Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING NEW ASYMMETRIC NICKEL CATALYST AND METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE β-HYDROXY-α-AMINO ACID DERIVATIVE BY USING THE SAME

METHOD FOR PRODUCING NEW ASYMMETRIC NICKEL CATALYST AND METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE β-HYDROXY-α-AMINO ACID DERIVATIVE BY USING THE SAME commons

Patent code P08A014011
File No. P06-018
Posted date Oct 31, 2008
Application number P2006-055350
Publication number P2007-230914A
Patent number P4677562
Date of filing Mar 1, 2006
Date of publication of application Sep 13, 2007
Date of registration Feb 10, 2011
Inventor
  • (In Japanese)濱田 康正
  • (In Japanese)牧野 一石
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 千葉大学
Title METHOD FOR PRODUCING NEW ASYMMETRIC NICKEL CATALYST AND METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE β-HYDROXY-α-AMINO ACID DERIVATIVE BY USING THE SAME commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for efficiently producing an anti-isomer of an optically active β-hydroxy-α-aminocarboxylic acid derivative which is useful as an intermediate for medicines/agrochemicals.
SOLUTION: The method for producing the optically active β-hydroxy-α-aminocarboxylic acid derivative represented by formula (2) or formula (3) [wherein R1 is a substituted or unsubstituted 1-20C alkyl group or a substituted or unsubstituted 4-12C aromatic group; R2 is a substituted or unsubstituted 1-20C alkyl group or a substituted or unsubstituted 4-12C aromatic group] comprises hydrogenating an α-aminoacylacetic acid ester compound represented by formula (1) [R1 and R2 are each the same as mentioned above] by catalytic asymmetric hydrogenation reaction in the presence of an acid.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


光学活性β-ヒドロキシ-α-アミノカルボン酸誘導体は、医・農薬等の生理活性物質をはじめとする、種々のファインケミカルで有用な化合物の重要な中間体である。



エリスロ型光学活性β-ヒドロキシ-α-アミノカルボン酸誘導体を製造する方法としては、アミノ基が無置換であるα-アミノアシル酢酸エステル化合物を、酸の存在下、ルテニウム、ロジウムまたはイリジウム-光学活性ホスフィン錯体を用いた触媒的不斉水素化反応により、アンチ選択的に光学活性β-ヒドロキシ-α-アミノカルボン酸誘導体を製造する方法が知られていた(例えば特許文献1並びに非特許文献1及び2参照。)。
【特許文献1】
PCT WO 2005005371
【非特許文献1】
J. Am. Chem. Soc. 2005, 127, p. 5784-5785.
【非特許文献2】
Angew. Chem. Int. Ed.2004, 43, p. 882-884.

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、医・農薬の中間体として有用である光学活性β-ヒドロキシ-α-アミノカルボン酸誘導体の製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
式(1)
【化1】
 


[式中、R1は、C1-20アルキル基(該C1-20アルキル基はC4-12芳香族基(該芳香族基は、ハロゲン原子、C1-6アルキル基、C1-6アルコキシ基、C1-6アルコキシカルボニル基、C1-6アルキルカルボニルオキシ基又はCONR4R5(式中、R4及びR5は、それぞれ独立して、水素原子又はC1-6アルキル基を意味する。)で任意に置換されていてもよい。)、C1-6アルコキシ基、C1-6アルコキシカルボニル基又はCONR4R5(式中、R4及びR5は、それぞれ独立して、水素原子又はC1-6アルキル基を意味する。)で任意に置換されていてもよい。)又はC4-12芳香族基(該芳香族基は、ハロゲン原子、C1-6アルキル基、C1-6アルコキシ基、C1-6アルコキシカルボニル基、C1-6アルキルカルボニルオキシ基(該C1-6アルキル基、C1-6アルコキシ基、C1-6アルコキシカルボニル基及びC1-6アルキルカルボニルオキシ基は、C4-12芳香族基(該芳香族基は、ハロゲン原子で任意に置換されていてもよい。)で任意に置換されていてもよい。)又はCONR4R5(式中、R4及びR5は、それぞれ独立して、水素原子又はC1-6アルキル基を芦味する。)で任意に置換されていてもよい。)を意味し、R2は、C1-20アルキル基(該C1-20アルキル基はC4-12芳香族基(該芳香族基は、ハロゲン原子、C1-6アルキル基、C1-6アルコキシ基、C1-6アルコキシカルボニル基、C1-6アルキルカルボニルオキシ基又はCONR4R5(式中、R4及びR5は、それぞれ独立して、水素原子又はC1-6アルキル基を意味する。)で任意に置換されていてもよい。)、C1-6アルコキシ基、C1-6アルコキシカルボニル基又はCONR4R5(式中、R4及びR5は、それぞれ独立して、水素原子又はC1-6アルキル基を意味する。)で任意に置換されていてもよい。)又はC4-12芳香族基(該芳香族基は、ハロゲン原子、C1-6アルキル基、C1-6アルコキシ基、C1-6アルコキシカルボニル基、C1-6アルキルカルボニルオキシ基又はCONR4R5(式中、R4及びR5は、それぞれ独立して、水素原子又はC1-6アルキル基を意味する。)で任意に置換されていてもよい。)を意味する。]で表されるα-アミノアシル酢酸エステル化合物を、酸の存在下、触媒的不斉水素化反応により水素化することを特徴とする、式(2)又は式(3)
【化2】
 


[式中、R1及びR2は、前記と同じ意味を示す。]で表される光学活性β-ヒドロキシ-α-アミノカルボン酸誘導体の製造方法であって、
前記触媒的不斉水素反応に使用される触媒が、下記式(4)で示される光学活性2座ホスフィン配位子及びテトラアリールボレートのニッケル金属錯体である光学活性β-ヒドロキシ-α-アミノカルボン酸誘導体の製造方法。
【化3】
 


(式中、R3は水素原子、トリフルオロメチル基、ニトロ基、ハロゲン、アルコキシ基を意味し、R4はシクロヘキシル基、シクロペンチル基、イソプロピル基、tert-ブチル基、フェニル基、ナフチル基(該フェニル基およびナフチル基はC1-6アルキル基又はC1-6アルコキシ基で任意に置換されてもよい。)を意味し、絶対配置は(R)-(S)または(S)-(R)のどちらかを意味する。)
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

22139_19SUM.gif
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close