Top > Search of Japanese Patents > CRACK PROGRESS INHIBITING METHOD

CRACK PROGRESS INHIBITING METHOD meetings

Patent code P08A013915
File No. 17
Posted date Oct 31, 2008
Application number P2006-036586
Publication number P2007-216313A
Patent number P4706024
Date of filing Feb 14, 2006
Date of publication of application Aug 30, 2007
Date of registration Mar 25, 2011
Inventor
  • (In Japanese)真壁 朝敏
  • (In Japanese)近藤 了嗣
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 琉球大学
Title CRACK PROGRESS INHIBITING METHOD meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To propose a new method for further effectively inhibiting a progress of cracks from a stopping hole by applying a compression stress to a tip of the stopping hole processed at a tip of a crack.
SOLUTION: In this crack progress inhibiting method, a stopping hole 2 is provided at an end of a slit so as to inhibit propagation of fatigue cracks. A hole 3 is provided around the stopping hole 2, and an inner pressure is loaded to the hole 3, so as to generate a compression stress to a crack generating portion 2B of the stopping hole 2.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


航空機において、運用中に機体の一部に疲労亀裂が発生した場合、その亀裂は航空機に破壊事故をもたらす恐れがあるので、亀裂長さが定められた長さに達し、しかも、航空機が運用の都合上、本格的な整備ができない場合には、その亀裂の先端に亀裂の進展を抑制するためにストッピングホールを加工することがある。このストッピングホールは、亀裂先端の応力集中を緩和し、亀裂の進展を抑制するために有効である。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、例えば航空機の機体に生じる疲労亀裂の進展を抑制する亀裂進展抑制方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
亀裂の端部にストッピングホールを施すことで疲労亀裂の伝播を抑制する亀裂進展抑制方法であって、
前記ストッピングホールの周辺に穴を設け、
前記亀裂方向を亀裂仮想線とし、
前記ストッピングホールの中心を通り前記亀裂仮想線に対する垂線をストッピングホール仮想中心線としたとき、
一対の前記穴を前記亀裂仮想線に対して対称に設け、
対称の位置に設けた一対の前記穴のそれぞれの中心を結ぶ穴位置仮想線を、前記ストッピングホール仮想中心線の位置、又は前記ストッピングホール仮想中心線よりも、前記亀裂から離れた位置とし、
前記穴に内圧を負荷することで、前記ストッピングホールの亀裂発生部位に圧縮応力を発生させることを特徴とする亀裂進展抑制方法。

【請求項2】
 
前記ストッピングホールの前記亀裂発生部位を通り前記亀裂仮想線に対する垂線をストッピングホール仮想外周線としたとき、対称の位置に設けた一対の前記穴の前記亀裂側の外周が、前記ストッピングホール仮想外周線の位置、又は前記ストッピングホール仮想外周線よりも前記亀裂側に位置することを特徴とする請求項1に記載の亀裂進展抑制方法。

【請求項3】
 
前記穴に、リベット加工を施したことを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の亀裂進展抑制方法。

【請求項4】
 
前記穴に、封止部材を圧入したことを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の亀裂進展抑制方法。

【請求項5】
 
請求項1から請求項4に記載の亀裂進展抑制方法を、航空機の機体に生じる前記亀裂に用いることを特徴とする亀裂進展抑制方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006036586thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close