Top > Search of Japanese Patents > NANOPARTICLE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

NANOPARTICLE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

Patent code P08A013937
File No. KP06-024
Posted date Oct 31, 2008
Application number P2006-223664
Publication number P2008-044826A
Patent number P4765074
Date of filing Aug 18, 2006
Date of publication of application Feb 28, 2008
Date of registration Jun 24, 2011
Inventor
  • (In Japanese)出来 成人
  • (In Japanese)水畑 穣
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人神戸大学
Title NANOPARTICLE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide nanoparticles having an average diameter of nanometer order; and to provide a method for producing the same.
SOLUTION: The nanoparticles have an average diameter of ≤10 nm and a variation coefficient of particle diameters of ≤20%, and are formed of a metal oxide single crystal or silicon dioxide. The method for producing the nanoparticles comprises depositing nanoparticles from a metal fluoride complex aqueous solution or a silicon fluoride complex aqueous solution in the presence of a water-soluble compound by a liquid phase deposition method.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ナノオーダのサイズを有する酸化物微粒子および金属酸化物粒子は、量子サイズ効果などバルク固体とは異なった特性を発現することから、エネルギー変換材料、電池、触媒、磁性材料、可塑性のセラミックス材料など幅広い分野における応用が期待されている。しかしながら、ナノ領域のサイズや形態に依存する物性を有効に発現させるには、厳密な形態制御が必要であり、所望の形状、サイズを有する金属酸化物の創出を目的として様々な研究がなされている。



例えば、特許文献1には、液相析出法(LPD法)の技術により、ナノオーダサイズのセラミックス三次元構造体を製造する方法が開示されており、特許文献2には、液相析出法により、基材上に、任意の形状にパターニングされたセラミックス薄膜を形成する方法が開示されている。



また、ナノオーダー平均粒子径を有する金属酸化物粒子を得る方法も提案されており、例えば、非特許文献1~3では、金属アルコキシドやハロゲン化物の加水分解を利用するゾルゲル法により、ナノオーダーの平均粒子径を有する金属酸化物粒子が得られる旨報告されている。
【特許文献1】
特開2004-131338号公報
【特許文献2】
特開2004-323946号公報
【非特許文献1】
Guangshe Li,ら、J. Am. Chem. Soc. 2005, 127, 8659-8666
【非特許文献2】
Markus Niederbergerら、Chem. Commun., 2005, 397-399
【非特許文献3】
Vicki L. Colvinら、J. Am. Chem. Soc. 1999, 121, 1613-1614

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、無機酸化物のナノ粒子とその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ノ粒子の製造方法であって、
主鎖にオキシアルキレン基を有し、且つ、分子鎖の末端に1~2個のヒドロキシル基(‐OH)を有する水溶性化合物の存在下で、金属フッ化物錯体水溶液またはケイ素のフッ化物錯体水溶液から、逆相ミセルを形成することなく、液相析出法によりナノ粒子を析出させることを特徴とするナノ粒子の製造方法。

【請求項2】
 
上記水溶性化合物の平均分子量が100~700である請求項1に記載のナノ粒子の製造方法。

【請求項3】
 
上記水溶性化合物が、ポリエチレングリコールである請求項1または2に記載のナノ粒子の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006223664thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close