Top > Search of Japanese Patents > PHOTOSYNTHESIS PROMOTING METHOD BY LOW-FREQUENCY STIMULATION

PHOTOSYNTHESIS PROMOTING METHOD BY LOW-FREQUENCY STIMULATION

Patent code P08A014356
File No. 2006-P24
Posted date Mar 27, 2009
Application number P2006-290866
Publication number P2007-050004A
Patent number P4505584
Date of filing Oct 26, 2006
Date of publication of application Mar 1, 2007
Date of registration May 14, 2010
Inventor
  • (In Japanese)中林 和重
Applicant
  • (In Japanese)学校法人明治大学
Title PHOTOSYNTHESIS PROMOTING METHOD BY LOW-FREQUENCY STIMULATION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a means to artificially enhance the photosynthesis activity of a plant body.
SOLUTION: A photosynthesis promoting method comprises giving plants low-frequency stimulation of frequency of ≤40 Hz. The stimulation is low-frequency light stimulation comprising flashing light with light intensity of 0.01-1,000 μmol/m2/s.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


光合成は作物の収量に直接影響をあたえる要因であり、光合成活性を増進させることができれば、生育を促進させ収量を高くしたり、品質を向上させたりすることができる。これまでに、点滅光を植物体に照射することにより、緑藻の光合成の初期反応(O2発生)が促進することが知られているが(ヴォート生化学(上);東京化学同人)、低周波の点滅光により、より光合成活性が増進されたということは認められていない。また、100Hzから500000Hz(10ms ~2μs)のパルス光によってサラダナを生育させた結果、2500Hz(400μs)で最も光合成速度が大きくなることが知られているが、これはすべて人工光だけで植物を育てている事例にとどまる他、本発明のいう低周波領域については報告されていない(農業環境工学関連4学会2002年合同大会(8月))。光以外に磁力や電気などの刺激についても同様に、光合成活性の増進による生育の促進や品質の向上は認められていない。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、植物に低周波刺激を付与し、植物の光合成を促進する方法に関する。この方法を利用すれば、栄養素の欠乏や過剰により光合成能が低下した植物の光合成能を回復させることができる。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
植物に対し、周波数が40Hz以下の低周波刺激を付与する方法であって、その刺激が光強度が0.01~500μmol/m2/sの点滅する赤色光及び/又は黄色光からなる低周波光刺激であることを特徴とする光合成促進方法。

【請求項2】
 
植物が、野外の温室内に設置した水耕栽培ベッドに定植された植物であることを特徴とする請求項1記載の光合成促進方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

22894_01SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail o if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close