Top > Search of Japanese Patents > APPARATUS FOR TYPICALLY DETERMINING SHIP'S ORIENTATION

APPARATUS FOR TYPICALLY DETERMINING SHIP'S ORIENTATION

Patent code P08A014150
Posted date Dec 19, 2008
Application number P2004-353486
Publication number P2006-162406A
Patent number P3968442
Date of filing Dec 7, 2004
Date of publication of application Jun 22, 2006
Date of registration Jun 15, 2007
Inventor
  • (In Japanese)国枝 健一
  • (In Japanese)里見 晴和
Applicant
  • (In Japanese)防衛装備庁長官
Title APPARATUS FOR TYPICALLY DETERMINING SHIP'S ORIENTATION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an apparatus for typically determining a ship's orientation capable of detecting a target ship without using any acoustic nor magnetic means and of computing its relative orientation.
SOLUTION: The apparatus comprises; an electric field detector 10 which has a pair of electrodes 2-1, 2-2 and a pair of electrodes 2-3, 2-4 for detecting respective two-point potential differences on first and second axis lines intersecting perpendicularly, and has an electrode 2-5 at a point on a third axis line perpendicular to the above first and second axis lines; a potentiometer 4-1 which outputs a signal proportional to the potential difference of the pair of electrodes 2-1, 2-2; a potentiometer 4-2 which outputs a signal proportional to the potential difference of the pair of electrodes 2-3, 2-4; a composition circuit 3 which computes a composite potential of total four points of above electrodes; a potentiometer 4-3 which outputs a signal proportional to the potential difference between the composite potential and that of the electrode 2-5; a horizontal orientation computing circuit 5 which computes a relative orientation of the ship in the horizontal plane from outputs of the potentiometers 4-1, 4-2; and an elevation angle computing circuit 7 which computes an elevation angle of the ship from outputs of the potentiometers 4-1, 4-2 and 4-3.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、電界信号により船体と検出器との位置偏奇量を推定する方法(下記特許文献1)があるが、この方法では航走もしくは停止している船体の相対的な方位を知ることは出来ない。



さらに、1個の検出器により移動目標の相対位置を推定する方法(下記特許文献2)があるが、この方法では船体が等速直線運動していない場合若しくは停止している場合には相対的な船体方位を知ることは出来ない。



また、複数の検出器を所定距離で配置し、それぞれの受信信号の差から移動目標の相対位置を検出する方法(下記特許文献3)があるが、複数の検出器を離して配置するため、装置の小型化が図れないこと及び配置に高精度を要するため製造が難しいという問題がある。



また、船舶が発生する振動を基に各成分の大きさを正規化した数値により船舶の直上通過を検出する方法(下記特許文献4)があるが、この方法は逆正接の計算を要するため、船舶の航走位置によっては計算値が極めて大きな値となるため産業上利用する場合においては係る状況を回避するための手段が必要となり実用性に乏しい問題がある。



上述の如く、磁気信号、音響信号又は船体振動を用いずに船体の相対的な方位を概定するための有効な方法が従来無かった。



【特許文献1】
特許第3148986号公報
【特許文献2】
特許第3395136号公報
【特許文献3】
特許第2500347号公報
【特許文献4】
特開平5-187912号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、海を航行する船体の相対方位を概定する装置に係り、特に電界信号の検出手段を備えて、静的な電界信号を有する船体の相対方位を海中にて概定する船体方位概定装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
相互に直交する第1及び第2の軸線上のそれぞれ2点の水中の電位差を検出する第1の電極の対及び第2の電極の対とを有し、さらに、前記第1及び第2の軸線の交点を通り前記第1及び第2の軸線に垂直な第3の軸線上で前記交点よりも上方の1点にある第3の電極を有し、水中に配置されて水中の電界を検知する電界検出器と、
前記第1の電極の対の電位差に比例した信号を出力する第1の電位差計と、
前記第2の電極の対の電位差に比例した信号を出力する第2の電位差計と、
前記第1の電極の対及び第2の電極の対の合計4点の電極の合成電位を計算する合成回路と、
前記第3の電極と前記合成電位との電位差に比例した信号を出力する第3の電位差計と、
前記第1及び第2の電位差計の出力から船体の水平面内の相対方位を計算する水平方位計算回路と、
前記第1、第2及び第3の電位差計の出力から船体の仰角を計算する仰角計算回路とを備えていることを特徴とする船体方位概定装置。

【請求項2】
 
深度計をさらに備えている請求項1記載の船体方位概定装置。

【請求項3】
 
前記水平方位計算回路及び前記仰角計算回路の出力情報を保管するデータ記憶器をさらに備えている請求項1又は2記載の船体方位概定装置。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004353486thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close