Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR REMOVING ALLERGEN

METHOD FOR REMOVING ALLERGEN meetings

Patent code P08P006378
Posted date Sep 12, 2008
Application number P2007-037362
Publication number P2008-201859A
Patent number P4867010
Date of filing Feb 19, 2007
Date of publication of application Sep 4, 2008
Date of registration Nov 25, 2011
Inventor
  • (In Japanese)金子 聡
  • (In Japanese)勝又 英之
  • (In Japanese)原田 拓也
  • (In Japanese)太田 清久
  • (In Japanese)鈴木 透
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人三重大学
Title METHOD FOR REMOVING ALLERGEN meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for removing or reducing allergen by using easily and inexpensively extractable unutilized resource without causing anxiety about influence on a human body and the environment.
SOLUTION: The method for removing the allergen includes using a humin material originated from the ocean. The humin material is the one originated from the ocean.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、ハウスダスト中のダニアレルゲン(ダニの虫体、死骸、抜け殻、糞等)の増加により、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などのアレルギー疾患を持つ小児及び若年者の患者が増加している。
従って、ダニアレルゲンの除去という観点から、例えば、オゾンガスを用いてダニアレルゲンを分解処理する技術(特許文献1)や、石油由来の物質を主成分とし、フェノール性水酸基を含む物質(特許文献2)が知られている。又、植物由来のダニアレルゲン低減化物質として、タンニン酸、リグノフェノール誘導体等が公知である(特許文献3、4)。



【特許文献1】
特開平8-310908
【特許文献2】
特開2004-3040
【特許文献3】
特開2006-206845
【特許文献4】
特許第3803769号

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、フミン物質を用いたアレルゲン除去方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アレルゲンを除去する方法において、100℃以上300℃未満の温度範囲で固化焼結する過程を経て海底泥から抽出されたフミン物質を用いることを特徴とするアレルゲンの除去方法。

【請求項2】
 
アレルゲンは屋内塵性ダニ類由来のアレルゲンであることを特徴とする請求項1に記載のアレルゲンの除去方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007037362thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close