Top > Search of Japanese Patents > QUALITY EVALUATION METHOD OF ALCOHOLIC BEVERAGE

QUALITY EVALUATION METHOD OF ALCOHOLIC BEVERAGE

Patent code P08P005786
Posted date Sep 26, 2008
Application number P2007-062276
Publication number P2008-224387A
Patent number P4992086
Date of filing Mar 12, 2007
Date of publication of application Sep 25, 2008
Date of registration May 18, 2012
Inventor
  • (In Japanese)高 義礼
  • (In Japanese)藤原 修
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 名古屋工業大学
Title QUALITY EVALUATION METHOD OF ALCOHOLIC BEVERAGE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a quality evaluation method of an alcoholic beverage for measuring the quantitative data related to the alcohol concentration and quality of the alcoholic beverage.
SOLUTION: A complex specific inductive capacity being an electric constant is measured in a wide band with respect to the alcoholic beverage to perform the measurement of the concentration of the alcohol of the alcoholic beverage and the quantitative evaluation of the alcoholic beverage quality from the Cole-Cole plot of the complex specific inductive capacity. The measurement of the concentration of the alcohol of the alcoholic beverage, such as wine and the quantitative measurement of the quality of the alcoholic beverage are performed at the same time and a measuring time is thereby shortened. The error in the measuring result depending on the skill of a measuring person becomes small, with respect to the measurement of the concentration of the alcohol. A quantitative quality evaluation method is provided with respect to the quality evaluated heretofore by the organoleptic inspection of a sommelier, or the like.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ワイン等のアルコール飲料のアルコール濃度測定に関しては,そのアルコール飲料をまず蒸留することでエタノール以外の混合物を分離し,その後に比重計を用いてアルコール濃度が測定される。この場合,測定に時間がかかるうえ,測定者の熟達の度合いにより測定結果の誤差が大きくなるという欠点がある。



一方,アルコール飲料の品質の定量化に関しては,例えばワインの場合,これの電気伝導度が無機塩の成分量(味の厚みに並行するとされる)を反映するとされ,近年,ワイン鑑評審査に試験的に採用され始めたが,現状では他のアルコール飲料も含めて,成分分析や官能検査(人の味覚いわゆるソムリエ等の主観評価)などを含む多くの項目の点数化で総合的に評価されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、アルコール飲料の品質評価方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アルコール飲料を対象として、電気定数である複素比誘電率を広帯域で測定し,そのCole-Coleプロットからアルコール濃度測定と品質の定量評価を行うアルコール飲料の品質評価方法であって、
複素比誘電率を数2で示し、複素比誘電率の実部を数3で示し、複素比誘電率の虚部を数4で示したとき、
【数2】
 



【数3】
 



【数4】
 



次式(1)によりεroとεr∞とからエタノール濃度を,ωmτ0とωmτとからアルコールの品質を評価する方法。(式中の、「εro」は、直流での比誘電率のこと、「εr∞」は無限大周波数での比誘電率のこと、「ω」は、角周波数で2πf(f:周波数)のこと、「ωm」は、fmをCole-Cole Plotの極小となる周波数としたときの角周波数で2πfmのことを示し、並びに、「τ」及び「τ0」は、いずれも「緩和時間」を表し、誘電緩和において分極が平衡状態に移行するときの移行速度を定める定数のことを示す。
【数5】
 


IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007062276thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close