Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING NEW ASYMMETRIC IRIDIUM CATALYST, AND METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE β-HYDROXY-α-AMINO ACID DERIVATIVE BY USING THE CATALYST

METHOD FOR PRODUCING NEW ASYMMETRIC IRIDIUM CATALYST, AND METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE β-HYDROXY-α-AMINO ACID DERIVATIVE BY USING THE CATALYST commons

Patent code P08A014001
File No. P05-120
Posted date Oct 31, 2008
Application number P2005-356961
Publication number P2007-161609A
Patent number P4621918
Date of filing Dec 9, 2005
Date of publication of application Jun 28, 2007
Date of registration Nov 12, 2010
Inventor
  • (In Japanese)濱田 康正
  • (In Japanese)牧野 一石
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 千葉大学
Title METHOD FOR PRODUCING NEW ASYMMETRIC IRIDIUM CATALYST, AND METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE β-HYDROXY-α-AMINO ACID DERIVATIVE BY USING THE CATALYST commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for the efficient production of the anti-form of an optically active β-hydroxy-α-aminocarboxylic acid derivative useful as an intermediate for pharmaceuticals/agrochemicals.
SOLUTION: The method for producing an optically active β-hydroxy-α-aminocarboxylic acid derivative of formula (2) or formula (3) (R1 is a substituted or unsubstituted 1-20C alkyl or a substituted or unsubstituted 4-12C aromatic group; and R2 is a substituted or unsubstituted 1-20C alkyl or a substituted or unsubstituted 4-12C aromatic group) comprises the hydrogenation of an α-aminoacylacetic acid ester compound expressed by formula (1) (R1 and R2 are same as those defined above) by the catalytic asymmetric hydrogenation reaction in the presence of an acid.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


光学活性β-ヒドロキシ-α-アミノカルボン酸誘導体は、医・農薬等の生理活性物質をはじめとする、種々のファインケミカルで有用な化合物の重要な中間体である。



エリスロ型光学活性β-ヒドロキシ-α-アミノカルボン酸誘導体を製造する方法としては、アミノ基が無置換であるα-アミノアシル酢酸エステル化合物を、酸の存在下、ルテニウムまたはイリジウム-光学活性ホスフィン錯体を用いた触媒的不斉水素化反応により、アンチ選択的に光学活性β-ヒドロキシ-α-アミノカルボン酸誘導体を製造する方法が知られていた(例えば特許文献1、2、3並びに非特許文献1及び2参照。)。
【特許文献1】
PCT WO 2005005371
【非特許文献1】
J. Am. Chem. Soc. 2005, 127, p.5784-5785.
【非特許文献2】
Angew. Chem. Int. Ed. 2004, 43, p.882-884.

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、医・農薬の中間体として有用である光学活性β-ヒドロキシ-α-アミノカルボン酸誘導体の製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
式(1)
【化1】
 


[式中、R1は、C1-20アルキル基(該C1-20アルキル基はC4-12芳香族基(該芳香族基は、ハロゲン原子、C1-6アルキル基、C1-6アルコキシ基、C1-6アルコキシカルボニル基、C1-6アルキルカルボニルオキシ基又はCONR4R5(式中、R4及びR5は、それぞれ独立して、水素原子又はC1-6アルキル基を意味する。)で任意に置換されていてもよい。)、C1-6アルコキシ基、C1-6アルコキシカルボニル基又はCONR4R5 (式中、R4及びR5は、それぞれ独立して、水素原子又はC1-6アルキル基を意味する。)で任意に置換されていてもよい。)又はC4-12芳香族基(該芳香族基は、ハロゲン原子、C1-6アルキル基、C1-6アルコキシ基、C1-6アルコキシカルボニル基、C1-6アルキルカルボニルオキシ基(該C1-6アルキル基、C1-6アルコキシ基、C1-6アルコキシカルボニル基及びC1-6アルキルカルボニルオキシ基は、C4-12芳香族基(該芳香族基は、ハロゲン原子で任意に置換されていてもよい。)で任意に置換されていてもよい。)又はCONR4R5 (式中、R4及びR5は、それぞれ独立して、水素原子又はC1-6アルキル基を意味する。)で任意に置換されていてもよい。)を意味し、R2は、C1-20アルキル基(該C1-20アルキル基はC4-12芳香族基(該芳香族基は、ハロゲン原子、C1-6アルキル基、C1-6アルコキシ基、C1-6アルコキシカルボニル基、C1-6アルキルカルボニルオキシ基又はCONR4R5 (式中、R4及びR5は、それぞれ独立して、水素原子又はC1-6アルキル基を意味する。)で任意に置換されていてもよい。)、C1-6アルコキシ基、C1-6アルコキシカルボニル基又はCONR4R5 (式中、R4及びR5は、それぞれ独立して、水素原子又はC1-6アルキル基を意味する。)で任意に置換されていてもよい。)又はC4-12芳香族基(該芳香族基は、ハロゲン原子、C1-6アルキル基、C1-6アルコキシ基、C1-6アルコキシカルボニル基、C1-6アルキルカルボニルオキシ基又はCONR4R5 (式中、R4及びR5は、それぞれ独立して、水素原子又はC1-6アルキル基を意味する。)で任意に置換されていてもよい。)を意味する。]で表されるα-アミノアシル酢酸エステル化合物を、酸の存在下、触媒的不斉水素化反応により水素化することを特徴とする、式(2)又は式(3)
【化2】
 


[式中、R1及びR2は、前記と同じ意味を示す。]で表される光学活性β-ヒドロキシ-α-アミノカルボン酸誘導体の製造方法であって、
前記触媒的不斉水素反応に使用される触媒が、[Ir(cod)Cl]2-MeO-BIPHEP-NaBARF(式中codは1,5-シクロオクタジエンを、MeO-BIPHEPは(6,6’-ジメトキシビフェニル-2,2’-ジイル)ビス(ジフェニルホスフィン)を、NaBARFはナトリウムテトラキス(3,5-ビストリフルオロメチルフェニル)ボレートを意味する。)である光学活性β-ヒドロキシ-α-アミノカルボン酸誘導体の製造方法。

【請求項2】
 
反応系中にカルボン酸塩を加える請求項1記載の光学活性β-ヒドロキシ-α-アミノカルボン酸誘導体の製造方法。

【請求項3】
 
酸が強酸である請求項1記載の光学活性β-ヒドロキシ-α-アミノカルボン酸誘導体の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

22129_21SUM.gif
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close