Top > Search of Japanese Patents > SILICON LEWIS ACID CATALYST AND REACTION METHOD USING SILICON LEWIS ACID CATALYST

SILICON LEWIS ACID CATALYST AND REACTION METHOD USING SILICON LEWIS ACID CATALYST commons

Patent code P08P005690
File No. E076P92
Posted date Sep 26, 2008
Application number P2007-060818
Publication number P2008-221090A
Patent number P4701196
Date of filing Mar 9, 2007
Date of publication of application Sep 25, 2008
Date of registration Mar 11, 2011
Inventor
  • (In Japanese)小林 修
  • (In Japanese)松原 亮介
  • (In Japanese)清原 宏
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title SILICON LEWIS ACID CATALYST AND REACTION METHOD USING SILICON LEWIS ACID CATALYST commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a technique capable of synthesizing γ-keto-α-amino acid compound and β-amino carbonyl compound without activating amide and ketone separately.
SOLUTION: The catalyst comprises a silicate presented by the general formula [I] and a basic compound.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、カルボニル化合物を事前に活性化すること無く用いる、所謂、直接的付加反応が報告されている。但し、用いることが出来るカルボニル化合物はα位の酸性度が高いケトンやアルデヒドに限られていた。
【非特許文献1】
N. Yoshikawa, Y. M. A. Yamada, J.Das, H. Sasai, M. Shibasaki J. Am. Chem. Soc. 1999, 121, 4168.
【非特許文献2】
B. List, R. A. Lerner, C. F.Barbas III J. Am. Chem. Soc. 2000, 122, 2395.
【非特許文献3】
A. B. Northrup, D. W. C.MacMillan J. Am. Chem. Soc. 2002, 124, 6798.
【非特許文献4】
Letcka, T. 他 J. Am. Chem.Soc. 2002, 124, 67-77.

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、特に、ケイ素ルイス酸触媒、及びケイ素ルイス酸触媒を用いたγ-ケトα-アミノ酸化合物やβ-アミノカルボニル化合物を合成する反応方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
γ-ケトα-アミノ酸化合物あるいはβ-アミノカルボニル化合物合成用のケイ素ルイス酸触媒であって、
下記の一般式[I]で表されるケイ素塩と、
塩基性化合物
とを有することを特徴とする触媒。
一般式[I]


[一般式[I]中、R1,R2,R3は、各々、アルキル基またはトリアルキルシリル基であり、同じでも異なるものでも良く、R4はパーフルオロアルキル基である。]

【請求項2】
 
一般式[I]におけるR1,R2,R3が炭素数1~4のアルキル基およびトリアルキルシリル基の群の中から選ばれる何れかで、R4が炭素数1~4のパーフルオロアルキル基のケイ素塩である
ことを特徴とする請求項1の触媒。

【請求項3】
 
塩基性化合物がアミン類に属する化合物である
ことを特徴とする請求項1又は請求項2の触媒。

【請求項4】
 
塩基性化合物が第3級アミン類に属する化合物である
ことを特徴とする請求項1又は請求項2の触媒。

【請求項5】
 
ケイ素塩100質量部に対して塩基性化合物が5~40質量部の割合である
ことを特徴とする請求項1~請求項4いずれかの触媒。

【請求項6】
 
γ-ケトα-アミノ酸化合物あるいはβ-アミノカルボニル化合物合成用のケイ素ルイス酸触媒であって、
下記の一般式[X]で表されるケイ素塩と、
塩基性化合物
とを有することを特徴とする触媒。
一般式[X]


[一般式[X]中、R4,R5,R6は、各々、アルキル基またはトリアルキルシリル基であり、同じでも異なるものでも良い。R7,R8,R9,R10は電子吸引性置換基であり、同じでも異なるものでも良い。]

【請求項7】
 
塩基性化合物がアミン類に属する化合物である
ことを特徴とする請求項6の触媒。

【請求項8】
 
塩基性化合物が第3級アミン類に属する化合物である
ことを特徴とする請求項6又は請求項7の触媒。

【請求項9】
 
ケイ素塩100質量部に対して塩基性化合物が5~40質量部の割合である
ことを特徴とする請求項6~請求項8いずれかの触媒。

【請求項10】
 
下記の一般式[II]で表される化合物と下記の一般式[III]で表される化合物との反応に際して用いられる触媒である
ことを特徴とする請求項1~請求項9いずれかの触媒。
一般式[II]


[一般式[II]中、R5は、置換基を有していても良いアルコキシカルボニル基又はアリール基であり、R6は置換基を有していても良いアリール基である。]
一般式[III]


[一般式[III]中、R7は、H又は置換基を有していても良いアルキル基で、R8,R9との間で環を形成しても良く、R8,R9は、置換基を有していても良いアルキル基、アルコキシ基またはアリール基で、同じでも異なるものでも良い。]

【請求項11】
 
下記の一般式[II]で表される化合物と下記の一般式[IV]で表される化合物との反応に際して用いられる触媒である
ことを特徴とする請求項1~請求項9いずれかの触媒。
一般式[II]


[一般式[II]中、R5は、置換基を有していても良いアルコキシカルボニル基又はアリール基であり、R6は置換基を有していても良いアリール基である。]
一般式[IV]


[一般式[IV]中、R10は、H又は置換基を有していても良いアルキル基で、R11との間で環を形成しても良く、R11は、置換基を有していても良いアルキル基またはアリール基である。]

【請求項12】
 
請求項1~請求項9いずれかの触媒の存在下で、下記の一般式[II]で表される化合物と下記の一般式[III]で表される化合物とを反応させる
ことを特徴とするγ-ケトα-アミノ酸化合物の製造方法。
一般式[II]


[一般式[II]中、R5は、置換基を有していても良いアルコキシカルボニル基又はアリール基であり、R6は置換基を有していても良いアリール基である。]
一般式[III]


[一般式[III]中、R7は、H又は置換基を有していても良いアルキル基で、R8,R9との間で環を形成しても良く、R8,R9は、置換基を有していても良いアルキル基、アルコキシ基またはアリール基で、同じでも異なるものでも良い。]

【請求項13】
 
請求項1~請求項9いずれかの触媒の存在下で、下記の一般式[II]で表される化合物と下記の一般式[IV]で表される化合物とを反応させる
ことを特徴とするβ-アミノカルボニル化合物の製造方法。
一般式[II]


[一般式[II]中、R5は、置換基を有していても良いアルコキシカルボニル基又はアリール基であり、R6は置換基を有していても良いアリール基である。]
一般式[IV]


[一般式[IV]中、R10は、H又はアルキル基で、R11との間で環を形成しても良く、R11は、置換基を有していても良いアルキル基またはアリール基である。]
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

21790_20SUM.gif
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) ERATO KOBAYASHI Highly Functionalized Reaction Environments AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close