Top > Search of Japanese Patents > METHOD AND APPARATUS FOR DETECTING PHASE SEPARATION POINT OF MULTI-COMPONENT LIQUID

METHOD AND APPARATUS FOR DETECTING PHASE SEPARATION POINT OF MULTI-COMPONENT LIQUID

Patent code P08A013947
File No. P04-028
Posted date Oct 31, 2008
Application number P2004-212365
Publication number P2006-030096A
Patent number P4452880
Date of filing Jul 21, 2004
Date of publication of application Feb 2, 2006
Date of registration Feb 12, 2010
Inventor
  • (In Japanese)西川 恵子
  • (In Japanese)加藤 仁
  • (In Japanese)片柳 英樹
Applicant
  • (In Japanese)学校法人千葉大学
Title METHOD AND APPARATUS FOR DETECTING PHASE SEPARATION POINT OF MULTI-COMPONENT LIQUID
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a simple method for detecting an exact phase separation point, and to provide a method for creating a phase separation curve by using it.

SOLUTION: In the method for detecting the phase separation point in the case a plurality of liquids are blended, a first liquid is prepared, and a second liquid whose specific gravity is smaller than that of the first liquid, is dropped thereon; and after making the liquids diffused enough through an agitating process, a steady-state swirl is generated, thereby detecting the phase separation point. Alternatively, a coloring matter which is prone to melt in either the first liquid or the second liquid, is made to melt in the either the first or second liquids.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


液液相分離曲線(以下本明細書では単に「相分離曲線」という。)を作成することは溶液化学において重要であり、これまで様々な方法により多く作成されてきた。



相分離曲線を作成する方法は大まかに二つに分けられる。一つは、相分離の際に分子同士がクラスターを作るために溶液が白濁して見えるという性質を利用し、この白濁を目視又は分光学的手段により相分離点を判断し、これら相分離点を複数測定して相分離曲線を描き、相図を作成する方法である(例えば、非特許文献1参照)。もう一つは、予め二相に分かれた溶液を用意し、各相を別々に取り出し化学分析によりそれぞれの組成を求めて相分離曲線を描き相図を作成する方法である(例えば、非特許文献2参照)。

【非特許文献1】P.Westh and Y.Koga、J.Phys.Chem、1996、Vol.100、p433-p438

【非特許文献2】A.Arce,O.Rodriguez and A.Soto、J.Chem Eng.Data、2004、Vol49、p514-p517

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は多成分液体の相分離点の検出方法、更には相分離曲線を作成する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
複数の液体を混合して相分離点を検出する方法であって、
第一の液体に前記第一の液体よりも比重の小さい第二の液体を滴下し、撹拌して十分拡散させた後、定常状態の渦巻きを発生させ、相分離点を検出する方法。

【請求項2】
 
前記第一の液体又は前記第二の液体のいずれか一方の相に溶けやすい色素を、前記第一の液体又は前記第二の液体のいずれか一方に溶解させることを特徴とする請求項1に記載の相分離点を検出する方法。

【請求項3】
 
前記相分離点の検出は、目視にて行うことを特徴とする請求項1記載の相分離点を検出する方法。

【請求項4】
 
前記相分離点の検出は、前記溶液を画像情報として取り込み、該画像情報を解析することにより相分離点を検出することを特徴とする請求項1記載の相分離点を検出する方法。

【請求項5】
 
請求項1乃至4のいずれか記載の相分離点を検出する方法を用いて相分離点を検出し、相分離曲線を作成する方法。
Industrial division
  • (In Japanese)試験、検査
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004212365thum.jpg
State of application right Right is in force
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close