Top > Search of Japanese Patents > WATER QUALITY INSPECTION DEVICE AND METHOD

WATER QUALITY INSPECTION DEVICE AND METHOD

Patent code P08A014224
File No. KP06-091
Posted date Feb 13, 2009
Application number P2007-050428
Publication number P2008-215885A
Patent number P5017647
Date of filing Feb 28, 2007
Date of publication of application Sep 18, 2008
Date of registration Jun 22, 2012
Inventor
  • (In Japanese)洲さき敏伸
  • (In Japanese)吉村知里
  • (In Japanese)大村現
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人神戸大学
Title WATER QUALITY INSPECTION DEVICE AND METHOD
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a toxic substance detection method capable of detecting a toxic substance in an environment quickly with high sensitivity, and a water quality inspection device and the toxic substance detection method capable of evaluating quantitatively also a chronic toxic substance simply with high sensitivity.

SOLUTION: The water quality inspection device and method are characterized in that interminglement of a toxic substance in test water is detected by using biological activity of a heriozoan as an index.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、水質検査、水質モニタリングのために生物活性度を指標として水中の毒性物質を評価することが行なわれており、たとえば、検査対象となる水(以下、検水と略称する。)が注入された水槽に金魚、コイ、フナ等の魚類に代表される水棲生物を飼育し、一定時間経過後のこれら水棲生物の挙動や致死率から水質異常を検知する水質検査システム、硝化菌、鉄酸化菌等を固定化した微生物膜を溶存酸素電極に装着したセンサーを用いて、上記微生物がそれぞれアンモニア、鉄を酸化する際に消費される溶存酸素を検出し、検水における溶存酸素の変化をモニタリングすることで毒性物質の混入を判定を行なう水質検査システム(特許文献1)が提案、実用化されている。

太陽虫の細胞は球形またはそれに近い形であり、細胞は単独の場合が多いが,群体を形成する種もある。特徴的に細胞から多数の軸足を放射状に出し、軸足の先端は針状に細くなっており、ほとんど動きはない。細胞の大きさはさまざまで,400倍でも小さく見えるものから100倍でかなり大きく見えるものまである。浮遊生活をすることはあまりなく,水草の間や水底の泥の上などで底生生活をし、極めて普通に見られる生物である。太陽虫は,肉質鞭毛虫門有軸仮足虫上綱太陽虫綱に属する生物の総称であって、アメーバとはかなり見た目が異なるが,アメーバに近い,単細胞の生物である。針のような軸足を多数放射状に伸ばしおり,これで捕食や移動をする。しかし,たまに軸足を動かす以外はほとんど動きがない。種類が多く,細胞表面は厚い寒天質基質でおおわれているもの,多数の小鱗片でおおわれているもの,有機質の孔のあるからでおおわれているもの,砂粒をつけているもの,殻などでおおわれておらず,収縮胞が目立つものなどいろいろある。
大部分淡水産で,海にすんでいるものはごくわずかである。

【特許文献1】特公平7-85072号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、太陽虫の生物活性度を測定することにより、水中の汚染物質の存在を検知する水質検査装置および方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
検水を流通させて検出槽に導く給水工程と、前記検出槽中に汽水条件下において保持されるハリタイヨウチュウと前記検水を接触保持させる接触工程と、洗浄によるハリタイヨウチュウの遊離度を指標として検水中への汚染物質の混入を検知する検知工程とを有することを特徴とする水質検査方法。
【請求項2】
 
前記検出槽を15℃~25℃に保持する請求項1の水質検査方法。
【請求項3】
 
検出槽中に保持されるハリタイヨウチュウが、検査前30分以上前に検出槽に導入され底面への付着が安定している請求項1又は2に記載の水質検査方法。
【請求項4】
 
検水が、自然水、上水、下水、土壌の流水である請求項1~3の何れか一に記載の水質検査方法。
【請求項5】
 
汚染物質が、クロロホルム、ホルムアルデヒド、ジクロロメタン、ベンゼン、砒素イオン、水銀イオン、カドミウムイオン、鉛イオン、銅イオン、亜鉛イオンである請求項1~4何れか一に記載の水質検査方法。
Industrial division
  • (In Japanese)試験、検査
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

22629_01SUM.gif
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close