Top > Search of Japanese Patents > ALUMINA MICROPOROUS MEMBRANE AND ITS PRODUCTION METHOD

ALUMINA MICROPOROUS MEMBRANE AND ITS PRODUCTION METHOD commons

Patent code P08A014292
File No. NI0600075
Posted date Mar 13, 2009
Application number P2007-009762
Publication number P2008-174418A
Patent number P5245083
Date of filing Jan 19, 2007
Date of publication of application Jul 31, 2008
Date of registration Apr 19, 2013
Inventor
  • (In Japanese)村上 泰
  • (In Japanese)松本 太輝
  • (In Japanese)清水 航
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title ALUMINA MICROPOROUS MEMBRANE AND ITS PRODUCTION METHOD commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain an alumina microporous membrane in which fine pores having the diameter of ≤2 nm are dispersed uniformly.
SOLUTION: The alumina microporous membrane is produced by: a sol solution-preparing process for preparing a colloidal sol solution by blending an aluminum alkoxide, a reaction accelerator, two alcoholic solvents different from each other and water (step S101); a membrane formation process for forming a membrane by using the colloidal sol solution (step S102); and a heating process for heating the obtained membrane (step S104).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


アルミナ質多孔体は、その微細構造中に触媒を担持させることで触媒を広範囲に分散させることにより触媒能を高めることができると共に、触媒、金属との接着性の向上、熱的安定性、耐食性の面でも優れているため、触媒担体、ガス分離膜として期待され、一部実用化もされている。



ゾル-ゲル法は、微細構造制御された金属酸化物、有機無機ハイブリッド材料を製造する方法として古くから用いられてきている。特に、ゾル-ゲル法を利用すると、その製造条件によって孔の大きさ、細孔分布等の制御ができるので、多孔膜の製造方法として極めて有力な方法である。



ゾル-ゲル法を利用して製造したアルミナ質多孔膜については、例えば、アルミニウムイソプロポキシドを酢酸等の酸触媒の存在下にて加水分解して、重縮合を経てアルミナ質多孔膜を製造する方法が既に報告されている(例えば、特許文献1を参照。)。



【特許文献1】
特開平10-324580号公報(特許請求の範囲など)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、アルミナミクロ多孔膜およびその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
微細空孔全体の80体積%以上が直径2nm以下のミクロ孔であり、膜成分の1点式BET法により測定される比表面積が500m2/g以上であることを特徴とするアルミナミクロ多孔膜。

【請求項2】
 
アルミニウムアルコキシドと、ヒドロキシアセトンと、異なる2種類以上のアルコールを混合してなる溶媒と、水とを混合して、コロイドゾル溶液を作製するゾル溶液作製工程と、
上記コロイドゾル溶液を用いて膜を作製する成膜工程と、
上記成膜工程により得られた膜を加熱する加熱工程と、
を含むことを特徴とするアルミナミクロ多孔膜の製造方法。

【請求項3】
 
前記ゾル溶液作製工程は、
前記アルミニウムアルコキシドと前記異なる2種類以上のアルコールを混合してなる溶媒とを混合する第一の混合工程と、
前記ヒドロキシアセトンと、前記異なる2種類以上のアルコールを混合してなる溶媒と、水とを混合する第二の混合工程と、
上記第一の混合工程を経た混合溶液と、上記第二の混合工程を経た混合溶液とを混合する第三の混合工程と、
を含むことを特徴とする請求項2に記載のアルミナミクロ多孔膜の製造方法。

【請求項4】
 
前記異なる2種類以上のアルコールを混合してなる溶媒は、n-ブタノールとイソプロパノールを混合してなる溶媒であり、n-ブタノールに対するイソプロパノールの容積比が1より大きいことを特徴とする請求項2または請求項3に記載のアルミナミクロ多孔膜の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007009762thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close