Top > Search of Japanese Patents > MANUFACTURING METHOD OF CARBONYL COMPOUND

MANUFACTURING METHOD OF CARBONYL COMPOUND commons

Patent code P08P005644
File No. E076P87
Posted date Sep 12, 2008
Application number P2007-041957
Publication number P2008-201755A
Patent number P4925050
Date of filing Feb 22, 2007
Date of publication of application Sep 4, 2008
Date of registration Feb 17, 2012
Inventor
  • (In Japanese)小林 修
  • (In Japanese)松本 努
  • (In Japanese)上野 雅晴
  • (In Japanese)森 雄一朗
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title MANUFACTURING METHOD OF CARBONYL COMPOUND commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To economically carry out an oxidation reaction for manufacturing a carbonyl compound by oxidizing an alcohol in the presence of a ruthenium catalyst with more improved efficiency with a reduced amount of a re-oxidizing agent used and the like.
SOLUTION: When the oxidation reaction is carried out in an oxygen atmosphere for an oxidation reaction of an alcohol using a polymer-fixed ruthenium catalyst (patent reference 1), the amount of a re-oxidizing agent used is reduced and the efficiency of the oxidation reaction is improved. The manufacturing method of carbonyl compounds comprises oxidizing an alcohol in an oxygen atmosphere in the presence of a polymer-fixed ruthenium catalyst and a re-oxidizing agent, where the polymer-fixed ruthenium catalyst comprises ruthenium carried on a crosslinked polymer, the crosslinked polymer having an aromatic side chain, a hydrophilic side chain and a crosslinking group, and the re-oxidizing agent is used in an amount of 0.01-1.0 equivalent to the substrate (alcohol).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


アルデヒドやケトンなどのカルボニル化合物は、有機合成化学上最も有用な化合物の一つとして位置付けられ、これまでに数多くの合成法が開発されてきた。中でもアルデヒドの合成では、生成物であるアルデヒドの酸化状態がアルコールとカルボン酸の中間に位置しているため、反応において過剰酸化、過剰還元の制御が難しく、これらをコントロールすることも重要な課題となってくる。
一方、本発明者らは、ルテニウムを芳香族系高分子上に固定化し、通常の溶媒に不溶の"高分子固定化ルテニウム触媒"を開発し、この触媒を用いてアルコールの酸化反応が有効に行えることを見出した(特許文献1)。この高分子固定化ルテニウム触媒は、ルテニウムクラスターのサイズが小さいことにより高活性であり、架橋していることから耐溶剤性に優れ、金属の漏出が無く、回収再使用が容易である。
【特許文献1】
特開2006-205124

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、ルテニウム触媒の存在下でアルコールを酸化してカルボニル化合物を製造する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
酸素雰囲気下、かつ高分子固定化ルテニウム触媒及び再酸化剤の存在下で、アルコールを酸化することからなるカルボニル化合物の製法であって、該高分子固定化ルテニウム触媒を該アルコールに対してルテニウムとして0.1%~10%(mol/mol)使用し、該再酸化剤が、アミンオキシド類、ヨードシルベンゼンジアセテート、ヨードシルベンゼンオキシド、過ヨウ素酸ナトリウム、又はtert-ブチルヒドロペルオキシド(TBHP)であり、該再酸化剤を該アルコールに対し0.01~1.0当量使用し、該高分子固定化ルテニウム触媒が、ルテニウムを架橋高分子に担持させてなり、該架橋高分子が、芳香族側鎖、親水性側鎖及び架橋基を有する架橋性高分子を架橋反応に付すことによって形成されたカルボニル化合物の製法。

【請求項2】
 
前記アミンオキシド類が、2,2,6,6-テトラメチルピペリジン N-オキシル(TEMPO)、N-メチルモルホリン N-オキシド(NMO)、トリメチルアミン-N-オキシド(TMAO)又はピリジン-N-オキシドである請求項1に記載の製法。

【請求項3】
 
前記架橋性高分子が更に芳香族側鎖以外の疎水性側鎖を有する請求項1又は2に記載の製法。

【請求項4】
 
前記高分子固定化ルテニウム触媒が、前記架橋性高分子と前記ルテニウムを含む溶液に、極性の異なる貧溶媒を加えることで相分離を生じさせ、相分離によりルテニウムが担持された該架橋性高分子を架橋反応に付すことによって形成された請求項1~3のいずれか一項に記載の製法。

【請求項5】
 
前記架橋性高分子がエポキシ基と水酸基をともに持ち、該高分子を加熱による架橋反応に付すことによって形成された請求項4に記載の製法。

【請求項6】
 
前記架橋性高分子が、スチレンを含む重合性モノマーの共重合体である請求項1~5に記載の製法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

21698_01SUM.gif
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) ERATO KOBAYASHI Highly Functionalized Reaction Environments AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close