Top > Search of Japanese Patents > SIMPLE METHOD FOR EXAMINING DNA IN CELL OR TISSUE SENSITIVE TO GEFITINIB AND ANALOGOUS DRUG

SIMPLE METHOD FOR EXAMINING DNA IN CELL OR TISSUE SENSITIVE TO GEFITINIB AND ANALOGOUS DRUG

Patent code P08A013962
File No. P05-017
Posted date Oct 31, 2008
Application number P2005-038796
Publication number P2006-223137A
Patent number P4528967
Date of filing Feb 16, 2005
Date of publication of application Aug 31, 2006
Date of registration Jun 18, 2010
Inventor
  • (In Japanese)有吉 範高
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 千葉大学
Title SIMPLE METHOD FOR EXAMINING DNA IN CELL OR TISSUE SENSITIVE TO GEFITINIB AND ANALOGOUS DRUG
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a simple method for examining DNA in tissue sensitive to gefitinib and analogous drugs, and to provide a primer set to be used in the method.
SOLUTION: A 1st primer comprising a specific base sequence, a 2nd primer comprising a 2nd specific base sequence and a 3rd primer comprising a 3rd specific base sequence are provided, respectively. The primer set comprises these primers. The method for judging the mutation of a gene responsive to gefitinib and analogous drugs, is provided, by conducting a PCR using these primers and conducting an electrophoresis on the resulting PCR product.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


非小細胞肺癌(non-small cell lung carcinoma、NSCLC)の治療に用いられる医薬品gefitinibは、2002年7月に世界に先駆けて我が国で最初に承認された分子標的薬剤であり、本邦では、2004年12月末までに推定8万6千人以上が使用した。しかし、間質性肺炎等の重篤な肺障害の副作用が現れた患者数は報告されただけで1473人に上り、そのうち588人が死亡するに至っている。なお、患者3000人を対象とした市販後調査では、日本におけるこの副作用の発症率は突出して高いとされ、米国の7倍から20倍とも言われている。



しかしながら本剤は、奏効する患者には劇的な効果を示し、極めて有効な薬剤であることも事実である。したがって、gefitinibに応答性を示す患者(レスポンダー)を事前に予測することが可能となれば、重篤な副作用発生の危険を冒しながら効かない患者(ノンレスポンダー)に対して投与することは避けられ、レスポンダーのみに投薬する、即ち適正使用が実現できると考えられる。



最近、gefitinibが劇的に奏効した患者のほぼ全例において、本剤の標的分子であるEGFRのキナーゼドメインをコードする遺伝子領域とその近傍に特徴的な体細胞変異が認められ、本剤が奏効しなかった患者にはそれら体細胞変異が認められなかったことが報告されている。これら遺伝子変異を有するEGFRは、野生型に比べ活性が上昇しており、薬剤がより有効に作用するものと考えられている。この現象は、海外における複数の異なる医療機関から報告されているが、観察された症例数は未だ十分とは言えない。厚生労働省は、2005年1月20日に検討会を開催し、現時点において使用を制限する等の措置を講じる必要性は乏しく、引き続き安全対策をとりつつ適正使用を進めることが適当としながら、EGFR遺伝子変異と本剤の治療成績についての研究を早急に進めるべき、との見解を発表している。特に、日本人においては、特定の変異の頻度が欧米人に比べて著しく高いとの報告があり、本邦における検証が急務である。



Gefitinibに応答性を示す患者において見出された体細胞変異のうち、その大部分はexon19中の塩基欠失型変異と、exon21中の一塩基置換によるL858R及びL861Qのミスセンス変異であり、これら3種類の遺伝子変異を検出するだけで、既に報告されているgefitinibに応答性を示す患者症例における体細胞変異の9割以上が説明可能と考えることができる。



さらに本邦では未だ承認されていないが、海外ではすでに承認されている薬剤で、本剤と同様にEGFRを標的分子とした類薬(例えば、erlotinib)も、同じ変異を有する患者で有効であることが報告されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、gefitinib、及び類薬に感受性を示す細胞・組織におけるDNAの検査方法に好適なものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
配列番号1記載の塩基配列からなるプライマー、配列番号2記載の塩基配列からなるプライマー及び配列番号3記載の塩基配列からなるプライマー、を含んでなるgefitinib及びEGFRを標的分子としたgefitinibの類薬応答性遺伝子変異検出用プライマーセット。

【請求項2】
 
配列番号1記載の塩基配列からなるプライマー、配列番号2記載の塩基配列からなるプライマー及び配列番号3記載の塩基配列からなるプライマーを含むプライマーセットを含む反応溶液を用いてPCRを行う工程、
前記PCRを行う工程により得たPCR産物に対して電気泳動を行う工程、を有する
gefitinib及びEGFRを標的分子としたgefitinibの類薬応答性遺伝子変異の判定方法。

【請求項3】
 
配列番号4記載の塩基配列からなるプライマー及び配列番号5記載の塩基配列からなるプライマーを含んでなるgefitinib及びEGFRを標的分子としたgefitinibの類薬応答性遺伝子変異検出用プライマーセット。

【請求項4】
 
配列番号4記載の塩基配列からなるプライマー、及び、配列番号5記載の塩基配列からなるプライマーを含むプライマーセットを含む反応溶液を用いてPCRを行う工程、
前記PCRを行う工程により得たPCR産物に対して制限酵素を用いてPCR産物を切断する工程、を有するgefitinib及びEGFRを標的分子としたgefitinibの類薬応答性遺伝子変異の判定方法。

【請求項5】
 
前記制限酵素は、EaeI、またはそのイソシゾマーであることを特徴とする請求項4記載のgefitinib及びEGFRを標的分子としたgefitinibの類薬応答性遺伝子変異の判定方法。

【請求項6】
 
前記制限酵素は、PvuII、またはそのイソシゾマーであることを特徴とする請求項4記載のgefitinib及びEGFRを標的分子としたgefitinibの類薬応答性遺伝子変異の判定方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005038796thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close