Top > Search of Japanese Patents > DIFFERENTIAL SCANNING CALORIMETER CAPABLE OF PERFORMING HIGH-PRESSURE MEASUREMENT AND DIFFERENTIAL SCANNING CALORIMETER APPARATUS USING SAME

DIFFERENTIAL SCANNING CALORIMETER CAPABLE OF PERFORMING HIGH-PRESSURE MEASUREMENT AND DIFFERENTIAL SCANNING CALORIMETER APPARATUS USING SAME

Patent code P08A013977
File No. P05-046
Posted date Oct 31, 2008
Application number P2005-128727
Publication number P2006-308335A
Patent number P4852740
Date of filing Apr 26, 2005
Date of publication of application Nov 9, 2006
Date of registration Nov 4, 2011
Inventor
  • (In Japanese)東崎 健一
  • (In Japanese)稲馬 秀明
  • (In Japanese)西川 恵子
  • (In Japanese)林 英子
  • (In Japanese)王 紹蘭
  • (In Japanese)簑原 誠人
  • (In Japanese)野口 恵
Applicant
  • (In Japanese)学校法人千葉大学
Title DIFFERENTIAL SCANNING CALORIMETER CAPABLE OF PERFORMING HIGH-PRESSURE MEASUREMENT AND DIFFERENTIAL SCANNING CALORIMETER APPARATUS USING SAME
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a differential scanning calorimeter which performs measurement with high sensitivity even when pressure is scanned under high pressure and a differential scanning calorimeter apparatus which has high responsiveness in pressure scanning.

SOLUTION: The differential scanning calorimeter comprises a metal frame comprising a tubular side wall member and a base member fixed to the side wall member, a pair of semiconductor thermoelectric elements which are arranged on the front side and back side of the base member of the metal frame, respectively, and a pair of metal caps which cover openings of the side wall member of the metal frame.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


高圧下で測定可能な示差走査型熱量計装置(DSC:Differential Scanning Calorimetry)は様々な会社で市販されているが、それらが加えることのできる圧力は最高でも100気圧程度までであり、ポリマーなどを調べるためにはより高圧(~5000気圧)が必要であると考えられている。また、市販のDSCでは測定中に圧力を走査させて測定するものはない。



一方で、高圧下での微小熱量の測定が可能なDSCとしては、市販されている示差走査型熱量計装置を改良し、約5000気圧まで圧力を加えることができるものが下記非特許文献1に記載されている。また100気圧以下であるが、市販されている示差走査型熱量計装置を改良し、圧力の走査を可能とした装置が下記非特許文献2に記載されている。



なお一方で、溶液中の生体高分子や水和物・溶媒和物などの分析では圧力を変化させることによる体積変化や、構造変化による熱量変化を分解能よく測定することが要求されており、その例として、圧力走査を行うことができない装置において、測定毎に圧力の値を変えてメタンハイドレートの共晶点を探る試みが下記非特許文献3に記載されている。




【非特許文献1】G.W.Hohne、Thermochim.Acta、1992年、332巻、115-123頁

【非特許文献2】S.L.Randzio、J.Phys.E:Sci.Instrum、1983年、16巻、691-694頁

【非特許文献3】D.Dalmazzone et al.、Am.Mineral、2004年、89巻、1183-1191頁

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は示差走査型熱量計及びそれを用いた示差走査型熱量計装置に関し、特に、高温下での熱流束の測定に好適なものに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
筒状の側壁部材と、該側壁部材に固定される台座部材と、からなる金属フレームと、
該金属フレームにおける前記台座部材の表裏面のそれぞれに配置され、測定試料又は参照試料を保持し、前記台座部材と前記測定試料の間の温度差に比例する熱起電力、又は、前記台座部材と前記参照試料の間の温度差に比例する熱起電力をそれぞれ発生させる一対の半導体熱電素子と、
前記金属フレームの側壁部材の開口部分を覆う一対の金属キャップと、を有し、
前記台座部材は、側壁部材近傍の厚さが、半導体熱電素子が配置される部分における厚さよりも薄い示差走査型熱量計。

【請求項2】
 
前記金属フレームの側壁部材の内周側に、セラミックス多孔質材からなる断熱材を配置してなることを特徴とする請求項1記載の示差走査型熱量計。

【請求項3】
 
前記金属フレーム周囲に配置される熱量計用ヒーターを有することを特徴とする請求項1記載の示差走査型熱量計。

【請求項4】
 
請求項1乃至3のいずれかに記載の示差走査型熱量計と、
該示差走査型熱量計を内部に配置可能な高圧容器と、
該高圧容器に配管を通して接続され、該高圧容器内部に圧力媒体が充填された場合に該圧力媒体の圧力を調整可能な高圧ポンプと、を有することを特徴とする示差走査型熱量計装置。
Industrial division
  • Measurement
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005128727thum.jpg
State of application right Right is in force
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close