Top > Search of Japanese Patents > MANUFACTURING METHOD OF FINE-GRAINED COMPOSITE MATERIAL WITH FINE-GRAINED POWDER COMPLEXED

MANUFACTURING METHOD OF FINE-GRAINED COMPOSITE MATERIAL WITH FINE-GRAINED POWDER COMPLEXED commons meetings

Patent code P08P005921
Posted date Nov 27, 2008
Application number P2007-132127
Publication number P2008-284589A
Patent number P5077933
Date of filing May 17, 2007
Date of publication of application Nov 27, 2008
Date of registration Sep 7, 2012
Inventor
  • (In Japanese)渡辺 義見
  • (In Japanese)佐藤 尚
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 名古屋工業大学
Title MANUFACTURING METHOD OF FINE-GRAINED COMPOSITE MATERIAL WITH FINE-GRAINED POWDER COMPLEXED commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a manufacturing method of a fine-grained composite material in which fine grains are uniformly or gradient dispersion, and the size of a product is relatively large.
SOLUTION: Mixed powder is manufactured, in which metal powder as mother phase and fine-grained powder to be complexed therewith are mixed, a mold of a centrifugal casting device is rotated to apply the centrifugal force, and the mold is heated in advance. By pouring a molten base metal melted in a melting furnace into the rotating mold, a fine-grained composite material is manufactured, in which the fine-grained particles are firmly fixed to the mother phase and uniformly or gradient dispersion in the mother phase.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


金属との濡れ性が悪く微細な粉末を金属母相中に複合化することは困難である。これまで、微細粒子を金属母相に複合化する方法として、非特許文献1に示される溶湯攪拌混合法が用いられてきた。溶湯攪拌混合法とは、母相となる金属溶湯を攪拌し、攪拌中の溶湯に微細粒子粉末を少量ずつ添加することによって金属母相と微細粉末を複合化させる方法である。この方法は、金属母相中に微細粒子を均一分散させる事ができるが傾斜分散させることが不可能である欠点をもつ。また、この方法は、少量の鋳造においても攪拌時間を2時間程度必要とするため実用的でない。



金属母相中に粒子を傾斜分散させる方法として、遠心力鋳造法が提案されている。非特許文献2に示されているように、遠心力鋳造法は、安価な設備で巨大な製品の製造が可能であるという長所を有するが、微細粒子を傾斜分散させる事が困難である欠点を有する



従来、微細粒子粉末などを傾斜分散させる手段として、特許文献1に示されるような放電プラズマ焼結法(SPS法)が用いられてきた。SPS法は、低温・短時間で微細粒子が傾斜分散した製品を作製する事ができるが、巨大な製品を製造することが不可能であることや設備費が高価である欠点を有するために実用的でない。しかしながら、微細粉末を用いた微細粒子複合材料を作製する方法は、現時点でSPS法のみである。
【特許文献1】
特開2002-47504
【非特許文献1】
彦坂武夫,木村與司雄,川本直樹,黒沢和芳; 愛知県工業技術センター報告, 30(1994)13.
【非特許文献2】
Y. Watanabe, A. Kawamoto and K. Matsuda; Comp. Sci. Tech., 62 (2002) 881.

Field of industrial application (In Japanese)


本発明内容は、金属母相と濡れ性が悪く微細な粉末を金属母相中に均一あるいは傾斜分散させた微細粒子複合材料の製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
材である金属粉末と複合化させたい微細粒子粉末が混合している混合粉末を作製し、この混合粉末を遠心力鋳造装置の型に投入して、型を回転させることによって遠心力印加および型の予備加熱を行い、回転中の型へ溶解炉で溶解された前記金属母材の溶湯を流し込むことによって、微細粒子が前記母材からなる母相に強固に固定され母相中に均一あるいは傾斜分散された微細粒子複合材料を製造する方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007132127thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close