Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR FORMING SUBSTANCE BY PULSE LASER

METHOD FOR FORMING SUBSTANCE BY PULSE LASER

Patent code P08P005854
File No. 409
Posted date Sep 19, 2008
Application number P2007-057725
Publication number P2008-214170A
Patent number P4945758
Date of filing Mar 7, 2007
Date of publication of application Sep 18, 2008
Date of registration Mar 16, 2012
Inventor
  • (In Japanese)三浦 保範
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title METHOD FOR FORMING SUBSTANCE BY PULSE LASER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for forming a powdery substance containing at least powdery carbon from a carbonate-containing substance naturally occurring on the earth.
SOLUTION: The method for forming the substance by pulse laser comprises forming a powdery substance containing at least powdery carbon by applying a shock wave pulse laser to a carbonate-containing substance. This invention includes following embodiments: the carbonate-containing substance is a substance originating in the earth crust; the carbonate-containing substance is a calcium carbonate-containing substance; the powdery carbon includes at least any one of powdery graphite carbon, powdery amorphous carbon, and powdery diamond; the powdery substance further contains a powdery substance except the powdery carbon; and the powdery substance contains a nonstoichiometric compound.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、粉末状炭素(ダイヤモンドを含む)を生成する方法としては、(ダイヤモンド)炭素の高圧高温反応、石炭・石油の高温反応、そして有機物と酸素ガスの化学気相成長法を用いた方法が知られている。従来の(ダイヤモンド)炭素の高圧高温化学反応を用いた方法は、限られた石墨炭素を特殊の高圧高温装置で反応させる(1,200-2,400℃、55,000-100,000気圧)もので、実験装置が特殊で大型であり、汎用性がない。従来の石炭・石油の高温熱処理法は、重質芳香族化合物であるピッチや汎用高分子類等を反応させるので、装置が特殊で大型化し効率的でない。従来の化学気相成長法は、定気圧下で合成が可能で、プラズマ状にしたガス(メタンと水素を混合させたもの、メタン-酸素やエチレン-酸素など)から結晶(粒子)を成長させる方法で、有機物ガスと無機ガス等の二次物質を出発物質とするための前段階反応を経るため(地球環境の元素循環において)複雑で効率的でない。
また従来、粉末状炭酸塩物質を生成する方法としては、化学反応や生物を用いた方法が知られている。従来の化学反応を用いた方法は、炭酸ガスを吹きつける又は塩反応等の特別な反応が必要である。炭酸ガス反応法で既存の試料を焼成・消化・炭酸化と複雑で焼成炉を使用、また可溶性塩反応法はCaCl2 、Ca(OH)2、Na2CO3等の二次物質を使用する必要がある。生物を使う反応では、人工的に生き物を培養し処理する装置が必要で(その準備と維持に)手間がかかる。
炭酸カルシウム等の炭酸塩物質は地殻(地球表層部)に豊富に含まれている炭素含有物質である。本発明者は研究により、隕石衝突等の衝撃波により(天然)地殻の炭酸塩物質から粉末状炭素(粉末状炭化物、炭酸塩物質等)が生成されることを見出した。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、炭酸塩物質(特に地殻由来の炭酸塩物質)に衝撃波パルスレーザーを印加することにより、炭素固定をし、少なくとも粉末状炭素含む粉末状物質を生成する物質生成方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
炭酸塩含有物質に衝撃波パルスレーザーを印加して、少なくとも粉末状炭素を含む粉末状物質を生成する、パルスレーザーによる物質生成方法。

【請求項2】
 
前記炭酸塩含有物質は、地殻由来物質である、請求項1記載のパルスレーザーによる物質生成方法。

【請求項3】
 
前記炭酸塩含有物質は、炭酸カルシウム含有物質である、請求項1又は2記載のパルスレーザーによる物質生成方法。

【請求項4】
 
前記粉末状炭素は、少なくとも粉末状石墨炭素、粉末状不定形炭素、粉末状ダイヤモンドのいずれか1つを含む、請求項1乃至3いずれか記載のパルスレーザーによる物質生成方法。

【請求項5】
 
前記粉末状物質は、粉末状炭素以外の粉末状物質を更に含む、請求項1乃至4いずれか記載のパルスレーザーによる物質生成方法。

【請求項6】
 
前記粉末状物質は、不定比化合物を含む、請求項5記載のパルスレーザーによる物質生成方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007057725thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close