Top > Search of Japanese Patents > POLYISOCYANATE CONSTITUTIVE COMPONENT-INCLUDING MICROPARTICLE, METHOD FOR PRODUCING THE SAME, AND ONE-PART POLYURETHANE ADHESIVE COMPOSITION

POLYISOCYANATE CONSTITUTIVE COMPONENT-INCLUDING MICROPARTICLE, METHOD FOR PRODUCING THE SAME, AND ONE-PART POLYURETHANE ADHESIVE COMPOSITION

Patent code P08A013932
File No. KP05-092
Posted date Oct 31, 2008
Application number P2006-041682
Publication number P2007-217615A
Patent number P4899047
Date of filing Feb 17, 2006
Date of publication of application Aug 30, 2007
Date of registration Jan 13, 2012
Inventor
  • (In Japanese)大久保 政芳
  • (In Japanese)南 秀人
  • (In Japanese)鈴木 登代子
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人神戸大学
Title POLYISOCYANATE CONSTITUTIVE COMPONENT-INCLUDING MICROPARTICLE, METHOD FOR PRODUCING THE SAME, AND ONE-PART POLYURETHANE ADHESIVE COMPOSITION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a simple method for producing microparticles usable as a constitutive component of an one-part isocyanate resin adhesive composition.
SOLUTION: The method for producing the isocyanate resin microparticles comprises the first step of dispersing, in a dispersion stabilizer aqueous solution, a mixture comprising a polyisocyanate and an active hydrogen compound, with the ratio of the active hydrogen compound to the polyisocyanate being 2-25 in terms of chemical equivalent ratio or the ratio of the polyisocyanate to the active hydrogen compound being 2-25 in terms of chemical equivalent ratio, and the second step of subjecting both of these components to curing. The microparticles, which are encapsulated with the polyisocyanate or the active hydrogen compound, are usable as one component of the one-part isocyanate resin adhesive composition.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ポリイソシアネートは、ポリオール、ポリアミン、ポリチオールなどの活性水素化合物と反応して、ポリウレタン樹脂、ポリウレア樹脂、ポリチオウレタン樹脂のような三次元網目構造の不溶、不融の樹脂を与える。



イソシアネート基と活性水素化合物とで形成される結合の凝集エネルギーは比較的大きいことから、イソシアネート樹脂は接着剤として使用される。またイソシアネート樹脂からなる接着層は、接着力が強いのみならず、耐熱性、耐水性、耐衝撃性などに優れる。さらに、ポリイソシアネートや活性水素化合物の選択により、極性、結晶性、柔硬、ガラス転移点などを自由に変えることができるため、被着体の性質に合った構造に設計することができる。



イソシアネート樹脂接着剤には、1液型タイプと2液型タイプとがある。2液型タイプは、現場でイソシアネート成分と活性水素成分とを混合することにより硬化させるものである。また、1液型タイプには、例えばポリオールの末端にポリイソシアネートを付加したプレポリマーからなり空気中の水分や被着体表面の吸着水や活性水素基と反応して硬化させるタイプや、ポリイソシアネートのイソシアネート基をブロック剤で封鎖したものと活性水素化合物との混合物からなり高温に加熱することによりブロック剤を解離させてポリイソシアネートを活性化し活性水素化合物と反応させるタイプ等が知られている。作業が簡単で、現場での混合比率の間違いなどが起こらない簡便さのために、1液型タイプが主流である。



しかし、湿気硬化型1液型タイプは湿気に敏感なために貯蔵安定性に劣り、またブロック剤で封止した1液型タイプは、現在のところ解離温度が100℃以上のものしか開発されていないため、実用化はされていない。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ポリウレタン、ポリウレア、ポリチオウレタンなどのイソシアネート樹脂からなるシェル内に、これらのイソシアネート樹脂の構成成分であるポリイソシアネート又は活性水素化合物が封入された微粒子、その簡単な製造方法、このポリイソシアネート樹脂構成成分内包微粒子を用いた1液型イソシアネート樹脂接着剤組成物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
シェル及び中空部分からなる中空微粒子の中空部分に、イソシアネート樹脂構成成分が内包された微粒子の製造方法であって、
分散安定剤の水溶液中に、ポリイソシアネートと、ポリオール、ポリアミン、及びポリチオールからなる群より選ばれる活性水素化合物とを含む混合物であって、活性水素化合物の配合比率がポリイソシアネートに対して化学当量比で2~25であるか、又はポリイソシアネートの配合比率が活性水素化合物に対して化学当量比で2~25である混合物を分散させる第1工程と、ポリイソシアネートと活性水素化合物とを重付加反応させる第2工程とを含む製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close