Top > Search of Japanese Patents > HEALTH FOOD USING PAPAYA SEED

HEALTH FOOD USING PAPAYA SEED meetings achieved

Patent code P08A013907
File No. 29
Posted date Oct 31, 2008
Application number P2005-192892
Publication number P2007-006804A
Patent number P5142116
Date of filing Jun 30, 2005
Date of publication of application Jan 18, 2007
Date of registration Nov 30, 2012
Inventor
  • (In Japanese)上江洲 榮子
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 琉球大学
Title HEALTH FOOD USING PAPAYA SEED meetings achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To effectively utilize papaya seeds conventionally frequently discarded as a health food utilizing their sleep-improving function.
SOLUTION: The health food comprises seeds alone of papaya or seed and unripe fruit of papaya as main raw materials and contains one or more materials selected from heated and dried powder, freeze-dried powder, water or hot water extracts, extracts of millet brandy and an ethanol extracts of the raw material. Mulberry, Hemerocallis fulva L. var. kwanso Regel, St. John's Wood, dried powder or extract ingredient of valerian can further be added to the health food.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


パパイアは、熱帯アメリカが原産地で、日本では沖縄等の亜熱帯地域で栽培されている。パパイアの果肉にはビタミンC、ビタミンAが豊富に含まれており、栄養学的にも優れた果物である。さらに、パパイアには蛋白質分解酵素パパイン、カルパイン、タンニン、サポニンが含まれている。パパインは、食肉を軟らかくし、条虫などの駆除剤、ビール・醤油の清澄剤として使われる。カルパインは、アルカロイドの一種であり、鎮静作用、強心作用を示し、鎮静剤、強心剤として用いられる。タンニンは、抗酸化作用、ガン抑制作用があるといわれている。サポニンは、肥満抑制に効果があるといわれている。



パパイアの有効成分を利用する方法として、特許文献1には、未熟果パパイアの切断細片を乾燥後炒ることにより得られたパパイア茶や、粉末にしたパパイア加工食品が開示されている。
また、特許文献2には、パパイア果肉の乾燥粉末またはパパイア果肉から抽出されるキモパパインに、シアン化物の単体物またはシアン化物とナトリウム、カリウムなどのアルカリ金属との複合物を添加した健康食品が提案されている。
特許文献3には、パパイア種子抽出物を有効成分とする静菌および抗菌剤が開示されている。



【特許文献1】
特開平10-14549号公報
【特許文献2】
特開2000-83619号公報
【特許文献3】
特開平11-43412号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、パパイア種子の有効成分を用いた健康食品に関し、特に睡眠改善機能に着目した健康食品に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
パパイアの種子を主原料とし、当該原料の加熱乾燥粉末または凍結乾燥粉末と、桑の実およびアキノワスレグサの花や茎の白い部分や根から選ばれた1以上の物の加熱乾燥粉末、凍結乾燥粉末、水または熱水抽出物、泡盛抽出物、およびエタノール抽出物から選ばれた1以上の物とを含む健康食品。

【請求項2】
 
さらに、セントジョーンズワートの加熱乾燥粉末、濃縮乾燥粉末、水または熱水抽出物、泡盛抽出物、エタノール抽出物から選ばれた1以上の物を含む、請求項1記載の健康食品。

【請求項3】
 
さらに、かのこ草の加熱乾燥粉末、濃縮乾燥粉末、水または熱水抽出物、泡盛抽出物、エタノール抽出物から選ばれた1以上の物を含む、請求項1または2に記載の健康食品。

【請求項4】
 
さらに、未熟のパパイアを、0℃からマイナス80℃付近までの温度で凍結させ再び解凍することによって得られた果汁の原液または濃縮液または乾燥粉末を含む、請求項1から3のいずれかの項に記載の健康食品。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005192892thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close