Top > Search of Japanese Patents > SOFTWARE DEVELOPMENT SUPPORT SYSTEM

SOFTWARE DEVELOPMENT SUPPORT SYSTEM meetings

Patent code P08P004950
File No. 4102
Posted date Dec 5, 2008
Application number P2005-041235
Publication number P2006-085668A
Patent number P4855692
Date of filing Feb 17, 2005
Date of publication of application Mar 30, 2006
Date of registration Nov 4, 2011
Priority data
  • P2004-238831 (Aug 18, 2004) JP
Inventor
  • (In Japanese)新屋敷 泰史
  • (In Japanese)三瀬 敏朗
  • (In Japanese)橋本 正明
  • (In Japanese)中谷 多哉子
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title SOFTWARE DEVELOPMENT SUPPORT SYSTEM meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a software development support system efficiently and correctly setting a specification for dealing with an abnormal system, and improving quality of built-in software to be developed.
SOLUTION: This software development support system A comprises: a user interface part 20 equipped with an input means 20a for receiving input of feature information related to software from a user, and an output means 20b for presenting information to a software developer; a database 21 constructed based on data including a relationship between the feature information and abnormal phenomena related to the feature information, a relationship among the respective abnormal phenomena, and a processing content in response to the abnormal phenomena; and a calculation processing part 22 for searching for corresponding data stored in the database 21 according to data of features received by the user interface part 20 to acquire abnormal events to be considered for the development object software and for generating a specification based on the acquired events.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ソフトウェアの障害に関する障害を分析するシステムが従来提供されている(例えば特許文献1)。このシステムはソフトウェアにおいて発生した障害の名称や、障害が発生した環境、症状や対応者が特定した発生原因、登録した日付などを登録し、これら登録した情報を用いて、障害の分析やグラフ化などを自動的に実行し、発生原因の割合の分析を行うものである。また商品出荷後でのフィールド稼働後の障害情報の管理を含めてハードウェアの障害を面的に分析するシステムが提供されている(特許文献2)。
【特許文献1】
特開2000-293411号公報
【特許文献2】
特開2003-233686号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は機器等に組み込むソフトウェアの作成に用いるソフトウェア開発支援システムに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
開発対象のソフトウェアを用いるハードウェア要件と該ソフトウェアの機能仕様と動作環境とを含む前記ソフトウェアの特徴情報を使用者から受け付ける入力手段と使用者に情報を提示する出力手段を備えたユーザーインターフェース部と、
前記特徴情報と非正常現象との関連を含む関連情報が格納されたデータベースと、
前記特徴情報が前記入力手段から与えられると前記データベースに格納されている前記関連情報を検索し、与えられた前記特徴情報に関連する前記非正常現象を取得して、取得した前記非正常現象に基づいた非正常仕様の生成を行うとともに、生成した前記非正常仕様と前記特徴情報に含まれている正常仕様とを合成して前記ソフトウェアの全体仕様として前記出力手段を介して提示する演算処理部とを備えていることを特徴とするソフトウェア開発支援システム。

【請求項2】
 
前記データベースは、
開発対象のシステムに関連する情報の運び手をキャリアとし、前記キャリアの送信元を情報発信者とし、前記キャリアの経路を情報フローパスとし、前記キャリアを変換するものを情報受信者として、
前記情報受信者と前記情報発信者と前記情報フローパスとを伝達者種別とし、夫々の名称と前記キャリアとを関連付けて記述した利用キャリア対応テーブルと、
前記情報受信者の種別毎に、例外要因の種別と、影響を受ける前記キャリアと、影響内容とを関連付けて記述した受信者例外種別テーブルと、
前記情報フローパスの種別毎に、妨害例と、影響を受ける前記キャリアと、影響内容とを関連付けて記述した情報フローパス妨害例テーブルと
の3つのテーブルを前記関連情報として格納していることを特徴とする請求項1記載のソフトウェア開発支援システム。

【請求項3】
 
前記関連情報は前記非正常現象間の関連を含んでおり、
前記演算処理部は、前記特徴情報および取得済みの他の前記非正常現象との関連により前記非正常現象を更に展開し、組み合わせにより連鎖的に発生する前記非正常現象を取得する分析機能を備えることを特徴とする請求項1または請求項2に記載のソフトウェア開発支援システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005041235thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close