Top > Search of Japanese Patents > MANUFACTURING METHOD OF SUDACHITIN AND NOBILETIN

MANUFACTURING METHOD OF SUDACHITIN AND NOBILETIN

Patent code P08A014033
File No. TUK20030993
Posted date Nov 7, 2008
Application number P2007-045931
Publication number P2008-208064A
Patent number P5119397
Date of filing Feb 26, 2007
Date of publication of application Sep 11, 2008
Date of registration Nov 2, 2012
Inventor
  • (In Japanese)河村 保彦
  • (In Japanese)津嘉山 正夫
  • (In Japanese)市川 亮一
  • (In Japanese)山本 幹二
  • (In Japanese)佐々木 貴啓
  • (In Japanese)辻 めぐみ
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人徳島大学
  • (In Japanese)徳島県
Title MANUFACTURING METHOD OF SUDACHITIN AND NOBILETIN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a manufacturing method of nobiletin for efficiently obtaining nobiletin and a manufacturing method of sudachitin as a precursor substance of nobiletin suitable for obtaining nobiletin.
SOLUTION: Citrus sudachi is subjected to an extraction treatment with an organic solvent under irradiation with microwaves to give an extract liquid containing sudachitin. Citrus sudachi is treated with a first step for an extraction treatment with an alcohol under irradiation with microwaves, a second step for an extraction treatment with hexane of the extract liquid obtained in the first step and a third step for an extraction treatment with ether of the aqueous layer obtained in the second step to give an extract liquid containing sudachitin, where the aqueous layer obtained by the ether extraction treatment in the third step is subjected to a hydrolysis treatment under irradiation with microwaves to give a solution containing sudachitin. The thus-obtained extract liquid containing sudachitin is methoxylated to give a nobiletin solution.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


柑橘類の果皮に含まれているフラボノイド成分であるポリメトキシフラボンは、抗酸化作用、発ガン抑制作用、抗菌抗ウイルス作用、抗アレルギー作用、メラニン生成抑制作用など、様々な機能性を有しており、医薬品、食品添加物や化粧料等の幅広い用途への応用が期待されている。



例えば下記式で示される構造をもつ、5,6,7,8,3’,4’-ヘキサメトキシフラボン(以下、これをノビレチンということがある。)は、抗潰瘍剤、アトピー性皮膚炎治療剤、美白化粧料、色素沈着症改善剤あるいは消臭剤等の成分として使用されている。



【化1】




柑橘類からこれらポリメトキシフラボンを得るには、例えばメタノールに柑橘類の果皮等を浸漬して得る場合、数日乃至数十日を必要とする。



これに対して、工業的に柑橘類からポリメトキシフラボンを得る方法として、例えば、柑橘類をエタノールで抽出した後、抽出液を多孔性吸着樹脂に通液して樹脂にノビレチンを吸着した後、エタノール溶液等でノビレチンを溶出させて回収する方法が開示されている(特許文献1参照)。この方法によれば、ノビレチンを高効率で回収することができ、工業的生産に適するとされている。
【特許文献1】
特開2005-145824公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、スダチチンおよびノビレチンの製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
スダチを、マイクロ波を照射しながらアルコールで抽出処理する第一の工程と、該第一の工程で得られる抽出液をヘキサンで抽出処理する第二の工程と、該第二の工程で得られる水層をエーテルで抽出処理し、得られる水層にメタノールおよび塩酸を加えて、マイクロ波を照射しながら加水分解処理して、スダチチンを含有する溶液を得る第三の工程と、を有することを特徴とするスダチチンの製造方法。

【請求項2】
 
請求項1記載のスダチチンの製造方法で得られるスダチチンを含有する溶液をメトキシ化して得ることを特徴とするノビレチンの製造方法。

【請求項3】
 
硫酸ジメチルまたは炭酸ジメチルを用いてメトキシ化することを特徴とする請求項2記載のノビレチンの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close