Top > Search of Japanese Patents > SOIL MANAGING METHOD

SOIL MANAGING METHOD meetings

Patent code P08A013838
File No. 18-19
Posted date Oct 16, 2008
Application number P2007-049627
Publication number P2008-211984A
Patent number P4929464
Date of filing Feb 28, 2007
Date of publication of application Sep 18, 2008
Date of registration Feb 24, 2012
Inventor
  • (In Japanese)森 也寸志
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人島根大学
Title SOIL MANAGING METHOD meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a soil managing method efficiently performing scattering or infiltration of liquid into real soil.
SOLUTION: This soil managing method which controls movement of liquid in soil includes dropping or spraying liquid from a ground surface so as to bring a value of a supply rate to less than one-tenth of a previously measured saturated hydraulic conductivity of objective soil. The method can avoid selective liquid movement to macro pores even in real soil where macro pores such as indicative marks of plant roots and living marks of insects and other underground organisms exist, and achieve scattering or infiltration of liquid into earth and sand intervals held by capillary power, i.e., micro pores.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、例えば、工場跡地の土壌に染み込んだ油を洗浄する際には、土壌に鉛直に深い穴(規模にもよるが例えば、50cmφ)を多数あけ、浄化液(中和剤を溶かした水など)をここに注入し、暗渠から浄化液が出てくるようになってからもしばらく散布を続け、土壌表面が浄化液でひたひたになる飽和状態を維持するような方法がとられていた。そして、暗渠からの廃液を適宜サンプリングして油濃度の推移を測定し、設定値以下になることを確認して洗浄を終了していた。



【非特許文献1】
Mori,Y et al., Soft X-ray radiography of drainage patterns ofstructured soils, Soil Sci.Soc.Am.J63(4):733-740.1999
【非特許文献2】
Mori,Y et al., Soft X-ray radiography of structure-induced macroporeflow in clayey soils. Clay Science for Engineering, Balkema,Rotterdam:297-302.2001

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、土壌中の水分等の移流速度(または浸透速度)および移流範囲(または浸透範囲)を制御する土壌管理方法に関し、特に、植物に対する施肥や汚染土壌の浄化を効率化する土壌管理方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
土壌中の液体の移動を制御する土壌管理方法であって、
予め測定しておいた対象土壌の飽和透水係数の1/10以下の値の供給速度となるように液体を地表から滴下ないし散布することを特徴とする土壌管理方法。

【請求項2】
 
前記供給速度を、不飽和透水係数曲線において吸引圧(suction)が-10kPaに対応した不飽和透水係数の値以上となるようにしたことを特徴とする請求項1に記載の土壌管理方法。

【請求項3】
 
前記溶液が油その他の土壌汚染物質を洗浄ないし無毒化する薬剤を含むものであることを特徴とする請求項1または2に記載の土壌管理方法。

【請求項4】
 
前記溶液が肥料を含むものであることを特徴とする請求項1または2に記載の土壌管理方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007049627thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close