Top > Search of Japanese Patents > NEW POLYNUCLEOTIDE, MARKER, PROBE AND PRIMER EACH FOR DETECTING PENICILLIUM MARNEFFEI AS PATHOGEN OF DEEP MYCOSIS USING THE SAME, METHOD FOR DETECTING THE PATHOGEN, AND KIT FOR THE METHOD

NEW POLYNUCLEOTIDE, MARKER, PROBE AND PRIMER EACH FOR DETECTING PENICILLIUM MARNEFFEI AS PATHOGEN OF DEEP MYCOSIS USING THE SAME, METHOD FOR DETECTING THE PATHOGEN, AND KIT FOR THE METHOD

Patent code P08A013946
File No. P04-023
Posted date Oct 31, 2008
Application number P2004-197446
Publication number P2005-341955A
Patent number P4576489
Date of filing Jun 7, 2004
Date of publication of application Dec 15, 2005
Date of registration Sep 3, 2010
Inventor
  • (In Japanese)横山 耕治
  • (In Japanese)王 麗
  • (In Japanese)スワラジット ケー ビスワス
  • (In Japanese)遠藤 成朗
  • (In Japanese)西村 和子
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 千葉大学
Title NEW POLYNUCLEOTIDE, MARKER, PROBE AND PRIMER EACH FOR DETECTING PENICILLIUM MARNEFFEI AS PATHOGEN OF DEEP MYCOSIS USING THE SAME, METHOD FOR DETECTING THE PATHOGEN, AND KIT FOR THE METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a technique for specifically detecting Penicillium marneffei as the pathogen of deep mycosis.
SOLUTION: The technique for specifically detecting Penicillium marneffei comprises detecting a specific base sequence as an example of gene sequences specific to Penicillium marneffei. For example, this technique comprises using a forward side primer of a specific base sequence and a reverse side primer of the specific base sequence and amplifying a gene fragment of the specific base sequence by PCR.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

最近、世界的なグローバル化が急速に進み、以前は地域が限定され風土病とされていた病気が、流行地からの原材料を扱う人や当地を訪問した人が感染し異動先などで発病する例が増加している。これらのうち真菌によって起こる病気を輸入真菌症と呼び、通常の深在性真菌症よりも深刻で、これらの原因菌は病原性が強く、重篤に至る率が高いため早急に同定診断する必要がある。また、バイオテロリズムなどに悪用される可能性も高いため、これらの菌種を迅速に検出・同定することが望まれている。ペニシリウム・マルネッフェイ(Penicilliummarneffei)は、コクシジオイデス・イミチス(Coccidioidesimmitis)と共に、危険度クラス3に属する真菌において、最も危険とされる菌であり、培養や培養後の取り扱いは慎重を要し、特定の設備を持った機関でのみ取り扱う必要がある。
従来の深在性真菌症原因菌としては、カンジダ(Candida、以下C.と略す。)属真菌、アスペルギルス(Aspergillus、以下A.と略す。)属真菌、クリプトコッカス(Cryptococcus、以下Cr.と略す。)属真菌などが知られているが、的確な治療などのために、これらの深在性真菌感染とペニシリウム・マルネッフィとを迅速に区別する必要がある。


近年、深在性真菌症は免疫不全患者に目和見感染症として増加しているが、その患者は重篤な基礎疾患を持つことが多く、早期に起炎菌を明らかにして的確な治療をすることが必要である。深在性真菌症の診断は血液培養法が基本であるが検出感度などに問題がある。これまでに抗体による診断薬が市販されているが、抗体による診断は免疫不全状態の患者には役立たない。このような現状で、近年、抗原やその他の菌体成分を直接検出する方法が開発されてきている。たとえば、マンナン、D一アラビニトル、グルカンなどを検出して感染を診断する方法が開発されている。一方、分子生物学の発展につれて、結核菌やクラミジアなど各種病原菌のDNAを抽出し、いわゆるPCR法などによって核酸を検出することによって診断する方法が開発されている。深在性真菌症の分野でもリボゾームRNAを検出して診断する方法などが提示されている(例えば、下記非特許文献1参照。)。本発明者らは、先にこれら各種真菌症の原因となる真菌のミトコンドリアに存在するチトクロームbの遺伝子に着目し、アスペルギルス属およびカンジダ属真菌を検出するために用いられる核酸を提供し、さらにそれを用いることによる簡便、迅速、特異的かつ高感度な深在性真菌症の原因菌、さらにはアスペルギルス属およびカンジダ属真菌の検出方法を開発した(例えば下記特許文献1、下記特許文献2参照。)。
【特許文献1】
特開2002-142774号公報
【特許文献2】
国際特許第98/10073号パンフレット
【非特許文献1】
「臨床病理」、43省補冊、1995年、119頁

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、新規ポリヌクレオチド、それを用いた深在性輸入真菌症原因菌ペニシリウム・マルネッフェイ(Penicilliummarneffei)の検出用マーカ、プローブ、プライマー、検出方法およびキットに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
配列番号2記載の塩基配列からなるポリヌクレオチドを含むペニシリウム・マルネッフェイを検出するためのプライマー。

【請求項2】
 
フォワード側プライマーである請求項1記載のプライマー。

【請求項3】
 
配列番号3記載の塩基配列からなるポリヌクレオチドを含むペニシリウム・マルネッフェイを検出するためのプライマー。

【請求項4】
 
リバース側プライマーである請求項3記載のプライマー。

【請求項5】
 
配列番号2記載の塩基配列からなるポリヌクレオチドを含むプライマーと、
配列番号3記載の塩基配列からなるポリヌクレオチドを含むプライマーと、を有するペニシリウム・マルネッフェイを検出するためのキット。

【請求項6】
 
配列番号2記載の塩基配列からなるポリヌクレオチドを含むペニシリウム・マルネッフェイを検出するためのプローブ。

【請求項7】
 
配列番号3記載の塩基配列からなるポリヌクレオチドを含むペニシリウム・マルネッフェイを検出するためのプローブ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004197446thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close