Top > Search of Japanese Patents > MOUSE DEVELOPING VISCERAL FAT OBESITY AND DIABETES

MOUSE DEVELOPING VISCERAL FAT OBESITY AND DIABETES meetings achieved foreign

Patent code P08P005715
File No. A-008
Posted date Sep 12, 2008
Application number P2007-046110
Publication number P2008-206440A
Patent number P5070545
Date of filing Feb 26, 2007
Date of publication of application Sep 11, 2008
Date of registration Aug 31, 2012
Inventor
  • (In Japanese)村上 昇
  • (In Japanese)中原 桂子
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 宮崎大学
Title MOUSE DEVELOPING VISCERAL FAT OBESITY AND DIABETES meetings achieved foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a mouse having characteristics of exhibiting visceral fat obesity in an early stage and coincidence of diabetes and hyperlipemia, genetically establishing the character and expressing recessive heredity.
SOLUTION: The mouse is a daruma mouse derived from an ICR mouse, spontaneously developing the obesity and expressing autosomal recessive heredity in relation to the character for spontaneously developing the obesity. In the mouse, only a homozygote grows fat.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ヒトにおける疾患の原因を解明し、又はその治療法をスクリーニングするためにヒトの疾患を発現する動物モデルが有用である。



近年、ヒトにおいて肥満や糖尿病が大きな問題となっており、その発症の機構の解明や新たな治療薬の開発が希求されていた。



肥満や糖尿病の動物モデルとして種々の動物が開発されていた。例えば、レプチン受容体を欠損し過食を特徴とするdb/dbマウス(非特許文献1を参照)、KKマウス(非特許文献2を参照)、レプチン遺伝子に異常を有し過食を特徴とするob/obマウスや高脂肪食飼育により肥満症と糖尿病を発症するマウス(特許文献1を参照)等が報告されていた。



しかしながら、これらのマウスでは、肥満症や糖尿病を発症するのに時間がかかり、短期間で著しい肥満度を示すことはなかった。また、特許文献1に記載のマウスは、肥満症の自然発症という形質が遺伝的に確立されたマウスではなかった。



【特許文献1】
特開2005-110632号公報
【非特許文献1】
Diabetologia, Vol.6, 268-273, 1970
【非特許文献2】
Diabetes & metabolism, Vol.23, Suppl 2, 38-46, 1997

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ヒトの肥満及び糖尿病と同様の病態を示すマウスに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
内臓脂肪型肥満症を自然発症するマウスであり、受託番号FERM BP-10888である受精卵から得られる、内臓脂肪型肥満症を自然発症するという形質に関して常染色体劣性遺伝を示し、ホモ接合体のみ肥満となるICRマウス由来のdarumaマウス。

【請求項2】
 
さらに以下の特性の少なくとも一つの特性を有する請求項1記載のdarumaマウス:
(i) 糖尿病の併発;及び
(ii) 高脂血症の併発。

【請求項3】
 
4週齢で内臓脂肪型肥満症を発症する請求項1又は2に記載のマウス。

【請求項4】
 
請求項1~3のいずれか1項に記載のdarumaマウスである、ヒト肥満症及び/又は糖尿病モデルマウス。

【請求項5】
 
請求項1~3のいずれか1項に記載のdarumaマウスに被験物質を投与することを含む、肥満予防の健康食品、肥満治療剤又は糖尿病治療剤を評価又はスクリーニングする方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

21699_01SUM.gif
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close