Top > Search of Japanese Patents > VIRTUAL REALITY IMAGE DISPLAYING DEVICE

VIRTUAL REALITY IMAGE DISPLAYING DEVICE

Patent code P08P005386
File No. GI-H17-67
Posted date Jan 16, 2009
Application number P2006-033925
Publication number P2007-213407A
Patent number P4734640
Date of filing Feb 10, 2006
Date of publication of application Aug 23, 2007
Date of registration May 13, 2011
Inventor
  • (In Japanese)木島 竜吾
  • (In Japanese)高橋 優三
  • (In Japanese)北林 一良
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人岐阜大学
Title VIRTUAL REALITY IMAGE DISPLAYING DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a virtual reality image display device which makes an image displayed on a display perfectly fit to an image, which is expected according to the athletic sense of operator, to increasingly reduce a disagreement between the operator's athletic sense and a sense of sight which the operator acquires or a positional disagreement, between the contents of display and a location of an object existing in a real space.
SOLUTION: The virtual reality image displaying device is provided with a motion-measuring means 11 and 13 which measure variations of motion of the head part of an operator U and output the variations; an image correction means 50 which cuts out images, based on a measurement result value for prescribed time obtained by the motion-measuring means 13 and makes a display 33 display the cut images; and a measurement-time management means 40, which correlates an image generated by an image-generating means 21 with the first timing T1 and transmits it to the image correction means 50 and also transmits the second timing T2, for the measurement made by the motion-measuring means 13, to the image correction means 50.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来のVR/MRシステムの電気的回路構成の一例を図12に示す。このVR/MRシステムは、図12に示すように、ディスプレイ4と、該ディスプレイ4の位置姿勢を感知する磁気センサ1と、該磁気センサ1による検出データを出力する運動検出装置2と、該運動検出装置2の出力データに基づいて画像を生成し出力する画像生成装置3とからなり、該画像生成装置3の画像出力をディスプレイ4に表示する。



ディスプレイ4を操作者の頭部に装着し、ここに備えられた磁気センサ1の出力を運動検出装置2を介して出力し、この検出出力で検知した頭部の動きに応じて前記画像生成装置3が仮想現実画像を生成してディスプレイ4に出力することで、広い空間を見回すようなシステムが作成されている(非特許文献1参照)。
【非特許文献1】
木島竜吾、山田英二郎、小鹿丈夫、「Reflex HMD -前提反射機能を備えたHMDの開発-」日本バーチャルリアリティ学会論文誌,vol. 6,pp. 107-114,日本バーチャルリアリティ学会,2001

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ディスプレイに表示される画面の内容を操作者の動作や運動に基づいて変化させるシステム(VR:バーチャル・リアリティ・システム/MR:ミックスド・リアリティ・システム、以下「VR/MRシステム」という。)について、この画面変化を操作者の動作等に完全に合致させるようにした、仮想現実画像表示装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
操作者の頭部の動きを計測する第1運動計測手段と、該第1運動計測手段による計測の第1タイミングの検出出力に応じた画像を生成する画像生成手段と、該生成された画像の一部が切り出されて表示されるディスプレイとを備え、該ディスプレイの表示画像を前記操作者の運動感覚により期待される画像に合致させる仮想現実画像表示装置であって、
前記操作者の頭部の動きの変化を計測して出力する第2運動計測手段と、
該第2運動計測手段による所定時間分の計測結果値に基づいて前記画像切出しを行い前記ディスプレイに表示させる画像補正手段と、
該画像補正手段に前記生成された画像と前記第1タイミングとを関連づけて伝達するとともに前記第2運動計測手段による計測の第2タイミングを前記画像補正手段に伝送する計測時管理手段とを備え、
前記画像切出しの位置を前記第2運動計測手段による前記第1タイミングと前記第2タイミングとの間の差分計測結果値に応じて変更させることを特徴とする仮想現実画像表示装置。

【請求項2】
 
前記画像生成手段によって生成された画像と前記第1運動計測手段によって計測された第1タイミングとの関連づけが、前記生成された画像出力に対して前記第1タイミングの時点を示す情報を付加すること、または前記補正手段に対して前記生成された画像と前記第1タイミングの時点を示す情報とを同時に出力することによってなされることを特徴とする請求項1に記載の仮想現実画像表示装置。

【請求項3】
 
前記第1タイミングの時点を示す情報が、タイムスタンプに用いられる時刻又はクロックをカウントアップしたクロックカウンタ値であることを特徴とする請求項1又は2に記載の仮想現実画像表示装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006033925thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close