Top > Search of Japanese Patents > NEW METHOD FOR PRODUCING POLYSACCHARIDES

NEW METHOD FOR PRODUCING POLYSACCHARIDES

Patent code P08A014222
Posted date Feb 13, 2009
Application number P2007-023905
Publication number P2007-231266A
Patent number P5205569
Date of filing Feb 2, 2007
Date of publication of application Sep 13, 2007
Date of registration Mar 1, 2013
Priority data
  • P2006-025166 (Feb 2, 2006) JP
Inventor
  • (In Japanese)山崎 栄次
  • (In Japanese)栗田 修
  • (In Japanese)中林 徹
  • (In Japanese)苔庵 泰志
Applicant
  • (In Japanese)三重県
Title NEW METHOD FOR PRODUCING POLYSACCHARIDES
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for producing polysaccharides, by which the polysaccharides can simply be extracted in a few processes at a lowered viscosity as much as possible to improve workability.
SOLUTION: This method for producing the polysaccharides comprises extracting a raw material in which the polysaccharides are wholly distributed, such as Corchorus olitorius, Basella rubra, Abelmoschus esculentus Moench, or Dioscorea batatas, with a 40 to 80 %W/V ammonium sulfate aqueous solution. The obtained polysaccharides can re-extracted and then subjected to a desalting treatment to fractionate the polysaccharides.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


食品に利用されている増粘剤は、穀物(デンプンなど)、海草類(カラギーナン、寒天、アルギン酸など)、樹脂(アラビアガムなど)および果実(ガラクトマンナン、ペクチンなど)などに含まれる多糖類を原料として製造される。多くの場合、増粘多糖類は原料の特定部位に局在しているので、この特定部位を集めれば、比較的簡単に抽出することができる(たとえば、非特許文献1を参照)。



一方、モロヘイヤ、ツルムラサキなどの植物では、独特の物性を有する多糖類を豊富に含有している(たとえば、非特許文献2を参照)。これらの植物では、多糖類が植物全体に分布しており、前記特定部位が認め難い。このため、多糖類を得るために、相当の工夫が必要となる。従来技術を用いると、求める増粘多糖類の性質に合わせて、酸やアルカリなどの溶剤抽出を行った後、カラムクロマトグラフィーなどを組み合わせて抽出・精製するため、工程が複雑で各工程間で抽出効率が低くなってしまう。また、アルカリ抽出では、酸性多糖類のみが抽出され、それ以外の多糖類の抽出は困難であるといったように、得られる増粘多糖類の種類は、用いる手段によって限られてしまう(たとえば、非特許文献3を参照)。
さらに、増粘多糖類を含む原料は、溶媒抽出の際に粘度が上昇し、ろ過などに時間を要し、作業性が悪い。このため、大量の溶媒で希釈するなどして、粘度を下げる必要があった。



【非特許文献1】
岡崎直道、佐野征男、「食品多糖類」、幸書房、2001年11月25日、p.43―204
【非特許文献2】
Ohtani K, Okai K, Yamashita U, Yuasa I,and Misaki A. (1995). Biosci. Biotech. Biochem., 59, 378-381.
【非特許文献3】
松田 和雄、「多糖の分離・精製法」、学会出版センター、1987年2月28日、p.19-113。
【非特許文献4】
Dubois M., Gilles K. A., Hamilton J. K., Rebers P. A., and Smith F. (1956). Analytical Chemistry, 28, 350-356.

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、多糖類を簡単に抽出および分画する技術、及びこの技術を使用して得られる多糖類から製造される増粘剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
モロヘイヤ、ツルムラサキ、オクラおよび伊勢いもからなる群から選択される原料から多糖類を抽出するに際して、40%W/V~80%W/Vの硫安水溶液を用いて、前記多糖類を沈澱させることを特徴とする多糖類の抽出方法。

【請求項2】
 
請求項1に記載の方法で抽出された多糖類を水に分散・溶解させ、再度沈殿させた後に、水に分散・溶解させ、その上清の脱塩処理を行うことを特徴とする多糖類の分画方法。

【請求項3】
 
請求項1または2に記載の方法によって得られた多糖類を用いて製造されたことを特徴とする増粘剤。

【請求項4】
 
前記原料がモロヘイヤであり、この多糖類から製造された増粘剤と、カラギーナン、キサンタンガム、ローカストビーンガム、またはグアーガムのうちの少なくともいずれか一種とを含有することを特徴とする請求項3記載の増粘剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007023905thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close