Top > Search of Japanese Patents > ANTISEISMIC REINFORCING METHOD FOR BUILDING ADOPTING PILOTI FRAME

ANTISEISMIC REINFORCING METHOD FOR BUILDING ADOPTING PILOTI FRAME meetings

Patent code P08A013909
File No. 10
Posted date Oct 31, 2008
Application number P2005-205926
Publication number P2006-274783A
Patent number P4224589
Date of filing Jul 14, 2005
Date of publication of application Oct 12, 2006
Date of registration Dec 5, 2008
Priority data
  • P2005-060392 (Mar 4, 2005) JP
Inventor
  • (In Japanese)山川 哲雄
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 琉球大学
Title ANTISEISMIC REINFORCING METHOD FOR BUILDING ADOPTING PILOTI FRAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To improve the antiseismic performance of a building provided with a piloti frame.
SOLUTION: Antiseismic reinforcement is carried out by giving a piloti frame to a building which has openings divided and formed by combining columns with lateral members connected to the columns. In this case, a set of at least two plates connected to the columns and extended to the lateral members is arranged in each opening stated above; a closed space having a width almost equal to that of the column or the lateral member is formed between the two plates; then, the plates are temporarily secured and fixed with fastening members penetrating through the plate; concrete is poured to the closed space and hardened; and then a prestress is introduced to the concrete hardened through the plate by tightening the fastening members.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


壁をほとんど有せず柱部材によって建物の全体が支えられているピロティ建築物は、敷地が狭いところで駐車場を確保することができ、しかも、快適な居住性を確保することが可能であり従来から好んで建てられる傾向にあったが、その建築物のほとんどは地震に対して十分な耐震性能(強度と靭性)を有しているとは言えない。



1995年1月発生した阪神・淡路大震災では、多くのピロティ建築物が大きな被害を受けたのみならず、1981年の新耐震設計法で設計していたピロティ建築物でさえも一部の建物で大破した。ピロティ建築物は地震に弱い、危険な建物と見なされ、1995年12月には建築基準法が一部改定され、ピロティ建築物の耐震設計が一段と強化された経緯がある。



建築物のとくに鉄筋コンクリート柱の耐震補強に係わる技術としては、該柱の周りに補強用の鋼板を巻回固定した構造のものが知られている(例えば特許文献1参照)。



また、ピロティフレームの耐震補強に係わる新規な技術についても、通常のRC造袖壁やRC造耐震壁の増設、または鉄骨ブレースやPC鋼棒ブレースなどの提案はすでになされている。
【特許文献1】
特開平9-291510号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、柱部材とこの柱部材の上下につながる横部材(梁部材や床部材等)との組合せにて区画形成した開口を有するピロティフレームを備えた建築物の耐震補強方法に関するものである。



ここに、ピロティフレームで構成された層(ピロティ層)が任意の階に存在する場合を一般にソフトストリーというが、とくにピロティ層が1階に存在する場合をピロティ建築物という。本発明は、ピロティ層が1階もしくは2階以上の任意の階に存在する建築物あるいは地下部分に存在する建築物をはじめ、ピロティフレームを部分的に備えた建築物の全てを対象とする。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
柱部材とこの柱部材につながる横部材とを組み合わせて区画形成した開口を有するピロティフレームを備えた建築物につき、その耐震補強を施すに当たり、
前記開口に、柱部材に連係し横部材に向けて伸延する少なくとも2枚のプレートを配置してそのプレートの相互間に該柱部材又は横部材とほぼ同等の幅を有する閉空間を形成し、次いで、該プレートを貫く緊結部材にて該プレートを仮止め固定したのち前記閉空間内にコンクリートを充填して硬化させ、続いて該緊結部材を締め上げてプレートを通して硬化後のコンクリートに対してプレストレスを導入する、ことを特徴とするピロティフレームを備えた建築物の耐震補強方法。

【請求項2】
 
前記プレートは開口の少なくとも一部分又は全部に配置されたものである請求項1記載の耐震補強方法。

【請求項3】
 
前記閉空間における柱部材の側壁近傍域に、あと施工アンカーを利用して複数の主筋と複数の帯筋とを組み合わせた補強体を配置する、請求項1又は2記載の耐震補強方法。

【請求項4】
 
少なくとも2枚のプレートをその開放端において相互につなぐ型枠を兼ねた溝形タイプの補強材を用いる、請求項1~3の何れかに記載の耐震補強方法。

【請求項5】
 
前記閉空間における柱部材の側壁近傍域に、柱部材に沿って配置される添え筋と、この添え筋にて支持された横補強筋を配置する、請求項1又は2記載の耐震補強方法。

【請求項6】
 
前記柱部材及び横部材の両方又はその何れか一方に、前記閉空間へ突出して硬化後のコンクリートとの一体化を図る連結部材としてのスタッドジベルを配置する、請求項1~5の何れかに記載の耐震補強方法。

【請求項7】
 
前記プレートを横部材の側面まで延長させ、該プレート及び横部材を貫通する緊結部材を締め上げることにより該プレートを横部材に圧着させる、請求項1~6の何れかに記載の耐震補強方法。

【請求項8】
 
前記プレートを横部材の側面まで延長させて、該プレートと横部材の側面の相互間に閉空間につながる隙間を形成するとともに該プレート及び横部材を貫通する緊締部材を配置し、該隙間内にコンクリートを充填、硬化させたのち該緊締部材を締め上げることにより該プレートを横部材に圧着させる、請求項1~6の何れかに記載の耐震補強方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005205926thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close