Top > Search of Japanese Patents > SENSE OF PIERCING TACTILE SENSATION PRESENTATION DEVICE

SENSE OF PIERCING TACTILE SENSATION PRESENTATION DEVICE commons meetings

Patent code P09P005924
File No. K077P12
Posted date Apr 3, 2009
Application number P2007-239750
Publication number P2009-070263A
Patent number P4739302
Date of filing Sep 14, 2007
Date of publication of application Apr 2, 2009
Date of registration May 13, 2011
Inventor
  • (In Japanese)渡邊 淳司
Applicant
  • (In Japanese)独立行政法人科学技術振興機構
Title SENSE OF PIERCING TACTILE SENSATION PRESENTATION DEVICE commons meetings
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a sense of piercing tactile sensation presentation device for enabling an apparent motion which pierces the inside of a human body of a subject to be perceived.

SOLUTION: A first oscillator is mounted on the abdominal part of a subject and a second oscillator is mounted on the back part of the subject. A drive signal generator 3 generates first and second drive signals S1 and S2. The first and second drive signals S1 and S2 drive first and second oscillators 1 and 2 with a time difference. First oscillation duration D1 of the first oscillator partially overlaps second oscillation duration D2 of the second oscillator 2. After the first oscillation duration D1 is over, the second oscillation duration D2 is over.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


二点の触覚刺激を、時間差をもって提示した場合に適切な時間差の範囲では二点のあいだに、仮現運動を知覚することができることが、非特許文献1及び2に記載されている。

【非特許文献1】Ungyeon Yang,Yongseok Jang及びGerard J.Kimが発表した「Designing a Vibro-Tactile Wear for “Close Range”Interaction for VR-based Motion Training」2002年12月4日~6日に東京で開催されたICAT2002で配布された論文

【非特許文献2】Masataka Niwa,Yasuyuki Yanagida,Haruo Noma,Kenichi Hosaka,及びYuichiro Kumeが発表した「Vibrotactile Apparent Movement by DC Motors and Voice-coil Tactors」2004年のICAT2004で配布された論文

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、貫通触感覚を体験できる貫通触感覚提示装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被験者の人体の一部を間に挟んで対向するように前記人体に装着されて、前記人体に振動を伝達する第1及び第2の振動子と、
前記第1及び第2の振動子を個別に駆動するための第1及び第2の駆動信号を発生する駆動信号発生装置と、
音響発生装置とを備え、
前記駆動信号発生装置は、前記第1及び第2の振動子を、時間差を持って駆動し且つ時間的な順番で前に駆動される前記第1の振動子の第1の振動持続期間と後に駆動される前記第2の振動子の第2の振動持続期間とが一部重なり、前記第1の振動持続期間が終了した後に前記第2の振動持続期間が終了するように前記第1及び第2の駆動信号を発生するように構成され、
前記音響発生装置によって出力される音響の発生タイミングと前記第1の駆動信号の発生タイミングとが同期していることを特徴とする貫通触感覚提示装置。

【請求項2】
 
画像表示装置を更に備え、前記画像表示装置に表示される仮想物の画像の表示タイミングと前記第1の駆動信号の発生タイミングとが同期している請求項1に記載の貫通触感覚提示装置。

【請求項3】
 
前記第1及び第2の振動持続期間が、100~300msである請求項1または2に記載の貫通触感覚提示装置。

【請求項4】
 
前記時間差が50ms以上で、前記第1の振動持続期間と前記第2の振動持続期間とが重なっている期間が150ms以下である請求項1または2の記載の貫通触感覚提示装置。

【請求項5】
 
前記駆動信号発生装置は、前記第1の振動子の振動の最大振幅が前記第2の振動子の振動の最大振幅よりも大きくなるような前記第1及び第2の駆動信号を出力する請求項1または2に記載の貫通触感覚提示装置。

【請求項6】
 
前記駆動信号発生装置は、前記第1の振動子の振動の振幅が徐々に減衰し、前記第2の振動子の振動の振幅も徐々に減衰するような前記第1及び第2の駆動信号を出力する請求項1または2に記載の貫通触感覚提示装置。

【請求項7】
 
前記音響発生装置は、前記第1及び第2の振動子を装着する前記被験者に装着されて、前記被験者の聴覚により前記音響を認識できるように構成されている請求項1または2に記載の貫通触感覚提示装置。
Industrial division
  • Input/output device
  • Athletics, amusement
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007239750thum.jpg
State of application right Right is in force
Reference ( R and D project ) PRESTO Foundation of technology supporting the creation of digital media contents AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close