Top > Search of Japanese Patents > NEW ELECTROPHILIC PERFLUOROALKYLATING AGENT

NEW ELECTROPHILIC PERFLUOROALKYLATING AGENT achieved

Patent code P08P005781
Posted date Sep 19, 2008
Application number P2007-054891
Publication number P2008-214281A
Patent number P4910147
Date of filing Mar 5, 2007
Date of publication of application Sep 18, 2008
Date of registration Jan 27, 2012
Inventor
  • (In Japanese)柴田 哲男
  • (In Japanese)融 健
  • (In Japanese)則竹 瞬
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 名古屋工業大学
Title NEW ELECTROPHILIC PERFLUOROALKYLATING AGENT achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a highly active perfluoroalkylating agent having a new structure, and to provide a method for producing a perfluoroalkylated organic compound using the same.
SOLUTION: The perfluoroalkylating agent is represented by general formula in the figure (wherein, R1 to R5 are each an H atom, a halogen atom, a nitro group, a cyano group, an aryl group, an alkyl group, a haloalkyl group, an alkoxy group, an alkanoyl group, an alkoxycarbonyl group, a carbamoyl group or an alkyl-and-aryl-substituted sulfonyl group, wherein R1 and R2, and R2 and R3 may be bound to each other to form a cyclic structure, respectively; Rf is a perfluoroalkyl group; and X is a halogen atom, a triflate, a trifluoromethanesulfoneimidide, a tetrafluoroborate, a hexafluorophosphate or a pentafluoroantimonate).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年,含フッ素有機化合物が医薬,農薬,マテリアルサイエンスなどの分野で注目を集めており,中でもペルフルオロアルキル基を有する有機化合物は重要なターゲット分子である。しかし直接的なペルフルオロアルキル化反応の報告例は少なく,実用的な方法には程遠い。



ペルフルオロアルキル基として代表的なものにトリフルオロメチル(CF3)基がある。CF3基を直接的に有機分子に導入する方法は,その主流として求核的CF3化試薬あるいは求電子的CF3化試薬を用いる二つのタイプに大別できる。求核的CF3化試薬として,最も一般的には(トリフルオロメチル)トリメチルシランが用いられている。一方,求電子的CF3化試薬としてこれまでに,梅本らが開発したチオフェニウム塩(後記の非特許および特許)や,Togniらによるヨードニウム塩(後記の非特許)などが,わずかに報告されているが,いずれも反応性は低く,試薬を開発した研究者を含め,ほとんど使用された形跡がない。このような状況から新しい,直接的な求電子的CF3化試薬の開発が望まれていた。
【非特許文献1】
Umemoto, Teruo; Ishihara, Sumi. Journal of the American Chemical Society (1993), 115(6), 2156-64.
【非特許文献2】
Umemoto, Teruo; Ishihara, Sumi. Tetrahedron Letters (1990), 31(25), 3579-82.
【非特許文献3】
Umemoto, Teruo; Ishihara, Sumi. Tetrahedron Letters (1990), 31(25), 3579-82.
【非特許文献4】
Eisenberger, Patrick; Gischig, Sebastian; Togni, Antonio. Chemistry--A European Journal (2006), 12(9), 2579-2586.
【非特許文献5】
Kieltsch, Iris; Eisenberger, Patrick; Togni, Antonio. Angew. Chem. Int.Ed. (2007), 46(5), 754-757
【特許文献6】
Adachi, Kenji; Ishihara, Toshimi. (2005), JP 2005145917

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は,新規化合物、求電子的ペルフルオロアルキル化剤、求電子的フルオロメチル化剤、ペルフルオロアルキル化有機化合物の製造方法およびフルオロメチル化有機化合物の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
基質を求電子的にペルフルオロアルキル化するのに用いられ、下記の一般式(1)で表される求電子的ペルフルオロアルキル化
一般式(1):
【化1】
 



(式中,R1,R2,R3,R4,及びR5,は同一の若しくは異なる基であって,水素原子,ハロゲン原子,ニトロ基,シアノ基,炭素数6から10のアリール基,炭素数1から6で置換もしくは未置換のアルキル基,炭素数1から6のハロアルキル基,炭素数1から6のアルコキシ基,炭素数2から6のアルカノイル基,炭素数2から6のアルコキシカルボニル基,炭素数3から7のカルバモイル基,アルキル及びアリール置換スルホニル基を表し,R1とR2,R2とR3が結合して環状構造を成してもよく,その環は芳香環であっても良い。R6とR7は同一の若しくは異なる基であって,炭素数6から10のアリール基,炭素数1から6で置換もしくは未置換のアルキル基,炭素数1から6のハロアルキル基,炭素数2から6のアルカノイル基,アルキル及びアリール置換スルホニル基を表し,
R6とR7が結合して環状構造を成してもよく,その環は芳香環であっても良い。Rfは炭素数1から20のペルフルオロアルキル基を示す。Xはハロゲン原子,トリフラート,トリフルオロメタンスルホンイミダイド,テトラフルオロボレート,ヘキサフルオロホスフェート,ペンタフルオロアンチモネートを表す。)

【請求項2】
 
基質を求電子的にフルオロメチル化するのに用いられ、下記の一般式(2)で表される求電子的フルオロメチル化
一般式(2):



(式中,R1,R2,R3,R4及びR5,は同一の若しくは異なる基であって,水素原子,ハロゲン原子,ニトロ基,シアノ基,炭素数6から10のアリール基,炭素数1から6で置換もしくは未置換のアルキル基,炭素数1から6のハロアルキル基,炭素数1から6のアルコキシ基,炭素数2から6のアルカノイル基,炭素数2から6のアルコキシカルボニル基,炭素数3から7のカルバモイル基,アルキル及びアリール置換スルホニル基を表し,R1とR2,R2とR3が結合して環状構造を成してもよく,その環は芳香環であっても良い。R6R7は同一の若しくは異なる基であって,炭素数6から10のアリール基,炭素数1から6で置換もしくは未置換のアルキル基,炭素数1から6のハロアルキル基,炭素数2から6のアルカノイル基,アルキル及びアリール置換スルホニル基を表し,
R6とR7が結合して環状構造を成してもよく,その環は芳香環であっても良い。Xはハロゲン原子,トリフラート,トリフルオロメタンスルホンイミダイド,テトラフルオロボレート,ヘキサフルオロホスフェート,ペンタフルオロアンチモネートを表す。nは1から3の数字を表す。)

【請求項3】
 
下記の一般式(1)表される化合物
一般式(1):



(式中,R1,R2,R3,R4,及びR5,は同一の若しくは異なる基であって,水素原子,ハロゲン原子,ニトロ基,シアノ基,炭素数6から10のアリール基,炭素数1から6で置換もしくは未置換のアルキル基,炭素数1から6のハロアルキル基,炭素数1から6のアルコキシ基,炭素数2から6のアルカノイル基,炭素数2から6のアルコキシカルボニル基,炭素数3から7のカルバモイル基,アルキル及びアリール置換スルホニル基を表し,R1とR2,R2とR3が結合して環状構造を成してもよく,その環は芳香環であっても良い。R6とR7は同一の若しくは異なる基であって,炭素数6から10のアリール基,炭素数1から6で置換もしくは未置換のアルキル基,炭素数1から6のハロアルキル基,炭素数2から6のアルカノイル基,アルキル及びアリール置換スルホニル基を表し,
R6とR7が結合して環状構造を成してもよく,その環は芳香環であっても良い。Rfは炭素数1から20のペルフルオロアルキル基を示す。Xはハロゲン原子,トリフラート,トリフルオロメタンスルホンイミダイド,テトラフルオロボレート,ヘキサフルオロホスフェート,ペンタフルオロアンチモネートを表す。)

【請求項4】
 
下記の一般式(2)で表される化合物。
一般式(2):



(式中,R1,R2,R3,R4,及びR5,は同一の若しくは異なる基であって,水素原子,ハロゲン原子,ニトロ基,シアノ基,炭素数6から10のアリール基,炭素数1から6で置換もしくは未置換のアルキル基,炭素数1から6のハロアルキル基,炭素数1から6のアルコキシ基,炭素数2から6のアルカノイル基,炭素数2から6のアルコキシカルボニル基,炭素数3から7のカルバモイル基,アルキル及びアリール置換スルホニル基を表し,R1とR2,R2とR3が結合して環状構造を成してもよく,その環は芳香環であっても良い。R6R7は同一の若しくは異なる基であって,炭素数6から10のアリール基,炭素数1から6で置換もしくは未置換のアルキル基,炭素数1から6のハロアルキル基,炭素数2から6のアルカノイル基,アルキル及びアリール置換スルホニル基を表し,
R6とR7が結合して環状構造を成してもよく,その環は芳香環であっても良い。Xはハロゲン原子,トリフラート,トリフルオロメタンスルホンイミダイド,テトラフルオロボレート,ヘキサフルオロホスフェート,ペンタフルオロアンチモネートを表す。nは1から3の数字を表す。)

【請求項5】
 
請求項1に記載した求電子的ペルフルオロアルキル化剤と基質とを反応させて、ペルフルオロアルキル基を有する有機化合物を直接的に得る、ペルフルオロアルキル化有機化合物の製造方法。

【請求項6】
 
請求項2に記載した求電子的フルオロメチル化剤と基質とを反応させて、フルオロメチル基を有する有機化合物を直接的に得る、フルオロメチル化有機化合物の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

21732_19SUM.gif
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close