Top > Search of Japanese Patents > RARE METAL/PLATINUM-BASED METAL EXTRACTANT, AND METHOD FOR EXTRACTING RARE METAL/PLATINUM-BASED METAL

RARE METAL/PLATINUM-BASED METAL EXTRACTANT, AND METHOD FOR EXTRACTING RARE METAL/PLATINUM-BASED METAL meetings

Patent code P08A014181
Posted date Jan 9, 2009
Application number P2007-122166
Publication number P2008-274383A
Patent number P5145536
Date of filing May 7, 2007
Date of publication of application Nov 13, 2008
Date of registration Dec 7, 2012
Inventor
  • (In Japanese)近藤 良彦
  • (In Japanese)柴山 敦
  • (In Japanese)濱田 文男
  • (In Japanese)山田 学
  • (In Japanese)赤間 三浩
  • (In Japanese)今井 貴紀
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人秋田大学
Title RARE METAL/PLATINUM-BASED METAL EXTRACTANT, AND METHOD FOR EXTRACTING RARE METAL/PLATINUM-BASED METAL meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a rare metal/platinum-based metal extractant having a completely new structure which cannot be seen in the conventional rare earth/platinum-based metal extractants and having excellent extracting performance and also to provide a method for extracting rare metal/platinum-based metal using the same.
SOLUTION: The rare metal/platinum-based metal extractant is characterized as follows: a solution in which several rare metals/platinum-based metals are dissolved is brought into contact with a solution in which a cyclic phenol sulfide expressed by general formula (1) is dissolved, and thereby, each rare metal/platinum-based metal is transferred to the cyclic phenol sulfide solution and each rare metal/platinum-based metal can be extracted.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


日本では、レアメタル及び白金系金属、例えばコバルト(Co)、ルテニウム(Ru)、ロジウム(Rh)、パラジウム(Pd)、オスミウム(Os)、イリジウム(Ir)、白金(Pt)、チタン(Ti)、バナジウム(V)、クロム(Cr)、マンガン(Mn)、亜鉛(Zn)イットリウム(Y)、ジルコニウム(Zr)、ニオブ(Nb)、銀(Ag)、カドミニウム(Cd)、ランタン(La)、セリウム(Ce)、ネオジウム(Nd)、ユーロピウム(Eu)、テルビウム(Tb)、金(Au)、水銀(Hg)、ウラン(U)などは、触媒をはじめとして、水素貯蔵合金、電池、磁石など用途は多岐に渡っている。これら金属のほとんどは輸入に頼っており、資源の安定的な供給、環境保護の観点から、これらレアメタル及び白金系金属のリサイクルが重要な課題となっている。



現在、工場からの不良品、廃棄物、廃水等から効率的なレアメタルなど有用金属の回収方法として、廃棄されたものを酸処理などの後水溶液とし、そこからレアメタルなどを抽出する溶媒抽出法がある。その溶媒抽出の抽出剤として様々な抽出剤が販売され、利用されている。しかし、この処理のときに産出される水溶液は様々なpH・濃度条件であり、また、様々な金属種類が混在している。このような条件の水溶液から選択的に金属を抽出することは、現状では多段階的且つ様々な抽出剤を複合して使用するなど、多くの時間や多大なコストが必要である。
【特許文献1】
特開平11-179104号公報
【特許文献2】
特開平11-199581号公報
【特許文献3】
特開2000-107505号公報
【特許文献4】
特開2000-178271号公報
【特許文献5】
特開2001-149884号公報
【非特許文献1】
Chem. Lett., 6, 2001. Talanta 62, 337, 2004

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、工場からの不良品、廃棄物、廃水等からレアメタルなど有用金属を回収する新規なレアメタル、白金族系金属抽出剤及びレアメタル、白金族系金属抽出方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
一般式(1)
【化1】
 


(式中、Rは水素原子であり、Yは炭化水素基であり、Zはスルフィド基、スルフィニル基、又はスルホニル基であり、nは6である。)で表される環状フェノール硫化物を含有する、ジルコニウム及び/又はパラジウム抽出剤

【請求項2】
 
前記Yが、tert-ブチル基である、請求項1に記載のジルコニウム及び/又はパラジウム抽出剤。

【請求項3】
 
前記Zが、スルフィド基である、請求項1又は2に記載のジルコニウム及び/又はパラジウム抽出剤。

【請求項4】
 
ジルコニウム及び/又はパラジウムを含む溶液から、ジルコニウム及び/又はパラジウムを選択的に抽出する、請求項1~3のいずれかに記載のジルコニウム及び/又はパラジウム抽出剤。

【請求項5】
 
ジルコニウム及び/又はパラジウムを含む水溶液からジルコニウム及び/又はパラジウムを選択的に抽出する方法であって、
前記ジルコニウム及び/又はパラジウムを含む水溶液に、下記一般式(1)で表される環状フェノール硫化物を含有する有機溶液を接触させる工程、
【化1】
 


(式中、Rは水素原子であり、Yは炭化水素基であり、Zはスルフィド基、スルフィニル基、又はスルホニル基であり、nは6である。)
を備える、ジルコニウム及び/又はパラジウムの抽出方法。

【請求項6】
 
前記ジルコニウム及び/又はパラジウムを含む水溶液が、さらに、ロジウム、プラチナ、セリウム、バリウム、アルミニウム、ランタン、イットリウムからなる群から選ばれる一種以上の金属を含有する、請求項5に記載のジルコニウム及び/又はパラジウムの抽出方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

22511_11SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close