Top > Search of Japanese Patents > AC-DRIVEN ELECTROCHEMICAL LIGHT EMITTING DEVICE

AC-DRIVEN ELECTROCHEMICAL LIGHT EMITTING DEVICE meetings

Patent code P08A013996
File No. P05-109
Posted date Oct 31, 2008
Application number P2005-325476
Publication number P2007-134143A
Patent number P4366505
Date of filing Nov 9, 2005
Date of publication of application May 31, 2007
Date of registration Sep 4, 2009
Inventor
  • (In Japanese)小林 範久
  • (In Japanese)森本 太郎
Applicant
  • (In Japanese)学校法人千葉大学
Title AC-DRIVEN ELECTROCHEMICAL LIGHT EMITTING DEVICE meetings
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a high-luminance AC-driven electrochemical light emitting device capable of responding at a high speed, and composed by ensuring the degree of freedom of distance between a pair of electrodes.

SOLUTION: The electrochemical light emitting device has the pair of electrodes, and a luminescent layer sandwiched between the pair of electrodes and containing a luminescent material. The electrochemical light emitting device is structured so that the luminescent layer is made to emit light by applying an AC voltage having a frequency not smaller than 50 Hz between the pair of electrodes.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


有機電界発光素子は正極、負極、これら正極と負極との間に挟持され蛍光性分子を含有する有機層とを有し、正極からは正孔を、負極からは電子を、それぞれこの蛍光性分子に注入し再結合させることにより発光させる素子であって、光源や表示装置をはじめとする様々な装置に応用が期待されている。



有機電界発光素子の特徴としては、電荷を直接注入するためnsecレベルでの応答が可能であること、蛍光性分子を含む有機層がサブμmレベルの厚さであるため薄型で軽量となること、が挙げられる。



しかしながら有機電界発光素子は、電荷注入が電極のフェルミレベルに依存するため正極、負極の材料が限定されてしまうこと、有機層をμm以上の膜厚としたい場合これが困難であること、高電界が駆動に必要であること、といった課題も有する。



一方、有機電界発光素子の上記課題を補う素子として電気化学発光素子が考えられている。電気化学発光素子は、陽極と、陰極と、この陽極及び陰極との間に挟持された発光分子を含有する溶液層とを有しており、陽極と陰極との間に電界を印加して陽極側から酸化反応を、陰極側から還元反応をそれぞれ進行させ、酸化された発光分子(以下「酸化体」という)と還元された発光分子(以下「還元体」という)との界面を接触させることにより発光を行う素子である。



しかし一方、電気化学発光素子は、上記のとおり電極反応で酸化体と還元体とを生成し、それらが接触する界面で発光させるものであるため、電圧印加から発光まで時間がかかってしまう、イオン伝導性を高くする即ちイオン化した発光材料(酸化体及び還元体)を安定化させる必要がある、という課題を残す。なお、高輝度、高速応答という観点からは一対の電極間距離が小さいことが極めて望ましいが、電極間距離が小さい場合は電極間距離の誤差が輝度及び応答速度に大きく影響を及ぼしてしまう虞があるため、一対の電極の距離の自由度は大きく確保されていることが望ましい。



なお電気化学発光素子に関する従来の技術として、一対の電極と、この電極の間に挟まれた発光材料、溶媒、及び発光材料を安定化する非イオン性化合物からなる発光助長性添加物が含有されている発光溶液と、を有し、電極から電荷が注入されイオン化した発光材料を安定化させ、発光を安定化させる電気化学発光素子に関する技術が下記特許文献1に記載されている。




【特許文献1】特開2002-324401号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は交流駆動電気化学発光素子に関し、例えば光源や表示装置に好適に用いられるものに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
一対の電極と、該一対の電極の間に挟持される発光材料を含有する発光層と、を有する電気化学発光素子であって、
前記発光層は、発光する駆動周波数が互いに異なる2種以上の発光材料を含み、
前記一対の電極間に周波数50Hz以上の交流電圧を、周波数を異ならせて印加することにより前記発光層を多色発光させる電気化学発光素子。

【請求項2】
 
前記発光層において含有されている前記2種以上の発光材料は、互いに平均粒径が異なる請求項1記載の電気化学発光素子。

【請求項3】
 
前記一対の電極間に様々な周波数の交流電圧を印加する電源装置を有することを特徴とする請求項1記載の電気化学発光素子。

【請求項4】
 
前記発光層は、高分子が含有されていることを特徴とする請求項1記載の電気化学発光素子。

【請求項5】
 
一対の電極と、該一対の電極の間に挟持される2種以上の発光材料を含有する発光層と、前記一対の電極間に様々な周波数の交流電圧を印加できる電源装置と、を有し、
前記発光層における前記2種以上の発光材料は、発光する周波数範囲が互いに異なり、
前記一対の電極間に、周波数を異ならせて交流電圧を印加することで多色発光させることができる電気化学発光素子。

【請求項6】
 
前記発光層において含有されている前記2種以上の発光材料は、互いに平均粒径が異なる請求項5記載の電気化学発光素子。

【請求項7】
 
前記発光層は、高分子が含有されている請求項5記載の電気化学発光素子。
Industrial division
  • Solid device
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005325476thum.jpg
State of application right Right is in force
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close