Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR CULTURING PLANT BY USING ORGANIC FERTILIZER

METHOD FOR CULTURING PLANT BY USING ORGANIC FERTILIZER

Patent code P08A014317
File No. 2002-P11
Posted date Mar 27, 2009
Application number P2002-232651
Publication number P2004-065192A
Patent number P4049370
Date of filing Aug 9, 2002
Date of publication of application Mar 4, 2004
Date of registration Dec 7, 2007
Inventor
  • (In Japanese)中林 和重
Applicant
  • (In Japanese)学校法人明治大学
Title METHOD FOR CULTURING PLANT BY USING ORGANIC FERTILIZER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for culturing a plant with an organic fertilizer without using soil.
SOLUTION: The method for the culture of the plant comprises the contact of water with the organic fertilizer and a material for supplying inorganic components and the absorption of the water into the plant.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来の有機農法による作物栽培方法は、土壌に無機肥料(化学肥料)を使用せずに、有機肥料を施肥するものである。しかし、土壌中には害虫や病原菌が発生することが少なくなく、収穫量や品質に支障をきたすことがあった。



一方、土壌を用いない養液栽培法にあっては、病害虫の発生は極めて少ないが無機肥料だけを、あるいは、一部だけを有機肥料を用いるために、いわゆる有機栽培法による作物を得ることはできなかった。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、土壌を用いずに、有機肥料によって植物を栽培する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
土壌を用いずに有機肥料によって植物を栽培しうる固形培地であって、橄欖岩、サンゴ砂及びケイ砂からなる砂礫混合培地からなることを特徴とする植物栽培用固形培地。

【請求項2】
 
サンゴ砂、橄欖岩、ケイ砂の混合比が、サンゴ砂3に対し、橄欖岩が1~3、ケイ砂が1~9であることを特徴とする請求項1に記載の植物栽培用固形培地。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002232651thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close