Top > Search of Japanese Patents > HYDROPONIC APPARATUS

HYDROPONIC APPARATUS commons

Patent code P08A013991
File No. P05-088
Posted date Oct 31, 2008
Application number P2005-283931
Publication number P2007-089489A
Patent number P4759734
Date of filing Sep 29, 2005
Date of publication of application Apr 12, 2007
Date of registration Jun 17, 2011
Inventor
  • (In Japanese)佐藤 卓
  • (In Japanese)丸尾 達
  • (In Japanese)篠原 温
  • (In Japanese)アレハンドロ ラウル プエルタ
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 千葉大学
Title HYDROPONIC APPARATUS commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a hydroponic apparatus in which uniform culture solution concentration can be fed to all culture beds even when these beds are long and large, compared with conventional culture apparatuses and as a result, the difference of growing speed of crops in the upstream and downstream of the culture bed in the conventional each culturing apparatus is eliminated and culture of horticultural crops having uniform sizes which were difficult hitherto is made possible.
SOLUTION: A slope (secondary slope) (2) in the lateral direction is added to the apparatus in addition to a conventional slope (primary slope) (1) and a drip irrigation hose (10) is further installed along a culture bed (3) and it is made possible to feed the culture solution from the lateral direction thereby. As a result, the culture solution flows in a oblique direction on the culture bed toward a water-discharging channel (5) installed in the center. Therefore, the distance moving a face on the culture bed (3) of the culture solution fed from the drip irrigation hose (10) becomes short and lowering of a culture solution concentration by passing through the root system of a plant body becomes vanishingly small. As a result, the hydroponic apparatus for culturing the plant body having a uniform size is made possible.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、水耕栽培装置の一つにNutrient Film Technique (以下,NFTとする。)があり、植物体の栽培に用いられている。水耕栽培装置の利点としては、植物体へ供給する培養液を任意の濃度・量・時間に施用できることがあげられるが、地下部への酸素の供給が難点とされてきた。そこで、NFTは培養液の層を薄くフイルム状にすることによりこの難点を解消したものであり、近年、注目されている。(特許文献1)



しかし、従来のNFTでは、長大な栽培ベッドにした場合、栽培ベッドの上流と下流における作物の生育速度に差が生じ安く、均一な大きさの植物体を栽培することが困難であった。この原因は、培養液を供給する栽培ベッドの上流と下流で、培養液に濃度差が生じ、作物の生育に違いがでるといった問題が顕著に影響するためである。つまり,培養液タンクから供給された直後の栽培ベッド上流では、植物体の生育は促進される一方、栽培ベッドを下流に流れて行くにしたがい,培養液中の無機成分が植物に吸収されて、培養液の濃度が低下するために、下流では植物が吸収できる培養液が少なく、植物体の生育に差が生じ、商品価値を損なうことになる。



一方、培養液の濃度低下を防ぐ水耕栽培装置としては、例えば、中空導管状の栽培ベッドを傾斜させて培養液を充分に供給する水耕栽培装置や、(特許文献2)、培養液に対して浮力を有する栽培ベッドを育成棚に傾斜して配置する水耕栽培装置が提案されている。(特許文献3)しかし、この種の水耕栽培装置では、培養液が多量に必要となり、培養液回収、循環のため大型装置を要する。植物体によっては、培養液の過剰供給による根腐れ等の問題が生じ安い。
【特許文献1】
特開2000-50754号
【特許文献2】
特表2000-510706号
【特許文献3】
特開2004-344086号

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、水耕栽培装置、特に複数の植物体を育成する長大な栽培ベッドへ最適な培養液の供給を可能にする水耕装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
植物体を保持し、該植物体の根系へ培養液を供給する、長手方向に形成した一次傾斜と、幅方向に形成された二次傾斜の少なくとも二方向以上の傾斜面を有する栽培ベッドと
該栽培ベッドの傾斜面に該培養液を供給する培養液供給手段と、
該栽培ベッドから、培養液を排出する培養液回収手段を有し、
前記培養液供給手段は、培養液タンクに接続された培養液供給パイプと、栽培ベッドの長手方向に配置されたドリップイリゲーションホースと、を有し、更に、
前記栽培ベッド上に配置されるキャピラリーマットと、を有する水耕栽培装置。

【請求項2】
 
前記培養液供給手段は、栽培ベッドの長手方向に配置して、該記栽培ベッドの側面から、前記培養液を供給することを特徴とする請求項1記載の水耕栽培装置。

【請求項3】
 
前記栽培ベッドの長手方向に配置された培養液回収手段を備えたことを特徴とする請求項1記載の水耕栽培装置。

【請求項4】
 
前記培養液回収手段は、前記栽培ベッドから培養液を回収する該排水チャンネルと、該排水チャンネルで回収された培養液を蓄積する上記培養液タンクを有して構成されたことを特徴とする請求項1記載の水耕栽培装置

【請求項5】
 
前記培養液回収手段により回収した培養液を、前記培養液供給手段へ循環させる手段を有すること特徴とする請求項1記載の水耕栽培装置。

【請求項6】
 
前記栽培ベッドへの前記培養液の供給は、薄膜状に行うことを特徴とする請求項1記載の水耕栽培装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005283931thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close