Top > Search of Japanese Patents > MATERIAL DETECTION METHOD

MATERIAL DETECTION METHOD meetings

Patent code P08P006230
File No. 21398
Posted date Dec 5, 2008
Application number P2007-137501
Publication number P2008-292270A
Patent number P4783755
Date of filing May 24, 2007
Date of publication of application Dec 4, 2008
Date of registration Jul 15, 2011
Inventor
  • (In Japanese)細川 和生
  • (In Japanese)前田 瑞夫
Applicant
  • (In Japanese)独立行政法人理化学研究所
Title MATERIAL DETECTION METHOD meetings
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a means for detecting simply with high sensitivity an analysis object such as a biomolecule.

SOLUTION: This method detects a material in a microchip having the first channel and at least two branch channels branched from the first channel, and includes: sending specimen solution into the first channel wherein a capturing material having a portion bondable to a detection material is immobilized on the inner wall; and approximately simultaneously sending the first solution including the first material bondable directly or indirectly to the detection material and the second solution including the second material bondable directly to the first material from each different branch channel into the first channel after sending. The first material and the second material have two or more portions bondable to the other material respectively, and detection of the detection material is performed in the first channel during sending and/or after sending of the first solution and the second solution.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


プローブ核酸とターゲット核酸とのハイブリダイゼーション、抗原-抗体相互作用、レセプター-リガンド相互作用、タンパク-タンパク相互作用、DNA-タンパク相互作用等の生体分子の相互作用を利用して、蛋白質、核酸等の生体分子を検出することが広く行われている。例えば、抗原-抗体反応を利用した蛋白質の検出方法の一例が非特許文献1および2に開示されている。

【非特許文献1】R. Bakalova et al. J. Am. Chem. Soc. 2005年, 127巻, 9328-9329ページ.

【非特許文献2】C. X. Luo et al. Lab Chip 2005年, 5巻, 726-729ページ.

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、蛋白、核酸等の物質を検出する方法に関し、より詳しくは、分析種を簡便かつ高感度に検出し得る物質検出方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
第一流路および第一流路から分岐する少なくとも2つの分岐流路を有するマイクロチップにおいて物質を検出する方法であって、
被検出物質と結合可能な部位を有する捕捉物質が内壁に固定化された第一流路内へ検体溶液を送液すること、ならびに、
上記送液後の第一流路内へ、被検出物質と直接または間接に結合可能な第一物質を含む第一溶液、および第一物質と直接結合可能な第二物質を含む第二溶液を、異なる分岐流路から略同時に送液することを含み、
第一物質および第二物質は、それぞれ他方の物質と結合可能な部位を2つ以上有し、
上記第一溶液および第二溶液の送液中および/または送液後の第一流路において、被検出物質の検出を行う物質検出方法。

【請求項2】
 
検体溶液の送液中ならびに/または送液後かつ第一溶液および第二溶液の送液前に、被検出物質と結合可能な部位および第一物質と結合可能な部位を有する連結物質を含む溶液を第一流路内へ送液することを含む請求項1に記載の物質検出方法。

【請求項3】
 
上記検体溶液の送液および連結物質含有溶液の送液は、検体溶液および連結物質含有溶液を、異なる分岐流路から第一流路内へ略同時に送液することによって行われる請求項2に記載の物質検出方法。

【請求項4】
 
第一物質および第二物質の少なくとも一方は、他方の物質と結合可能な部位を3つ以上有する請求項1~3のいずれか1項に記載の物質検出方法。

【請求項5】
 
上記送液中、第一溶液および第二溶液はそれぞれ層流を形成する請求項1~4のいずれか1項に記載の物質検出方法。

【請求項6】
 
第一物質および/または第二物質は標識を含む請求項1~5のいずれか1項に記載の物質検出方法。

【請求項7】
 
上記被検出物質の検出は、第一溶液および第二溶液の送液中および/もしくは送液後の第一流路における標識の有無を観察することにより、ならびに/または、該流路において標識から得られるシグナルを測定することにより行われる請求項6に記載の物質検出方法。

【請求項8】
 
被検出物質は生体分子である請求項1~7のいずれか1項に記載の物質検出方法。

【請求項9】
 
生体分子は蛋白質または核酸である請求項8に記載の物質検出方法。

【請求項10】
 
捕捉物質は被検出物質に対する抗体である請求項9に記載の物質検出方法。

【請求項11】
 
検体溶液の送液前に、第一流路へブロッキング溶液を送液することを更に含む請求項1~10のいずれか1項に記載の生体分子検出方法。
Industrial division
  • Therapeutic hygiene
  • (In Japanese)試験、検査
IPC(International Patent Classification)
State of application right Right is in force
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close