Top > Search of Japanese Patents > SEMICONDUCTOR FUNCTION ELEMENT

SEMICONDUCTOR FUNCTION ELEMENT commons

Patent code P08A013981
File No. P05-056
Posted date Oct 31, 2008
Application number P2005-178650
Publication number P2006-351974A
Patent number P4491610
Date of filing Jun 17, 2005
Date of publication of application Dec 28, 2006
Date of registration Apr 16, 2010
Inventor
  • (In Japanese)崔 成伯
  • (In Japanese)吉川 明彦
  • (In Japanese)石谷 善博
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 千葉大学
Title SEMICONDUCTOR FUNCTION ELEMENT commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a photoelectric conversion function element of higher performance formed with an active layer including an InN crystal and a mixed crystal whose main component is InN.
SOLUTION: The photoelectric conversion function element is composed by laminating a p-type GaN clad layer, an InN active layer, and a clad layer including the mixed crystal whose main component is n-type InN in the order. Also, between the InN active layer and the p-type GaN clad layer, an intermediate layer is provided including the mixed crystal whose main component is InN.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来の光電変換機能素子は、n型クラッド層を下地層とし、その上に活性層、p型クラッド層を順次形成することにより構成されている。



活性層は、光電変換機能素子がカバーする波長領域の制御に関与する層であって、この材料としてInN結晶又はInNを主成分とする混晶を用いれば、近赤外領域又は光通信波長領域(約1.3μm~約1.55μm)をカバーすることができ、極めて有用となると考えられる。なお、活性層にInN結晶やInNを主成分とする混晶を用いる場合、これを高効率化するためには活性層をよりバンドギャップエネルギーの大きい窒化物半導体材料で挟み込むダブルへテロ構造をとることが必要であり、活性層の上側と下側はバンドギャップのより大きいクラッド層材料で構成される必要がある。この場合、キャリアの活性層領域への閉じ込めに必要なバンドギャップエネルギー差は約0.3eV以上であれば十分と考えられる。



また上記のとおり、従来の光電変換機能素子はn型クラッド層の上にp型クラッド層を形成した構成を採用するが、これは通常p型のクラッド層に比べてn型のクラッド層の方が結晶性が高く、下側に高品質なn型クラッド層を成長させることでより高品質な光電変換機能素子を実現することができるためである。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、発光ダイオード、レーザダイオード、太陽電池等の光電変換機能素子に関し、特に近赤外域・光通信波長域をカバーするものに好適なものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
p型のInx1Gay1Al1-x1-y1Nで表わされる窒化物混晶であってy1が0.5より大きなものであるクラッド層、InN活性層、n型のInx2Gay2Al1-x2-y2Nで表わされる窒化物混晶であってx2が0.5より大きなものである混晶を含むクラッド層の順に積層されてなる光電変換機能素子。

【請求項2】
 
前記InN活性層と、前記p型のInx1Gay1Al1-x1-y1Nで表わされる窒化物混晶であってy1が0.5より大きなものであるクラッド層との間に、Inx3Gay3Al1-x3-y3Nで表わされる窒化物混晶であってx3が0.5より大きなものである混晶を含む中間層を有してなることを特徴とする請求項1記載の光電変換機能素子。

【請求項3】
 
p型のInx1Gay1Al1-x1-y1Nで表わされる窒化物混晶であってy1が0.5より大きなものであるクラッド層、InN井戸層とInx4Gay4Al1-x4-y4Nで表わされる窒化物混晶であってx4が0.5より大きなものである混晶の障壁層を多数積層してなる多重量子井戸活性層、n型のInx2Gay2Al1-x2-y2Nで表わされる窒化物混晶であってx2が0.5より大きなものである混晶を含むクラッド層の順に積層されてなる光電変換機能素子。

【請求項4】
 
前記InN活性層は、単一量子井戸活性層であることを特徴とする請求項1記載の光電変換機能素子。

【請求項5】
 
前記InN活性層の厚さは、4.3nm以下であることを特徴とする請求項1記載の光電変換機能素子。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005178650thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close