Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)特発性肺線維症の検出マーカー、検出キット及び検出方法

(In Japanese)特発性肺線維症の検出マーカー、検出キット及び検出方法

Patent code P08S000122
File No. P05-086PCT-JP
Posted date Oct 31, 2008
Application number P2007-508057
Patent number P4521575
Date of filing Feb 28, 2006
Date of registration Jun 4, 2010
International application number JP2006303699
International publication number WO2006098144
Date of international filing Feb 28, 2006
Date of international publication Sep 21, 2006
Priority data
  • P2005-078252 (Mar 17, 2005) JP
  • P2005-271021 (Sep 16, 2005) JP
Inventor
  • (In Japanese)黒須 克志
  • (In Japanese)滝口 裕一
  • (In Japanese)岡田 理
  • (In Japanese)栗山 喬之
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 千葉大学
Title (In Japanese)特発性肺線維症の検出マーカー、検出キット及び検出方法
Abstract (In Japanese)本発明の目的は、容易に特発性肺線維症を検出するための検出マーカー、検出キット及び検出方法等を提供することである。
本発明は、抗annexin 1抗体、抗phosphoglycerate kinase 1抗体、抗annexin 4抗体、抗bax inhibitor 1抗体、抗cytochrome c oxidase subunit Va抗体、抗aldehyde dehydrogenase 1抗体、抗cytochrome c-1抗体、抗macrophage migration inhibitory factor抗体、抗annexin 2抗体、抗cytochrome c reductase core 1抗体、及び、抗heme oxygenase 1抗体から成る群から選択される、特発性肺線維症の血清中に存在する自己抗体、該自己抗体から成る特発性肺線維症の検出マーカー、検出キット、及び、検出方法等に関する。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


特発性肺線維症は原因不明の疾患であるが、肺胞上皮にapotosisが亢進し、肺胞上皮基底膜の破壊に伴って間質の線維芽細胞の異常増殖を伴う疾患である。



現在の特発性肺線維症の診断には開胸/胸腔鏡下肺生検が重要な位置を占めているが、病状が進行した症例では検査による侵襲が大きな問題である。その問題を解決するために気管支肺胞洗浄検査(Bronchoalveolar lavage : 以下「BAL」)が行われている。特発性肺線維症においては、BALで採取したBAL液中に好中球の軽度の増加が確認されたことの報告があり、肺胞腔や間質に浸潤した好中球が病態に重要な役割を果たしているのではないかとの示唆がある(例えば、下記非特許文献1参照)。



ところで、SEREX(Serological analysis of recombinant cDNA expression libraries)法は、約1万個のcDNAの中で数個程度しか存在しない自己抗原発現cDNAに対しても検出が可能であり、微量の自己抗原の検出に適した方法である。このSEREX法により肺癌をはじめとする様々な腫瘍関連抗原が同定されている。同定された抗原には、転写因子、細胞の分化抗原、細胞構成蛋白などに加え、新規遺伝子も含まれている。即ち、SEREX法は自己抗原検索においては強力で有用な手法であり、これを用いた報告として、全身性エリテマトーデス(SLE)や過敏性肺臓炎関連自己抗体の検索に関する報告がある(例えば、下記非特許文献2参照)。



また、PCR(Polimerase Chain Reaction)法によるBAL液中のT細胞Vβ鎖遺伝子再構成の検索では、抗原特異的なT細胞増生がBAL液中に認められ、肺胞局所において疾患特異的な抗原の存在が示唆されている(例えば、下記非特許文献3参照)。



【非特許文献1】
Wellset al.,“Bronchoalveolar lavage cellularity: lone cryptogenic fibrosing alveolitis compared with the fibrosing alveolitis of systemic sclerosis”, Am J Respir Crit Care Med, 1998, Vol.157, p.1474-1482
【非特許文献2】
Matsunagaet al.,“A novel protein antigen of Trichosporon asahii, in summer-type hypersensitivity pneumonitis。ノ痔Am J Respir Crit Care Med 2002, Vol.167, p.991-998
【非特許文献3】
Shimizudaniet al.,“Conserved CDR3 region of T cell receptor BV gene in lymphocytes from bronchoalveolar lavage fluid of patients with indiopathic pulmonary fibrosis”, Clin Exp Immunol 2002, Vol.129, p.140~149

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は特発性肺線維症の検出マーカー、検出キット及び検出方法等に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
抗annexin 1抗体からなる特発性繊維症の検出マーカー。

【請求項2】
 
annexin 1からなる抗原蛋白を構成要素として含む特発性繊維症検出キット。

【請求項3】
 
抗原蛋白を基材に吸着させてなる請求項2記載の特発性繊維症検出キット。

【請求項4】
 
前記抗原蛋白に標識が付されている請求項2記載の特発性繊維症検出キット。

【請求項5】
 
前記標識がHis-tag標識である請求項4記載の特発性繊維症検出キット。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

22041_01SUM.gif
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close