Top > Search of Japanese Patents > FLUID CONTROL METHOD AND FLUID DEVICE USING IT

FLUID CONTROL METHOD AND FLUID DEVICE USING IT meetings

Patent code P08A014006
File No. P06-006
Posted date Oct 31, 2008
Application number P2006-026356
Publication number P2007-203222A
Patent number P4517153
Date of filing Feb 2, 2006
Date of publication of application Aug 16, 2007
Date of registration May 28, 2010
Inventor
  • (In Japanese)大坪 泰文
  • (In Japanese)杉山 博昭
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 千葉大学
Title FLUID CONTROL METHOD AND FLUID DEVICE USING IT meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a fluid control method and a device handled more easily.
SOLUTION: The fluid control method generates a water flow by disposing a pair of electrodes in water and applying a direct current voltage. The fluid control device includes a housing capable of containing water, and a pair of electrodes disposed in the housing.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ある種の絶縁性液体に電場を与えると伝導率と誘電率の不均一性に起因して流体内部に循環流や二次流れが発生することがある。これは電気流体力学効果(Electrohydrodynamic効果、以下「EHD効果」という。)と呼ばれている。



これに関する技術として、例えば特許文献1乃至12に絶縁性の液体に電圧を印加して高速のジェット水流を発生させる技術が開示されている。



【特許文献1】
特許2817654号公報
【特許文献2】
特許3109268号公報
【特許文献3】
特許3109273号公報
【特許文献4】
特許3157804号公報
【特許文献5】
特許3179015号公報
【特許文献6】
特許3179016号公報
【特許文献7】
特許3179035号公報
【特許文献8】
特許3224985号公報
【特許文献9】
特許3225015号公報
【特許文献10】
特許3225016号公報
【特許文献11】
特許3245386号公報
【特許文献12】
特許3263346号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、流体制御方法及びそれを用いた流体デバイスに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
水中に、筒状電極と針状電極とを有する一対の電極を配置し、直流電圧を印加することによりジェット水流を発生させる流体制御方法であって、
前記水の導電率は、20kV/m以上70kV/m以下の範囲で電場を印加した場合に、10-5S/m以上1mS/m以下であり、
前記筒状電極と前記針状電極の距離は、0より大きく1cm以下であり、この間に1kV以上8kV以下の電圧を印加する流体制御方法。

【請求項2】
 
前記針状電極は、先端部分が露出し、該先端部分以外の部分が絶縁物により被覆されていることを特徴とする請求項1記載の流体制御方法。

【請求項3】
 
前記筒状電極の電圧を前記針状電極の電圧よりも高くすることを特徴とする請求項1記載の流体制御方法。

【請求項4】
 
水を収納可能な筒状のハウジングと、該ハウジング内に配置される筒状電極と針状電極とを有する一対の電極と、を有し、ジェット水流を発生させる流体デバイスであって、
前記水の導電率は、20kV/m以上70kV/m以下の範囲で電場を印加した場合において、10-5S/m以上1mS/m以下であり、
前記筒状電極と前記針状電極の距離は、0より大きく1cm以下である流体デバイス。

【請求項5】
 
前記針状電極は、先端部分が露出し、該先端部分以外の部分が絶縁物により被覆されていることを特徴とする請求項4記載の流体デバイス。

【請求項6】
 
前記一対の電極に接続され、前記筒状電極と前記針状電極の間に1kV以上8kV以下の電圧を印加し、かつ、筒状電極の電圧を前記針状電極の電圧よりも高くする電源装置を有することを特徴とする請求項4記載の流体デバイス
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006026356thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close