Top > Search of Japanese Patents > METHOD OF SUPPRESSING DIFFUSION OF TRANSPORTED RED CLAY TO SEA AREA

METHOD OF SUPPRESSING DIFFUSION OF TRANSPORTED RED CLAY TO SEA AREA

Patent code P08A013903
File No. 21
Posted date Oct 31, 2008
Application number P2004-284854
Publication number P2006-097337A
Patent number P4696234
Date of filing Sep 29, 2004
Date of publication of application Apr 13, 2006
Date of registration Mar 11, 2011
Inventor
  • (In Japanese)佐藤 一紘
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 琉球大学
Title METHOD OF SUPPRESSING DIFFUSION OF TRANSPORTED RED CLAY TO SEA AREA
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method of effectively suppressing diffusion of red clay flowing from a branching bay to a sea area of a coral reef.
SOLUTION: According to the method, a branching bay channel 2 having a horizontal upper bed is extended from a branching bay area of a river 1 into the sea area 16, and a first mangrove planting area 3 is arranged on the periphery of the branching bay channel 2, followed by arranging one or more mangrove planting areas 4, 5 on the periphery of the first mangrove planting area 3 so as to successively expand outward. Thus water of the river 1 overflowing the upper bed 2a of the channel 2 flows through the first mangrove planting area 3 to the outermost mangrove planting area 5, and thereafter reaches the sea area 16.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


沖縄はサンゴ礁に恵まれ、世界でも最も美しい海の1つとして有名であるが、陸地を乱開発した結果、降雨のたびに赤土が流出して河川に流れ込むようになった。流れ込んだ赤土は水の流れとともにさらに河口に運ばれ、河口からサンゴ礁海域に流出して拡散する。このため、海水が汚濁し、サンゴの成育状態に影響するという問題が生じた。このような赤土の流出による海水の汚濁は深刻であり、専門家によっていろいろな手段が講じられ、多大な費用が費やされたが、これまで赤土の海域への流入を防止する真に効果的な対策は確立されていないのが実情である。



このままサンゴ礁海域の汚濁が続くと、サンゴ礁に及ぼす被害は深刻なものとなる可能性が高く、一刻も早く有効な対策が施される必要がある。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、陸域で止められずに河口から流出する赤土が海域で拡散するのを抑制する流出赤土の海域への拡散抑制工法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
河川の河口部から海域に向けて天端が水平な河口水路を延ばし、この水平な河口水路の外周に第1のマングローブ植栽域(土盛りされた植栽基盤の上に植栽によってマングローブを造成したもの)を配し、さらに第1のマングローブ植栽域の外周に1又はそれ以上のマングローブ植栽域を順次外側に広がるように配し、上記各マングローブ植栽域を擁壁により区画し、上記水路の天端から溢れた河川の水が内側の第1のマングローブ植栽域から最外側のマングローブ植栽域を通って流れた後に海域に流出するようにしたことを特徴とする流出赤土の海域への拡散抑制工法。

【請求項2】
 
前記各マングローブ植栽域の植栽基盤の上面の植栽面は外周側よりも内周側の方が低くなるように傾斜している、請求項1に記載の流出赤土の海域への拡散抑制工法。

【請求項3】
 
前記各擁壁の外側には、該擁壁の外周側のマングローブ植栽域の植栽基盤の植栽面上に沈殿して内周側に移動した赤土を受けて排出するための赤土排出路が形成されている、請求項2に記載の流出赤土の海域への拡散抑制工法。

【請求項4】
 
前記マングローブ植栽域の高さは、外側のマングローブ植栽域よりも内側のマングローブ植栽域の方を高くした、請求項1,2又は3に記載の流出赤土の海域への拡散抑制工法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004284854thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close