Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR DETECTING BITTEN DAMAGE OF SHELLS, AND MONITORING SYSTEM

METHOD FOR DETECTING BITTEN DAMAGE OF SHELLS, AND MONITORING SYSTEM meetings

Patent code P08P006366
Posted date Sep 26, 2008
Application number P2007-061747
Publication number P2008-220238A
Patent number P4774521
Date of filing Mar 12, 2007
Date of publication of application Sep 25, 2008
Date of registration Jul 8, 2011
Inventor
  • (In Japanese)関根 雅彦
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title METHOD FOR DETECTING BITTEN DAMAGE OF SHELLS, AND MONITORING SYSTEM meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To enable a state of damage of shells bitten by Aetobatus flagellum to be monitored, without especially requiring complex device formation.
SOLUTION: The method for detecting the bitten damage of the shells includes installing a hydrophone 1 in water, in the sea area in which the Aetobatus flagellum infests and preys on bivalves such as short-necked clam by utilizing a buoy 2; enabling crushing sound caused when the short-necked clam is crushed with the tooth and catched by the hydrophone 1 to be properly treated and sent to a base 5 with wireless; analyzing the sea area of the data sent from each of the hydrophones and the change of the measured value with time; and predicting the region at which the bitten damage of the bivalves, such as the short-necked clam will occur to enable protective measure to be carried out.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


日本沿岸において、アサリなどの2枚貝のナルトビエイによる食害が指摘され、アサリが全滅して漁獲高がゼロとなった地域も報告されている。
従来、アサリ等の海産物を捕食する動物の大量発生による食害は、海産物の漁獲高の激減と、実際に海に出て捕食動物が大量発生しているのを観察して初めて食害の発生を検知しており、事前に適切な対策をとることができず、後手に廻っており、海産物の食害の発生を阻止することが困難であった。
【非特許文献1】
土木学会論文集No.713/VII-24 69-79,2002.8「浅海域環境評価を目的とした水中音響観測によるテッポウエビ類の生息密度推定」

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、貝類、特にアサリなどの2枚貝の食害状況を検知する方法及びその方法を使用したモニタリングするシステムに関し、近年問題となっているナルトビエイによるアサリの食害を素早く検知するためのモニタリングシステムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
海中における捕食生物が2枚貝を噛み砕く際に発生する貝殻の破砕音の検知によって捕食生物による2枚貝の食害の発生を検知する方法。

【請求項2】
 
海中における捕食生物が2枚貝を噛み砕く際に発生する貝殻の破砕音の検知によって捕食生物の大量発生による2枚貝の食害を予測するモニタリングシステムであって、
海中に設置された複数のハイドロフォン、前記捕食行動に伴う貝殻の破砕音の標準値の記憶装置、ハイドロフォンが捕捉した音を記憶装置の標準値と比較する比較装置、及び送信装置と、送信された内容を受信する基地及び受信内容を解析する処理装置とからなる貝類の食害モニタリングシステム。

【請求項3】
 
請求項2において、標準値以外の音を除去するフィルタ手段が設けてある貝類の食害モニタリングシステム。

【請求項4】
 
請求項2または3において、解析手段には、破砕音の頻度が設定値を超えた場合に警報を発するアラーム装置が設けてある貝類の食害モニタリングシステム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007061747thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close