Top > Search of Japanese Patents > PHASE CONJUGATION MIRROR

PHASE CONJUGATION MIRROR

Patent code P08A014004
File No. P05-119
Posted date Oct 31, 2008
Application number P2005-369037
Publication number P2007-171552A
Patent number P4649614
Date of filing Dec 22, 2005
Date of publication of application Jul 5, 2007
Date of registration Dec 24, 2010
Inventor
  • (In Japanese)尾松 孝茂
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 千葉大学
Title PHASE CONJUGATION MIRROR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a phase conjugation mirror showing higher reflectivity, wider band, high speed response and a high optical damage threshold.
SOLUTION: The phase conjugation mirror is constituted by using vanadate mixed crystal, and the vanadate mixed crystal contains at least any two of Nd:YVO4, Nd:GdVO4, ND:LuVO4 and Nd:LaVO4.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


位相共役波は、空間反転性を示す光であり、位相共役波を発生する位相共役鏡を用いると光が伝播中に受ける様々な位相歪を自動補償することができる。例えば、これを高出力レーザー装置に適用すると、レーザー装置に発生するいかなる熱収差も自動補償し、高いビーム品質を維持したまま高出力レーザーを発生させることができる。



そしてこの位相共役鏡を実現する物質として、近年、無秩序結晶(バナデート結晶)が注目を集めている。このレーザー結晶が示す飽和増幅効果と呼ばれる三次非線形光学効果を利用すると、高い反射率と高速応答を同時に満たす高機能な位相共役鏡を構築することができるのではないかと考えられている。



しかしながら、バナデート結晶のレーザー遷移の線幅は、1nm程度と狭く、サブピコ秒以下の超短波パルスレーザーのような広帯域レーザーでは極端な反射率の低下やスペクトル狭窄に伴うパルスブロードニングが起こってしまうため、現状では実用的な超短波パルスレーザー用の位相共役鏡は提供されていない。



なおパルスレーザー用の位相共役鏡としてRh:BaTiO3結晶を用い、このRh濃度、結晶方位、屈折率格子間隔を最適化し、ピコ秒領域で50%を超える位相共役波反射率を達成したとする報告がある。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、位相共役鏡に関し、特に、超短波パルスレーザーの制御に好適に用いられるものに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
Nd:GdxY1-xVO4(0.4≦x≦0.6)、Nd:LuxGd1-xVO40.4≦x≦0.6)またはNd:LaxGd1-xVO40.4≦x≦0.6)を含むバナデート混晶を用いる位相共役鏡。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005369037thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close