Top > Search of Japanese Patents > LIGHT EMISSION DEVICE HAVING HIGH INFRARED RAY RADIATING FUNCTION

LIGHT EMISSION DEVICE HAVING HIGH INFRARED RAY RADIATING FUNCTION

Patent code P08A014138
Posted date Dec 19, 2008
Application number P2002-212182
Publication number P2004-053155A
Patent number P4029143
Date of filing Jul 22, 2002
Date of publication of application Feb 19, 2004
Date of registration Oct 26, 2007
Inventor
  • (In Japanese)春川 順市
  • (In Japanese)清水 俊彦
  • (In Japanese)横山 英明
  • (In Japanese)上本 進
  • (In Japanese)甲斐 光男
  • (In Japanese)中島 真司
  • (In Japanese)水内 陽造
Applicant
  • (In Japanese)防衛装備庁長官
  • (In Japanese)旭化成株式会社
Title LIGHT EMISSION DEVICE HAVING HIGH INFRARED RAY RADIATING FUNCTION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To improve the radiation of infrared ray of the plume produced from an exhaust device of an infrared ray emitting device releasing the infrared ray when the infrared ray induction flying object comes, so that the radiation of infrared ray is increased when it is observed from a rear part of the exhaust device, and the deceptive effect is increased.
SOLUTION: In this infrared ray emitting device for protecting an aircraft from the flying object by the induction of infrared ray, a member having an air inlet hole 3 is mounted on the exhaust device, whereby the secondary combustion effect of the released infrared ray radiative product can be increased, and a combustion temperature is raised, and further the high infrared ray is radiated by enlarging a diameter of the plume. As a straightening device for controlling the shape of the plume is mounted on a rear part of an injection hole of the exhaust device, the shape of the plume produced by releasing the infrared ray radiative product can be arbitrarily changed, whereby the infrared ray radiating characteristic same as the plume of the aircraft can be obtained.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来の赤外線発光装置は、図10に示すように筒状のケース6と、発光剤7と、発光剤を燃焼させるための点火装置8と、発光剤の燃焼により発生する火炎を放出する排気装置1(推進ノズル兼火炎放出口2)及び飛しょう安定翼9から構成される。また、その火炎から効率的な赤外線を放射させるための技術として、上記排気装置の推進ノズルと火炎放出口が別々に設けられ、発光剤の燃焼により発生する火炎を1個又は複数個の推進ノズル及び複数個の火炎放出口から放出するものがある。尚、推進ノズル及び火炎放出口は火炎温度を低下させないため、単純な円筒状の孔が好ましいとされている(特開2000-28299)。さらに、プルームを増強するために火炎放出口を円錐台の形状にしたものも開示されている(United States Patent Number:5,610,364)。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は航空機の飛行中において、他の航空機等の赤外線誘導飛しょう体から追尾を受けた際に、自己の航空機を防御するために放出される赤外線発光装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
赤外線誘導による飛しょう体から航空機を防御する点火装置と発光剤と該発光剤を燃焼させるためのケースと燃焼によって生じた赤外線放射生成物を放出する排気装置と飛しょう安定翼から成る赤外線発光装置において、該排気装置の排気口の開口角が50°以上で且つ空気取り入れ孔を有し燃焼ガスに空気を混合する部材を排気口の後部に備えたことを特徴とする高赤外線放射機能を有する発光装置。

【請求項2】
 
赤外線誘導による飛しょう体から航空機を防御する点火装置と発光剤と該発光剤を燃焼させるためのケースと燃焼によって生じた赤外線放射生成物を放出する排気装置と飛しょう安定翼から成る赤外線発光装置において、該排気装置の排気口の開口角が50°以上で且つ排気口後部にプルーム形状制御用の整流器を備えたことを特徴とする高赤外線放射機能を有する発光装置。

【請求項3】
 
赤外線誘導による飛しょう体から航空機を防御する点火装置と発光剤と該発光剤を燃焼させるためのケースと燃焼によって生じた赤外線放射生成物を放出する排気装置と飛しょう安定翼から成る赤外線発光装置において、該排気装置の排気口の開口角が50°以上で且つ空気取り入れ孔を有し燃焼ガスに空気を混合する部材を排気口の後部に備え、さらにその後部にプルーム形状制御用の整流器を備えたことを特徴とする高赤外線放射機能を有する発光装置。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002212182thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close