Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR ENHANCING DAMPING CHARACTERISTIC OF Fe-Mn ALLOY

METHOD FOR ENHANCING DAMPING CHARACTERISTIC OF Fe-Mn ALLOY

Patent code P08P006071
Posted date Sep 5, 2008
Application number P2007-033827
Publication number P2008-196022A
Patent number P5200243
Date of filing Feb 14, 2007
Date of publication of application Aug 28, 2008
Date of registration Feb 22, 2013
Inventor
  • (In Japanese)渡辺 義見
  • (In Japanese)佐藤 尚
  • (In Japanese)古谷 祐二
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 名古屋工業大学
Title METHOD FOR ENHANCING DAMPING CHARACTERISTIC OF Fe-Mn ALLOY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for enhancing the damping characteristic of Fe-Mn alloy without changing the material composition.
SOLUTION: The Å martensitic phase governing the damping characteristic is grain-refined by repeating the working and the heat treatment of a material, and the number density of the martensitic phase (the number per unit volume) is increased. Thus, the damping characteristic of the material can be enhanced without changing the material composition.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


制振特性を有する代表的な材料としてFe-Mn系合金がある。この材料は、制振性能を向上させるために合金成分としてCrやNiを含有している場合が多い。また、制振特性のコントロールは、これらの合金元素の組成を変化させる事と材料に対する冷間加工を施す事のみによって行われている。しかし,冷間加工が制振特性に及ぼす影響は小さい。そのため、従来技術では材料組成を変えて制振特性をコントロールする事が多い。以上の点から、従来技術の欠点は、材料組成を変えずに制振特性を向上させる事ができない点である。
【特許文献1】
特開平7-150300
【特許文献2】
特開2002-121651

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、Fe-Mn系合金における制振特性向上方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
Fe-Mn系合金をオーステナイト領域温度で熱処理した後、水冷する工程(工程1)、その後、600℃に加熱し、水冷し、液体窒素やドライアイスを用いたサブゼロ処理にてより低い温度まで急冷する工程(工程2)、さらに前記工程2を繰り返すことによって、前記合金の制振特性を向上させる方法。

【請求項2】
 
Fe-Mn系合金をオーステナイト領域温度で熱処理した後、水冷する工程(工程1)、その後、600℃に加熱し、水冷し、液体窒素やドライアイスを用いたサブゼロ処理にてより低い温度まで急冷する工程(工程2)、前記工程2の後に圧延や鍛造により材料に加工を加える工程(工程3)、さらに前記工程2と前記工程3を繰り返すことによって、前記合金の制振特性を向上させる方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007033827thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close