この三つ組み残基様構造がペプチド分解活性と関連があることを見出している(特許文献1参照)。
【特許文献1】
特開2004-97211号公報(平成16年4月2日公開)
【非特許文献1】
Uda T., Hifumi E. Journal of Bioscience and Bioengineering 97:289-93 (2004)
【非特許文献2】
Paul S, Volle DJ, Beach CM, Johnson DR, Powell MJ, Massey RJ. Science 244:1158-62 (1989)
【非特許文献3】
Hifumi E., Okamoto Y., Uda T. J. Biosci. Bioeng. 88(3):323-327 (1999)
【非特許文献4】
Hifumi E., Kondo H., Mitsuda Y., Uda T. Biotechnol Bioeng. 84:485-93 (2003)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、抗体の高い分子認識能と酵素活性とを併せ持つヒト抗体酵素およびその生産方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ト抗体酵素の生産方法であって、
ヒト生殖細胞系列抗体V遺伝子のリーダー配列中に存在するVkappa2特異的配列に基づくプライマーを用いて、ヒトリンパ球由来のcDNAを鋳型とする核酸増幅反応を行う工程、
増幅されたcDNAの塩基配列を決定し、塩基配列に基づいて酵素活性を有するポリペプチドをコードするcDNAを選択する工程、および
選択されたcDNAがコードするポリペプチドを発現させる工程
を包含することを特徴とするヒト抗体酵素生産方法。

【請求項2】
 
記プライマーが配列番号17に示される塩基配列からなるポリヌクレオチドであることを特徴とする請求項1に記載のヒト抗体酵素生産方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

21649_01SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close