Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING POROUS PARTICLE OF METALLIC PALLADIUM

METHOD FOR PRODUCING POROUS PARTICLE OF METALLIC PALLADIUM commons

Patent code P08A013963
File No. P05-019
Posted date Oct 31, 2008
Application number P2005-039806
Publication number P2006-225704A
Patent number P4415150
Date of filing Feb 16, 2005
Date of publication of application Aug 31, 2006
Date of registration Dec 4, 2009
Inventor
  • (In Japanese)長谷川 和幸
  • (In Japanese)服部 義之
  • (In Japanese)加納 博文
  • (In Japanese)金子 克美
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 千葉大学
Title METHOD FOR PRODUCING POROUS PARTICLE OF METALLIC PALLADIUM commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for producing porous particles of metallic palladium with higher efficiency.
SOLUTION: The method for producing the porous particles of metallic palladium comprises the steps of: scattering a palladium compound on a dried film made from polyvinyl alcohol or a derivative thereof, and making the compound adsorbed thereon; and eliminating the dried film having the palladium compound adsorbed thereon by heating.
Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、多孔質のパラジウム金属粒子(以下「パラジウム金属多孔質粒子」という。)及びその製造方法に関する。



パラジウムは水素化反応、選択水素化反応、酸化反応、脱水素反応、水素化分解、脱ハロゲン、カルボニレーション、脱カルボニレーション、オレフィンの移動化反応、デオキソ反応、水素化精製など多くの反応に使用されており、触媒、吸着材、ガス吸蔵材、燃料電池用電極材、選択透過膜等の機能材料として有用である。パラジウムを触媒として用いた場合、表面において分解、付加、置換反応が行われ、しかもその反応が律速となるため、比表面積の大きなものほど触媒活性が高くなることが知られており、比表面積の大きなパラジウム金属粒子とすることが望まれている。またこのことは吸着材やガス吸蔵材として用いた場合においても同様である。



比表面積の大きなパラジウム金属粒子を得るための従来の方法としては、活性炭粉末や高分子マトリックスに原子、イオン、分子等の化学種を分散させ、高温焼成や水素還元することが行われている。これにより得られたパラジウム触媒は、多孔質な化学種/高分子複合体又は化学種/炭素複合体になっており大きな比表面積を有している(例えば下記非特許文献1参照)。
【非特許文献1】
室井高城、“工業貴金属触媒-実用貴金属触媒の実際と応用-”、幸書房、2003年5月、7頁

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ポリビニルアルコール又はポリビニルアルコール誘導体からなる乾燥フィルムにパラジウム化合物を分散吸着させ、前記ポリビニルアルコール又は前記ポリビニルアルコール誘導体のヒドロキシル基によって前記パラジウム化合物におけるパラジウムイオンをパラジウム金属に還元させる工程、
加熱により前記乾燥フィルムを消失させる工程、を有するパラジウム金属多孔質粒子の製造方法。

【請求項2】
 
前記加熱により前記乾燥フィルムを消失させる工程は、還元性又は非酸化性の雰囲気で行われることを特徴とする請求項1記載のパラジウム金属多孔質粒子の製造方法。

【請求項3】
 
前記乾燥フィルムにおける前記ポリビニルアルコール又は前記ポリビニルアルコール誘導体は、鹸化度が60%以上であり、更に、数平均分子量が500以上20000以下であることを特徴とする請求項1記載のパラジウム金属多孔質粒子の製造方法。

【請求項4】
 
前記乾燥フィルムにおける前記ポリビニルアルコール又は前記ポリビニルアルコール誘導体は、側鎖官能基の60%以上がヒドロキシル基であることを特徴とする請求項1記載のパラジウム金属多孔質粒子の製造方法。

【請求項5】
 
前記パラジウム化合物は、有機酸塩又は無機酸塩の少なくとも1種以上を含んでなることを特徴とする請求項1記載のパラジウム多孔質金属体の製造方法。

【請求項6】
 
前記加熱により前記乾燥フィルムを消失させる工程は、400℃以上900℃以下の範囲内の温度で行うことを特徴とする請求項1記載の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005039806thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close