Top > Search of Japanese Patents > METHOD AND DEVICE FOR HIGH-FREQUENCY SIGNAL INTERPOLATION

METHOD AND DEVICE FOR HIGH-FREQUENCY SIGNAL INTERPOLATION meetings achieved foreign

Patent code P08P005355
File No. 5027
Posted date Dec 12, 2008
Application number P2005-210124
Publication number P2007-025480A
Patent number P4701392
Date of filing Jul 20, 2005
Date of publication of application Feb 1, 2007
Date of registration Mar 18, 2011
Inventor
  • (In Japanese)佐藤 寧
Applicant
  • (In Japanese)学校法人九州工業大学
Title METHOD AND DEVICE FOR HIGH-FREQUENCY SIGNAL INTERPOLATION meetings achieved foreign
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To generate an excellent high-frequency band signal with simple constitution and to perform practical high-frequency band signal interpolation.

SOLUTION: A digital audio signal reproduced by digital audio equipment performing compression is supplied as a source signal to an input terminal 1, and the source signal is supplied to, for example, a Hilbert transforming circuit 2 for generating an analytic signal, whose real part R and imaginary part I are independently extracted. Further, the real part R and imaginary part I are supplied to squaring circuits 3 and 4 respectively and squared signals of them are added together by an adding circuit 5, whose addition signal is supplied to a square root circuit 6 to extract an envelope component of the source signal. The envelope component includes a higher harmonic component. Then, the higher harmonic component of the envelope component extracted by the square root circuit 6 is extracted by a high-pass filter (HPF) 7 and a high-frequency band part of the source signal from the input terminal 1 is removed by a low-pass filter (LPF) 8 to generate a signal; and these signals are added together by an adding circuit 9 and the resulting signal is output to an output terminal 10.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来の高域信号補間では、被補間信号を周波数変換することにより補間用信号を生成している(例えば、特許文献1参照。)。



また、原信号に相関のない高周波信号を加算しているものもある(例えば、特許文献2参照。)。



すなわち、高域信号補間において、従来は周波数変換により補間用信号を生成したり、原信号に相関のない高周波信号を加算したりしているものである。

【特許文献1】特開2004-184472号公報

【特許文献2】特開平1-131400号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、例えばMP3のような圧縮を伴うデジタルオーディオ機器や、電話機等に使用して好適な高域信号補間方法及び高域信号補間装置に関する。詳しくは、圧縮等によって欠落している高域信号を擬似的に補間するようにしたものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
オーディオ信号の解析信号を生成し、前記解析信号からその実部と虚部を求めるステップと
前記オーディオ信号の実部と虚部それぞれを自乗回路により2乗するステップと
前記自乗回路から得られる実部と虚部を加算した後、その平方根をとることにより、前記オーディオ信号の包絡成分を形成するステップと、
前記包絡成分からハイパスフィルタを用いて高調波部分を取り出すステップと
前記オーディオ信号に前記ハイパスフィルタからの出力を加算するステップと、を含む高域信号補間方法。

【請求項2】
 
入力端子に供給されるオーディオ信号の解析信号を生成し、前記解析信号からその実部と虚部を求める解析回路と、
前記解析回路で求められた前記オーディオ信号の実部と虚部それぞれを2乗する自乗回路と、
前記自乗回路から得られる実部と虚部を加算した後、その平方根をとることにより、前記オーディオ信号の包絡成分を形成する包絡成分形成回路と、
前記包絡成分から高調波部分を取り出すためのハイパスフィルタと
前記オーディオ信号に前記ハイパスフィルタからの出力を加算する加算回路と、を備える高域信号補間装置。

【請求項3】
 
前記入力端子に供給されるオーディオ信号は、前記高調波部分が含まれないように帯域制限を行うローパスフィルタを介して前記加算回路に供給される、
請求項2に記載の高域信号補間装置。

【請求項4】
 
前記入力端子に供給されるオーディオ信号には、予め前記高調波部分が含まれないように帯域制限が施されている、
請求項2または3に記載の高域信号補間装置。

【請求項5】
 
前記解析回路は、ヒルベルト変換回路で構成される、請求項2~4のいずれかに記載の高域信号補間装置。
Industrial division
  • Electric application devices
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005210124thum.jpg
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close