Top > Search of Japanese Patents > CELL CULTURE SUBSTRATE AND METHOD FOR PRODUCING THE CELL CULTURE SUBSTRATE

CELL CULTURE SUBSTRATE AND METHOD FOR PRODUCING THE CELL CULTURE SUBSTRATE

Patent code P08P005802
File No. PN0608-02
Posted date Dec 19, 2008
Application number P2006-298230
Publication number P2008-113580A
Patent number P5124125
Date of filing Nov 1, 2006
Date of publication of application May 22, 2008
Date of registration Nov 2, 2012
Inventor
  • (In Japanese)大熊 恒雄
  • (In Japanese)石川 和裕
  • (In Japanese)境 勝義
  • (In Japanese)渡部 和彦
  • (In Japanese)伊藤 聰一郎
Applicant
  • HOKKAIDO SODA CO.,LTD.
  • Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science
  • Tokyo Medical and Dental University
Title CELL CULTURE SUBSTRATE AND METHOD FOR PRODUCING THE CELL CULTURE SUBSTRATE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a cell culture fiber material that is easy for cells to adhere and proliferate and having proper handleability, and to provide a cell culture substrate and a method for producing the cell culture substrate.
SOLUTION: The cell culture substrate comprises a fiber material, which is integrated with a base plate and obtained by dispersing chitosan fibers formed by electrospinning in a solvent, and then subjecting the dispersion to homogenization to obtain a slurry liquid, and then coating the product to the base plate followed by heating or freeze-drying. A method for producing the cell culture substrate is also provided. In the substrate, the fiber material is of a mesh form, and the fiber diameter is 5 μm or smaller.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


細胞培養法は、医学、生物学の研究において最も汎用される方法の一つである。細胞培養法において用いられる細胞培養基材は、細胞を培養するのに好適なものであること、例えば、細胞が付着しやすい、細胞が増殖しやすいことが求められる。



そこで、例えば、少なくとも、微粒子と、親水性成分と、を含む微粒子含有親水性高分子ゲルからなることを特徴とする細胞培養基材が提案されている(特許文献1参照)。このような培養基材は、細胞の接着性がよく、簡便に回収できるものであるが、ゲル状であるため取り扱いにくく、また保存しにくいという問題がある。



また、酸性生体高分子と塩基性生体高分子との複合体を少なくともその表面に含む成形物よりなる軟骨細胞培養用の担体が提案されている(特許文献2参照)。しかしながら、特許文献2のような担体は、例えば、24穴プレート等の非常に小さな基板上に置いて使用する場合、シートが非常に小さくなるために取り扱いにくいという問題があった。



また、細胞培養基材の製造方法としては、例えば、重量平均分子量10万以上のポリ乳酸を、任意の割合で水に溶解しうる有機化合物を含有する溶媒に溶解する段階と、前記段階で製造された溶液を静電紡糸法にて紡糸する段階、および捕集基板に累積される繊維構造体を得る段階を含む細胞培養基材の製造方法が提案されている(特許文献3参照)。特許文献3の細胞培養基材の製造方法は、いわゆる静電紡糸法によるものであるが、均一な大きさ、及び厚さの繊維構造体を得にくいという問題があった。また、繊維体の大きさを自由に設定することができないという問題があった。



【特許文献1】
特開2005-027532号公報(特許請求の範囲等)
【特許文献2】
特開2002-291461号公報(特許請求の範囲等)
【特許文献3】
特開2004-290133号公報(特許請求の範囲等)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、細胞を培養するための細胞培養繊維体、細胞培養基材、及びその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
エレクトロスピニングにより形成されたキトサン繊維を溶媒に分散させ、これをホモジナイズしたスラリー液を乾燥させることにより得た、繊維が絡み合った繊維体からなることを特徴とする細胞培養繊維体。

【請求項2】
 
基板と、基板上に設けられた細胞培養繊維体とからなる細胞培養基材であって、前記細胞培養繊維体が、エレクトロスピニングにより形成されたキトサン繊維を溶媒に分散させ、これをホモジナイズしたスラリー液を前記基板に塗布して乾燥させることにより得られ、前記基板と一体となった、繊維が絡み合った繊維体からなることを特徴とする細胞培養基材。

【請求項3】
 
請求項2に記載の細胞培養基材において、前記細胞培養繊維体がメッシュ状であることを特徴とする細胞培養基材。

【請求項4】
 
請求項2又は3に記載の細胞培養基材において、前記細胞培養繊維体が、繊維径が5μm以下の繊維からなることを特徴とする細胞培養基材。

【請求項5】
 
基板と、基板上に設けられた細胞培養繊維体とからなる細胞培養基材の製造方法であって、キトサン類を含むキトサン溶液をエレクトロスピニングにより繊維化してキトサン繊維を形成する工程と、前記キトサン繊維と溶媒とをホモジナイズすることによりスラリー液を形成する工程と、前記スラリー液を前記基板に塗布して乾燥させることにより当該基板と一体となった、繊維が絡み合った繊維体を形成する工程とを具備することを特徴とする細胞培養基材の製造方法。

【請求項6】
 
請求項5に記載の細胞培養基材の製造方法において、前記乾燥が加熱乾燥であることを特徴とする細胞培養基材の製造方法。

【請求項7】
 
請求項5に記載の細胞培養基材の製造方法において、前記乾燥が凍結乾燥であることを特徴とする細胞培養基材の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006298230thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close