Top > Search of Japanese Patents > MELOIDOGYNE-CONTROLLING AGENT AND METHOD FOR CONTROLLING THE SAME

MELOIDOGYNE-CONTROLLING AGENT AND METHOD FOR CONTROLLING THE SAME meetings achieved

Patent code P08A013919
File No. 23
Posted date Oct 31, 2008
Application number P2006-308331
Publication number P2008-120749A
Patent number P4528982
Date of filing Nov 14, 2006
Date of publication of application May 29, 2008
Date of registration Jun 18, 2010
Inventor
  • (In Japanese)田場 聡
  • (In Japanese)諸見里 善一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 琉球大学
Title MELOIDOGYNE-CONTROLLING AGENT AND METHOD FOR CONTROLLING THE SAME meetings achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a Meloidogyne-controlling agent using a plant extract having a high anti-nematode activity against the Meloidogyne which is a harmful nematode, and without inhibiting the activity of a self-supporting nematode which is a useful nematode and the growth of the plants as an active ingredient, and a method for controlling the Melodogyne by utilizing the same.
SOLUTION: This Meloidogyne-controlling agent is provided by using the extract of plant of Compositae as the active ingredient. The method for controlling the Meloidogyne by using the same is also provided.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ネコブセンチュウは700種を越える植物に寄生し、生育阻害や収量低下を引き起こすため世界的に問題となっている重要害虫である。これら有害センチュウの防除は一般的に化学合成農薬を用いて行われている。



農薬は即効性があり高い防除効果を発揮することから有害センチュウの有効な防除法の1つであるが、地球環境や人畜、土壌生態系に与える影響、さらには食の安全に対する配慮から、可能な限り化学農薬の使用を低減するために環境保全型防除技術の研究がなされている。環境保全型防除技術には、植物の生物機能を活用した防除法があり、耕種的および生物的な方法が幾つか知られている。なかでも植物成分を用いた防除法としてセンダン科アザディラクタ属のニーム(学名:Azadirachta indica Juss.)の抽出液を利用する方法が知られている(非特許文献1、2)。この方法はニーム抽出液に植物の種子あるいは根を浸漬することで抽出液中に含まれる有効成分を浸透させ、ネコブセンチュウ被害を軽減するものである。



しかし、ニーム抽出液については単に根こぶ形成の抑制と土壌中の幼虫数を調査したのみであり、効果的な防除を期待するのであれば、孵化に及ぼす影響、忌避作用、抵抗性誘導効果さらには、有益センチュウである自活性センチュウ類や作物の生長に及ぼす影響についても評価を行い総合的に高い効果を示す植物種を選抜する必要がある。



【非特許文献1】
Akhtar, M. and I. Mahmood. (1994). Controlof root-knot nematode by bare-root dip in undecomposed and decomposed extracts ofneem cake and leaf. Nematologia Mediterranea 22: 55-57.
【非特許文献2】
Akhtar, M. and I. Mahmood. (1995).Control of root-knot nematodeMeloidogyne incognita in tomato plants by seed-coating with Achook and neemoil. International Pest Control 37: 86-87.

Field of industrial application (In Japanese)


本発明はネコブセンチュウ防除剤およびこれを利用するネコブセンチュウ防除方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アワユキセンダングサ(Bidens pilosa .var.radiata Scherff)、タチアワユキセンダングサ(Bidens pilosa L. var. radiata Sch. Bip.)、ハイアワユキセンダングサ(Bidens pilosa L. var. radiata Scherff.f.decumbens Scherff.)、ヒメジョオン(Stenactis annuus (L.)Cass.)、オオアレチノギク(Erigeron sumatrensis Retz.)およびセイタカアワダチソウ(Solidago altissima L.)よりなる群から選ばれる1種または2種以上のキク科植物の抽出物を有効成分とすることを特徴とするネコブセンチュウ防除剤。

【請求項2】
 
アワユキセンダングサ(Bidens pilosa .var.radiata Scherff)、ヒメジョオン(Sten
actis annuus (L.) Cass.)、オオアレチノギク(Erigeron sumatrensis Retz.)およびセイタカアワダチソウ(Solidago altissima L.)よりなる群から選ばれる1種または2種以上のキク科植物の抽出物を有効成分とすることを特徴とするネコブセンチュウ防除剤

【請求項3】
 
アワユキセンダングサ(Bidens pilosa .var.radiata Scherff)、ヒメジョオン(Sten
actis annuus (L.) Cass.)およびオオアレチノギク(Erigeron sumatrensis Retz.)よりなる群から選ばれる1種または2種以上のキク科植物の抽出物を有効成分とすることを特徴とするネコブセンチュウ防除剤

【請求項4】
 
土壌中に、請求項1ないし3の何れかの項記載の防除剤を灌注することを特徴とするネコブセンチュウ防除方法。

【請求項5】
 
植物の根を、請求項1ないし3の何れかの項記載の防除剤に浸漬することを特徴とするネコブセンチュウ防除方法。

【請求項6】
 
植物の種子を、請求項1ないし3の何れかの項記載の防除剤に浸漬することを特徴とするネコブセンチュウ防除方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

22027_01SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close