Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR RECOVERING Ni IN ELECTROLESS Ni PLATING WASTE LIQUID, AND GASIFICATION METHOD FOR LOW-GRADE COAL

METHOD FOR RECOVERING Ni IN ELECTROLESS Ni PLATING WASTE LIQUID, AND GASIFICATION METHOD FOR LOW-GRADE COAL meetings

Patent code P08P005677
File No. IP18-066
Posted date Oct 16, 2008
Application number P2007-094554
Publication number P2008-248363A
Patent number P5124771
Date of filing Mar 30, 2007
Date of publication of application Oct 16, 2008
Date of registration Nov 9, 2012
Inventor
  • (In Japanese)宝田 恭之
  • (In Japanese)森下 佳代子
Applicant
  • Gunma University
Title METHOD FOR RECOVERING Ni IN ELECTROLESS Ni PLATING WASTE LIQUID, AND GASIFICATION METHOD FOR LOW-GRADE COAL meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for recovering Ni in an ENP waste liquid by which Ni can be recovered in a form capable of actualizing effective utilization from an ENP waste liquid, and further, Ni-carried coal having various useful applications can be inexpensively obtained in a form of reutilizing Ni, and to provide a gasification method for low-grade coal.
SOLUTION: The method for recovering Ni in an electroless Ni plating waste liquid comprises: a step (A) where a basic aqueous solution is added to an electroless Ni plating waste liquid to prepare a basic Ni-carrying liquid; and a step (B) where the Ni-carrying liquid and low-grade coal grains are mixed, thus Ni in the Ni carrying liquid is carried on the low grade coal grains to thereby recover Ni as Ni-carried coal. Further, as the basic aqueous solution added to the electroless Ni plating waste liquid, the swine urine of livestock waste is used.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


無電解Niめっき(Electro Nickel Plating:以下「ENP」と略す。)は、硬度が高く、耐食性に優れ複雑な形状にも均一な膜厚でめっきできること等から、自動車、電子、精密機器その他の各種の産業分野で利用されている。



ENPは、近年では連続型めっき液と全自動管理装置を組み合わせたシステムのもとで使用されることが多くなり、それに伴い大量の老化めっき液が排出されている。ENP廃液の生産量は年間約13万tにも達し、その2/3は産業廃棄物として業者委託により処理されている。



こうした背景から、環境に対する負荷をより低減するためにENP廃液の新たな処理技術が望まれている。このようなENP廃液の処理に際しては、有用な金属種である廃液中のNiを単離してこれを再利用することが望まれるが、ENP廃液中には緩衝剤や調製剤などが共存するため、有効な再利用が難しいのが現状である。



また、ニッケル合金等において、地金を購入して混ぜている場合や、廃棄物由来の純度の低いニッケルを混ぜている場合があるが、最近のニッケル価格の高騰により、より安価なニッケル資源が望まれており、また、廃棄物由来のニッケルは純度が低く、スラグ量の低減を考えた場合、より純度の高いニッケル資源が求められている。



一方、Niは褐炭に代表される低品位炭のガス化において非常に有効な触媒であることが知られている(特許文献1参照)。たとえば、イオン交換金属としてNiを担持した低品位炭を熱分解した後にガス化すると、ガス化過程において担持Niが高活性ガス化触媒として作用するため、担体の低品位炭を比較的低温でガス化して、H2、CH4、CO、CO2等の火力発電、燃料電池、都市ガス、化学原料等に利用可能なガスを生成できる。また、Ni担持炭をガス化した後の残渣からは、粒子サイズが制御された金属単体、金属酸化物、金属炭化物、金属炭酸塩、金属粒子含有炭素などの各種の粒子が得られる。



さらに、粉砕したバイオマスを上記のNi担持炭を触媒としてガス生成炉内でガス化すると、バイオマスの熱分解で生成したガスおよびタール状物質が分解・改質されてH2、CH4、CO、CO2等のガスを生成できることも知られている(特許文献2参照)。
【特許文献1】
特開2005-013964号公報
【特許文献2】
特開2006-328168号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、無電解Niめっき廃液中のNiの回収方法と低品位炭のガス化方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
無電解Niめっき廃液に塩基性水溶液として豚尿を添加し、塩基性のNi担持液を調製する工程(A)と、このNi担持液と低品位炭粒子とを混合し、これによりNi担持液中のNiを低品位炭粒子に担持させ、Ni担持炭としてNiを回収する工程(B)とを含むことを特徴とする無電解Niめっき廃液中のNiの回収方法。

【請求項2】
 
工程(A)において、前記無電解Niめっき廃液からNi含有塩を濾過分離し、この濾過分離したNi含有塩を含むNi分離液を調製し、このNi分離液に前記塩基性水溶液を添加してNi担持液を得ることを特徴とする請求項1に記載の無電解Niめっき廃液中のNiの回収方法。

【請求項3】
 
工程(A)において、前記無電解Niめっき廃液にNaOHを添加して無電解Niめっき廃液からNi(OH)2を濾過分離し、この濾過分離したNi(OH)2を含むNi分離液を調製し、このNi分離液に前記塩基性水溶液を添加してNi担持液を得ることを特徴とする請求項1または2に記載の無電解Niめっき廃液中のNiの回収方法。

【請求項4】
 
無電解Niめっき廃液に塩基性水溶液として豚尿を添加して塩基性のNi担持液を調製し、このNi担持液と低品位炭粒子とを混合してNi担持液中のNiを低品位炭粒子に担持させて得られたNi担持炭を熱分解してガス化することを特徴とする低品位炭のガス化方法。

【請求項5】
 
前記塩基性のNi担持液は、前記無電解Niめっき廃液からNi含有塩を濾過分離し、この濾過分離したNi含有塩を含むNi分離液を調製し、このNi分離液に前記塩基性水溶液を添加することによって得ることを特徴とする請求項4に記載の低品位炭のガス化方法。

【請求項6】
 
前記塩基性のNi担持液は、前記無電解Niめっき廃液にNaOHを添加して無電解Niめっき廃液からNi(OH)2を濾過分離し、この濾過分離したNi(OH)2を含むNi分離液を調製し、このNi分離液に前記塩基性水溶液を添加することによって得ることを特徴とする請求項4または5に記載の低品位炭のガス化方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007094554thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close