Top > Search of Japanese Patents > OPTICAL MEMBER RESTRICTING RANGE TO BE GAZED AND OPTICAL DEVICE USING THE SAME

OPTICAL MEMBER RESTRICTING RANGE TO BE GAZED AND OPTICAL DEVICE USING THE SAME

Patent code P08A014019
File No. P04-032
Posted date Oct 31, 2008
Application number P2004-223676
Publication number P2006-047341A
Patent number P4452881
Date of filing Jul 30, 2004
Date of publication of application Feb 16, 2006
Date of registration Feb 12, 2010
Inventor
  • (In Japanese)吉岡 陽介
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 千葉大学
Title OPTICAL MEMBER RESTRICTING RANGE TO BE GAZED AND OPTICAL DEVICE USING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To realize an optical member with which a visual field wider than that in the conventional practice can be kept, while restricting a range to be gazed by an observer to a specified range, and an optical device employing the same.
SOLUTION: The optical device has the optical member and a fixing member for fixing the optical member with respect to an observer. When a perpendicular line which is drawn to the optical member is assumed and a first point and a second point which are located at positions being symmetric across the perpendicular line are assumed, and moreover, a plurality of straight lines which extend radially from the first and second points respectively and penetrate the optical member are assumed, the optical member has a plurality of opaque members which are arranged along a plurality of the assumed radial straight lines.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


注視可能な範囲を制御するための光学装置は、視野機能に関する研究や視覚障害者の障害の程度をはかることを目的に利用されている。なお「注視」とは、人間が視力を集中して見つめることをいい、「注視可能な範囲」とは人間が眼球を動かすことにより注視できる範囲をいう。また「注視可能な範囲を制限する」とは、上記の注視可能な範囲を一定の範囲に制限することをいう。



従来の光学装置に関する技術として、被験者の眼前に開口を設置して注視可能な範囲を制限する技術がある(下記非特許文献1参照)。また、眼前に直径一ミリ程度の極小の孔を設置し、眼球の回旋点の位置と眼内に入ってくる光線との位置関係を利用して、視野を確保しながら注視可能な範囲を一定範囲に制限する技術がある(下記非特許文献2参照)。
【非特許文献1】
黒岩、岡崎、吉岡 「視野制限下と通常視野での注視行動の比較:廊下および階段の歩行時において」日本人間工学会誌、2001年2月、Vol.37、No.1、p.29‐40
【非特許文献2】
吉岡、一色 「探索歩行時にみられる特徴的行動と中心視および周辺視」日本人間工学会誌、2003年2月、Vol.39、No.1、p.9‐15

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、注視可能な範囲を制御するための光学部材およびそれを用いた光学装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
光学部材と、該光学部材を観察者に対して固定するための固定部材と、を有する光学装置であって、
前記光学部材は、前記観察者の眼球を想定し、前記観察者の眼球の回旋点から前記光学部材へおろす垂線を想定し、前記眼球における瞳孔の縁を前記垂線を挟んで対称な位置にある第一および第二の点として想定し、更に、前記第一および第二の点それぞれから放射状に延びかつ前記光学部材を貫く複数の直線を想定した場合に、前記想定した放射状の複数の直線に沿って配置される複数の不透明部材を有しており、
前記複数の不透明部材の各々は二つの端を有し、前記眼球の回旋点に近い側の端を第一の端、前記眼球の回旋点に遠い側の端をそれぞれ第二の端とし、
前記不透明部材の第一の端と前記眼球の回旋点とを結ぶ直線と前記垂線がなす角度を第一の角度と想定し、前記不透明部材の第二の端と前記回旋点とを結ぶ直線と前記垂線がなす角度を第二の角度を想定したとき、
隣り合う二つの不透明部材において、前記垂線に近い側の不透明部材における前記第二の角度が、前記垂線に遠い側の不透明部材における前記第一の角度以上である光学装置。

【請求項2】
 
前記複数の不透明部材は、前記垂線を挟んで対称に配置されていることを特徴とする請求項1記載の光学装置。

【請求項3】
 
複数の不透明部材を有する光学部材であって、
前記不透明部材は、前記光学部材を観察する観察者の眼球を想定し、前記眼球の回旋点から光学部材へおろす垂線を想定し、前記眼球における瞳孔の縁を前記垂線を挟んで対称な位置にある第一および第二の点として想定し、更に、前記第一および第二の点それぞれから放射状に延びかつ前記光学部材を貫く複数の直線を想定した場合に、前記想定した放射状の複数の直線上に沿って複数配置され
前記複数の不透明部材の各々は二つの端を有し、前記眼球の回旋点に近い側の端を第一の端、前記眼球の回旋点に遠い側の端をそれぞれ第二の端とし、
前記不透明部材の第一の端と前記眼球の回旋点とを結ぶ直線と前記垂線がなす角度を第一の角度と想定し、前記不透明部材の第二の端と前記回旋点とを結ぶ直線と前記垂線がなす角度を第二の角度を想定したとき、
隣り合う二つの不透明部材において、前記垂線に近い側の不透明部材における前記第二の角度が、前記垂線に遠い側の不透明部材における前記第一の角度以上である光学部材。

【請求項4】
 
前記複数の不透明部材は、前記垂線を挟んで対称に配置されていることを特徴とする請求項3記載の光学部材。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004223676thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close